高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/30 ”高知 patagonia パタゴニア 正規代理店 バンザイ・ライフスタイル”ソンタクシャツ&センシサンダル入荷です。 セールウェット追加です。夏丸釣行

2015-04-30
未分類
1400x875_fishermans_son_no_text_convert_20150414175107.jpg
HOME-jp_cotton-poly-down_convert_20150403123401.jpg
HOME-jp_fairtrade-hemp-bluesign_convert_20150403123424.jpg

patagonia正規代理店 ”banzailifestyle” バンザイライフスタイル

103124.png

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  秋冬無休   年内無休


2013年末、波が良かったときの自身のチューブライディングです。。。

もう一昨年前になるのでしょうか?その年に僕が乗った波の中でもベストに近い波でファーストセクションから1度厚いリップのチューブをメイクした後、次のセクションも巻いて来たのでプルイン~メイク出来たのチューブ波の動画です。

当店は、このような波を乗るべく、クラシックなポイントで日々サーフィンしながら、ジムでのトレーニング織り交ぜライフワークとしてサーフィンを楽しんでいます。。

また猛暑・極寒でのオフショアでのスロージギングなども通して、その過程でしっかりとpatagonia製品を使い込み

高知というフィールドで本格的に使えるものが、末永く多用途にご愛用いただける製品をご提案させて頂いております。

・・・・・・・クレジットカード各社ご利用可能です・・・・・・・

現金&クレジットカードどちらのお支払いでも同様にポイントカード発行しております。

ポイントカードの渡し忘れなどございましたらお気軽にお声掛けくださいませ。。。。

駐車場は店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台ご用意がございます。

103121.jpg
駐車場は店舗前~東隣り駐車場(103番)とも通常より広々としており

女性や高齢のお客様でも駐車しやすいスペースとなっております。

11018.jpg
また店舗の向かいには広い札場西公園がありますのでご両親はお買い物、お子様は公園で遊具遊びができます。。

11016.jpg
11017.jpg
滑り台をはじめ沢山の遊具でお子様が安全に遊べる公園で毎日近隣のお子様達で賑っています。


・・・・・・・TOPICS・・・・・・・

4/27  patagonia セールウェット追加です。

1430107329104.jpg

patagoniaのR1ウェットスーツのセール分追加です。

シーガル  ¥39960x20%OFF⇒\31968  ジャーフル  \49680x20%OFF⇒\39744 USサイズのSとM

僕が昨日R1のジャーフルを使いましたが丁度か少し足りていない程度でジャーフルでこれからです。

ALL2mmなので国内メーカーの3mmや3.5mmより暖かい水温向きです。

patagoniaのカタログには16℃前後の水温に適しているとありますが基礎体温が37度以上ある欧米人の埴土となっています。お気をつけ下さい。

僕はジャーフルでタッパー&ボードショーツになるまで十分着れています。特に梅雨~初夏に流れがあるHOMEでは使えるウェットスーツです。

4/25  SENSIサンダル&ソンタクシャツ入荷です。

1429931094827.jpg
<ソンタク>よりS/S ブロックチェックシャツ¥8532が入荷してまいりました。

1429931087909.jpg
1429931082251.jpg

XS~Lサイズの入荷となっておりXSは女性対応サイズとなっております。

素材や作りの割りに安価な定価設定のため当店でも特に足の速いアイテムとなっております。

気になる方はお早めに!

img57190051.jpg
本国イタリアの教科書に載っている写真です。

オリンピックに於けるナショナルチームへのオフィシャル採用され、またプレミアムブランドのOEM、軍御用達シャワーサンダルなど様々な人達に長く愛されているサンダルです。

1504262.jpg

足の解剖学的な研究を重ねて開発されただけでなく、『履いたとき、もっと快適に』というモノとしての原点を大切にしているサンダルです。

1504261.jpg

メンズは5色3サイズ、レディースは8色1サイズ展開となっております。

4/24    FOB FACTORY  ショートパンツ入荷です。

f4153-3.jpg
imgrc0062424776.jpg
imgrc0062424775.jpg
FOB FACTORYよりショートパンツが入荷しております。  ¥7452(税込み)

少しお求め易いラインですがキャッツアイボタンなど使用しておりFOBらしく少々手が込んでおります。

4/6  ENTRY SG  Teeシャツの入荷です。

ABOUT ENTRY SG.

