高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/6  パタゴニア2014 SALE開催中です。。【1月無休】 ”高知 patagonia パタゴニア”  ”barbour バブアー”正規代理店 ” ”バンザイライフスタイル” patagonia” ライフワークとトレーニング

2015-02-06
未分類
1501241.jpg

sale開催中です。

patagonia製品は、このタイミングでご購入いただいても、キャッチーな旬を取り入れた製品と異なり5年、10年と使っていただけます。

またこういう時にコスト削減を名目に搾取的な労働環境で生産された衣料品ではなく

環境と労働に配慮された衣料品をご購入さるのも良いのでは?とも思います。

また当店は買い取り製品のみで運営されているので割引率は30%OFF止まりとなっております。

ご了承くださいませ


patagonia正規代理店 ”banzailifestyle” バンザイライフスタイル

103124.png

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  秋冬無休   年内無休


2013年末、波が良かったときの自身のチューブライディングです。。。

もう一昨年前になるのでしょうか?その年に僕が乗った波の中でもベストに近い波でファーストセクションから1度厚いリップのチューブをメイクした後、次のセクションも巻いて来たのでプルイン~メイク出来たのチューブ波の動画です。

当店は、このような波を乗るべく、クラシックなポイントで日々サーフィンしながら、ジムでのトレーニング織り交ぜライフワークとしてサーフィンを楽しんでいます。。

また猛暑・極寒でのオフショアでのスロージギングなども通して、その過程でしっかりとpatagonia製品を使い込み

高知というフィールドで本格的に使えるものが、末永く多用途にご愛用いただける製品をご提案させて頂いております。

・・・・・・・クレジットカード各社ご利用可能です・・・・・・・

現金&クレジットカードどちらのお支払いでも同様にポイントカード発行しております。

ポイントカードの渡し忘れなどございましたらお気軽にお声掛けくださいませ。。。。

駐車場は店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台ご用意がございます。

103121.jpg
駐車場は店舗前~東隣り駐車場(103番)とも通常より広々としており

女性や高齢のお客様でも駐車しやすいスペースとなっております。

11018.jpg
また店舗の向かいには広い札場西公園がありますのでご両親はお買い物、お子様は公園で遊具遊びができます。。

11016.jpg
11017.jpg
滑り台をはじめ沢山の遊具でお子様が安全に遊べる公園で毎日近隣のお子様達で賑っています。


・・・・・・・TOPICS・・・・・・・

2/3 新製品入荷情報

1502039.jpg
Patagonia Men's Baggies Jacket   ¥17,280(税込)

シェルドシンチラの裏地なしバージョンです。

1502039.jpg
Light & Variable Hoody    ¥16,200(税込)

昨年、大好評だったバリアブルjktです。やはり迷彩カラーでしょうか?

15020311.jpg
Storm Racer Jacket    ¥30,240(税込)

テクニカルな商材からはストームレーサーjktが要注目です。2.8レイヤーという新構造を採用しております。


1/26    FOB FACTORY スプリングCOAT入荷です。

1501263.jpg
¥21,000(+税)

ジンバブエ産の超長綿を使用した6.5ozのデニムは、しなやかな仕上がりの上質なデニムです。

DEAD STOCKのデニムをイメージしたインディゴ染色が絶妙のトーンのブルーに仕立てられています。

1501264.jpg
シャープなシルエットながら、2本爪の釦や黒ラッカーのワークリベットなどHEAVY DUTYなディテールも魅力的。

1501261.jpg
¥21,000(+税)

染めから研究し復刻したMIL SPECのC/Nウェザーを用いたワークコートです。

1501262.jpg
薄地ながら毛羽立ちも少なく、非常に丈夫な素材の上軽く、着心地も上々。腕の可動域を広げる為に考案したAHが特徴的です。

タフな素材とディテールながら、シャープなシルエットが魅力的な一着。

1/25  FOB FACTORY  OXワークシャツ入荷です。

products_img04.jpg
products_img03.jpg
オックスフォードでもロイヤルオックスという極めてしなやかな高級素材を使用したワークシャツです。