1428289483693.jpg
5分袖の中心品番であるレメディー


伝統的なアメリカンスウェットシャツやTシャツに
愛着を持つ人なら誰でも、そのすばらしさを知っています。

古き良き時代のスウェットシャツ、Tシャツは、シンプルながらも堂々としたその姿から、独特の輝きを放っていました。

その種類の服が大好きだった私たちは、それらの服からデザイン、色、頑丈な縫製など多くを学び、また、たくさんの夢をもらいました。

1428289502167.jpg
Uネックの半袖ハロ

そしていつからか私たちは、歴史を築いてきたアメリカンウェアーに敬意を払いつつも、
この現代日本でそれに勝る製品を作ることが出来たなら、どんなにすばらしいだろうという思いを持つようになりました。

この思いがENTRY SG の誕生のきっかけでした。製品づくりにあたっては最高のデイリーウェアのポイントを

シンプルに考え直した結果、着やすいこと、丈夫であること、シルエットが美しいことに絞り込み、

同時にアメリカンウェアーの原点を知り、そこに戻らずに進化させることに決めました。

1428289490007.jpg
その他ホケTのティファナ、VネックTEEも入荷しております。

世界が緊張を強める時代にあって私たちの製品づくりは緊張をほぐす方向を目指し、
現在、弊社の28年以上の経験のすべてがENTRY SG に注がれています。

製品にENTRY SG のネームラベルを付けるまでには、様々な問題を乗り越えなくてはなりませんが、

流行に流されず、より綿密に丹念にデザインされ、きちんとしたオリジナリティをもつハイクオリティーの製品を生み出すことを、私たちENTRY SG は目指しています。

そしてお客様にENTRY SG の着心地を楽しんでいただくことが出来れば、それはこのうえない私たちの喜びとなり、

また、これからの製品づくりの原動力となるでしょう。

1428289464881.jpg
また今シーズンもフララコ展開しております。デパートなどで販売されているJAPANラコとの違いをお楽しみいただけます。

1428289477518.jpg

パタゴニアの速乾ドライTeeも店頭にて沢山ご覧いただくことが出来ます。

1428289471714.jpg

メンズはかなり見ごたえのある展開となっております。

レディースも多くの製品を展開したい願望はありますがレディースブランドに

当店のセレクトの根本である生産コスト、原価率の高い製品をつくるメーカー少ないので今のところ

パタゴニアのみとなっております。ただENTRY SGのSサイズは女性が十分着て頂けるサイズでございます。


3/24   ISLAMD SLIPPER 入荷です。

logo.png
1946 年の創業以来ハワイオアフ島で生産されている<アイランド・スリッパ>
その歴史は、ハワイへ移住した日本人、本永瀧蔵(モトナガ・タキゾウ)がサンダルの原型を作り、息子のエドワード・モトナガ氏によって工場化され発展してきたサンダル会社です。

1986 年にはモトナガ氏から、ジョン・カーペンター氏(現社長)に引き継がれ、「アイラド・スリッパ」のブランドは世界的サンダルメーカーとして大きく成長しました。
創業当時からの「デザインから製造まですべてハワイで行うリゾートサンダルメーカー」という理念は現在も変ることなく、製品はすべて「メイド イン ハワイ」。

athumb.jpg
ハワイの伝統的なプリント生地やアメリカ本土の厳選された革素材をつかって、パールシティーの自社工場で<アイランド・スリッパ>がつくられています。工場には精密機械というのはほとんどなく、熟練した職人によって一足一足手で作り上げられた製品は、職人とそれを見守る社長のジョン&デイジー夫妻の愛情に満ちています。

そんな愛情と手作りの温かさが込められた<アイランド・スリッパ>は単に海で履くビーチサンダルとは大きく趣を異にします。
<アイランド・スリッパ>に足を入れるだけで、いつものアスファルトの道は草原になり、慌しい時間はゆったりとした流れに変わり、心の底からリラックスした気分が生まれてきます。
「履き心地がいい」という言葉とはこういうことを言うのだなと自然に思うはずです。

世界中の Happy ISLAND SLIPPER Family のために、「変わらない最高の品質」をいつまでも作り続けています。

1427167369121.jpg
1427167361962.jpg
1427167377281.jpg

当店、展開はレザーのベーシックな4色と迷彩1色の5色展開となります。

サイズは7inc~10incの展開となっており7inc&8incはユニセックスとなっております。

¥13800+tax、、、ちょっと値段はしますが丈夫で長持ちします。

特に鼻緒の部分が丈夫で抜けてしまうことがありません。

細身のパンツのロールアップやショートパンツとのコーディネートにお使いください。

インポート物なので各1足づつの入荷が売れるとフォローできません。。早いの勝ち!です。


4/30    夏丸釣行


1430367502221.jpg
1430367533245.jpg
昨日は半年チョイぶりのジギング釣行でした。

船はいつもお世話になっている愛南町柏の”夏丸”さんU都宮船長です。

ちょっと場所的に遠いので2時にY本くんと待ち合わせで2時半にT島さんと合流です。

春野の黒犬ことTヤンくんとは現地集合で初顔合わせのMくんと一緒だそうです。

1430367523533.jpg
僕の愛用しているリールケース(笑 ジグは別のドカットとクローゼットにストックがあります(爆

しかし僕一人半年振りの浦島太郎状態で

沢山用意しているアシストフックは去年の10月に作ったもので

リーダーもそのときに結んだものなので

フックの種類がシワリなのかホールドなのかサイズが2~5まであってどれなのか?しっかり確認しないと間違いそう。。。

リーダーも7号8号10号13号とあるので

結ばれているのが分かりません。。。が取りあえずオッケーです(笑

また画像はスマホを潮と魚臭い手で触るのが嫌だったので帰りの画像のみとなりました。

やっぱりカメラ要りますね。

1430367508996.jpg

もう慣れ親しんだ風景ですね。

まずは5時過ぎに皆と集合して船長に挨拶していざ出船です。

まずはアカムツ・クロムツその他の五目釣りです。

狙いは赤ですが、、、、、、、

300mアップ、上記のアナウンスが船酔いと爆風で聞こえていなかった僕は

この海域ナニが出るか分からない!と

大きなフックとそれに釣りあうジグを選び投入してチラチラ周りを見ていると

リールが小さいではないですが?Tヤン君が「アカムツで」と教えてくれましたが時既に遅し

300m以上出ているので回収がめんどくさくその流しはそれですることに

Tヤン君T島さんは朝の地合で上手く中りを拾っていきます。

流石です!

その他、3名は苦戦気味、、、僕はたしかレクター?Y本くんはオーボでどちらもフォール重視のジグですね。

レクターはオーボほどフォールに特化してないですがそれをフォール重視に使かっていました。

そこで次の流しで僕はタックル組みなおし1500番に1号を入れたリールを取り出しアカムツ用のセッティングです。

Tヤンくんはその時間にも調子よく中りを拾っていきます。

本命のお顔をみることは出来ませんが黒いむつは良い感じに上がってきます。

でやっとタックルを組みなおしてジグ投入ですが2枚3枚潮で上手くフォールしません、、、、、

半年振りでなければ、さっきの間違えたタックルの時点で気付いていましたが

またレクター結んでいます(汗

その時は、まったくもってやり難い釣れないとしか思えませんでしたね。

それでも僕以外、皆ポツポツと中りを拾いながらしばらくソコやっていましたが中りが遠のいたので少し移動

ここでY本くんがSPYナローで良い感じに魚を掛け始めたので、、、、、、はっ!と思いやっと気付きました。。

そこで僕はセミロングではなくロングジグのメサイヤ投入です。

壁の向こう側というか?バックドアですね。

*バックドア=裏口の意でHAWAIの超危険なレフトに割れる波がうねりの方向が変わればライトの波に変わるポイント名にも使われています。サーファーで知らない人が居ないポイント名でもあります。

ハイピッチ青物用のロングジグも、ある一定の条件を満たせば別の使い方ができます。

止めるだけなんですが、、、、、その先にもうう一つあります。

どうやら条件が整っていそうなのでメサイヤのバックドア開けてみました(笑

それでようやくクロムツがつれて一安心です。

僕がやっと1尾目のクロムツを釣ったときにT島さんやTヤン君は4~5匹ほど釣っていましたが、、、、、

T島さんは更に昨日の船中最大のクロムツゲットで羨ましい限りです。

それでも何となく感覚が戻ってきたので今度はガーキーですね。。

400gオーバーがそのレクターと二つしかないと思い込んでいたようです。今朝リール用のタックルケースの中見るとファイブやらロケットやらフレックにFBの500g入っていました(汗

まぁガーキーでも黒い顔を見れてその辺りでムツ漁終了でチョーカのみとなってしまいました。

そこで大移動して青物~底物拾い釣りです。

100m前後なのでやっとロッドが素直に返り出し

そのときに昨日のハイライトです!

Tヤン君に良い当たり!オシアジガーのドラグはエキサイティングな音が出るのでラインが出されているのが分かります!

海底に根がかって船が風や潮で流されてラインが出ることもよくあるので

僕が「魚かえ?」と聞くと

Tヤンくん「魚ちや!」マジです。ちょっと怒られました(汗

船長もTヤンくんの神妙ななりとり「みんなジグ回収して」という方向で大きなネット構えてくれています。

5分ほどやりとりして上がってきたのは何と1mを越す大物!の

クロタチ⇒海の守り神⇒超外道でした(笑

Tヤンくんらしいと皆で大笑いですね。ちゃんとオチ付けてくれました。

その後Mくんが中りだしイズカサゴやらエビスダイ釣ってT島さんに良い中りあったけど無念のブレイクで撤収となりました。

久しぶりのオフショアジギングは船への身体の耐性も落ちており

エンジンの振動やら波も高かったコトから揺れやらでかなりお疲れモードでした。

またロッドやラインから伝わってくるジグの動きがまったく分からなくなっていたので今度はもうちょっと釣りやすい状況でやりたいものですね。

帰りには釣り時の何時もの窪川満州軒で「じゃん麺」でした。

1430367541017.jpg


というわけで帰ってからの片付けは今朝になりました。



実は上記のことは想定済みで、久しぶりの釣りは大きな魚を釣ることより美味しく持ち帰ろうと色々工夫をしての釣行となっていました。

ネットで「魚 熟成 持ち帰り」などで検索して色々な文章を読んでみました。

潮氷はいいけど真水氷は×⇒ペーハーが違うため体表に近い部分から塩分が抜け出てしまうそうです。

なので海水の濃度が良いそうです。そうなる夏場の水氷の濃度管理は大変で美味しくないはずです。

また直接氷をあてると身焼けするらしい。なおdなど

色々読み漁りましたが下記の方の説明が一番秀逸だったかな?と採用です(笑

魚の乗りかえり方 熟成1

ATPなる物質が旨味成分のイノシン酸に変わることを熟成と呼ぶのだそうです。

それが死後硬直後から効率的に始まるそう?だった思います。

ただ死後硬直は冷却硬直ではないということだそうです。

なので前記した氷水だとクーラーの中が0℃付近になるので水氷にしたクーラーからだした魚が硬直しているのは

死後硬直ではなく冷却硬直だということになります。と水氷だと前記した濃度管理が難しいはずですね。

ということでこれ買ってきました。

img20080627173733331.jpg

キッチン用のすのこ  

これを魚の上下にいれて直接氷に触れささない感じです。

1430367560521.jpg

上の氷は直接乗せると溶ける際に魚に掛かるのでナイロン袋に入れてみました。

1430367570102.jpg
1430367578963.jpg

何時もより魚の色が良いのが分かります?水氷にしていたので体表付近の塩分が溶け出ていたのが要因ではないかと思っています。

また氷とすのこを取ると魚が出てきます。

また魚の下にもすのこを引いてその下にも氷があります。

まだクーラーの中の温度を測ってはいないのですが5℃前後かと思います。

この状態で一晩寝かせてまな板におくと何時ものようにガチガチではなく

良い感じにぷっくりしつつ死後硬直しているらしく尾っぽはまな板につきません。

ベストは昨晩捌いておいたほうが良かったのですがフラフラで無理でした。

1430367585166.jpg
1430367594923.jpg

さっそくクロムツ2尾を炙りようにY本くんに頂いたチョーカ大は湯引き用に下ろして残りは煮付けですね。

捌いた感じも何時もより冷たい割りにプニプニで美味しそうな感じがしました。

煮付けも背びれを取ったのと調理ハサミで切り取ったものを用意して食べ易さの食べ比べとなっています。

さてさて今晩が楽しみです!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です。
すみません。急な体調不良でドタキャン。。。
本当は行きたかったのですが。。。
相変わらず魚の居る海で羨ましいです!!!
今年、どこかで行きたいなぁと思いますので、また宜しくです!!!

Re: No title


静岡TKくん  その後、体調の方はいかがでしょうか?余り無理をせず仕事に釣りにやってきましょう。釣果はご覧の通りなので今回は正解だったんではないでしょうか?秋のSWやお盆にこれるようならモジャコ漁も終っていることからパラダイスいけると思うのでそちらで調整の方お願いいたします。ではではお大事に!

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。