オックスフォードといえば、ボタンダウンが定番ですが、F.O.Bではこの素材をワークシャツに落とし込み、オリジナルのワークシャツの完成です。トラッドとも違う、単純なワークとも違う、ヴィンテージ縫製はしていますが、ヴィンテージでもない。

products_img05.jpg
全てにおいて、きっと違いを解っていただけると思います。さらに出荷時には、天日干しをし、シワ加工を施しておりますので、Tシャツの上に洗いざらしで羽織っていただければ、新たなコーディネイトが完成するでしょう。


1/24  プレセール開催です。

1501243.jpg
メンズコーナー

1501242.jpg
レディスコーナー

1501244.jpg
バッグ&小物コーナー

30%OFFとなっております。

1/17   希少!キャプリーン③M/L少量入荷です。

1/16  patagonia トレントシェル新モデル入荷です。

1501162.jpg
トレントシェル  JAPANスペシャルの入荷です

1501163.jpg
何とタグ付きに戻りました。

1501161.jpg
レディースも入荷しております。もちろんレディースもタグ付きです。

かなりのセールスが予想されます。。。お早めに来店頂けたらと思います。

1/15  patagonia 新色バックパック入荷です。

1501151.jpg
完売しておりましたアトムスリングの新色が入荷しております。

1501212.jpg

1501152.jpg
新製品のアーバーダッフル他、大人気のアーバーパック~アイアンウッドパック~トロミオパックも新色入荷です。

その他、ブラックホールダッフル~レフィジオパックも入荷しております。

1/10 私物の1997年購入のBarbour ムーアランドジャケットがお出迎えするBarbour&Gloverallコーナーです。

1501101.jpg
これはブラウン系のお色を使い込んだものではなくセージグリーン(深緑)を着込むとこのようなお色に経年変化していきます。

1501105.jpg
1501104.jpg
Barbourのジャケットは成人男性がとった年とともに育ててゆくジャケットです。

1501106.jpg
1501102.jpg
専用のオイルでリプルーフすれば末永く購入当時と変わらぬ感じで着ていくことも可能ですが経年変化を楽しむことをお勧めいたします。

1501103.jpg

店頭分はセールスが進み各色各サイズ揃ってはございませんが輸入もとのスープリームに在庫があるようならお取り寄せが可能となっております。

1/9  FOB FACTORY 入荷情報

1501091.jpg

F.O.B FACTORY (エフオービーファクトリー) は MADE IN JAPAN に誇りを持ち、生地、縫製、加工とほとんどの工程をデニム加工においては世界一と賞賛されている岡山県で行っている信頼のジャパンブランドです。

デニムではオーガニックコットンを使用したり、軍物の雰囲気を出す為、昔の染め方をかたくなに守ったりと、徹底的にこだわりを貫いています。

またアメリカ製の古いミシンを持ち込んでの縫製と、更に改造を加えながら、常に研究・開発を、熟練した職人との話し合いにより行っています。

大量生産品とは違う、味わいのある商品こそが、F.O.B FACTORYの商品の魅力その物と言えます。世界に誇る、MADE IN JAPAN 【FOB FACTORY】を是非あなたのワードローブに加えてみてください。

1501092.jpg
1501093.jpg
FOB FACTORYの渾身のセミドレスシャツが入荷してまいりました。  ¥14,800(+税)

アメリカンコットンを使用し、40番の細い経糸で高密度に織られたロイヤルオックスを使用したB.D SHIRTです。

クラシカルな数々のディテールにも注目ですが、パターンの研究に時間をかけて生みだされた抜群のシルエットにも注目、またボタン一つ取っても職人が一つ一つ丁寧につけています。

アイデンティティ溢れる小さめの襟が特徴的な、完成度の高い一枚です。

1401096.jpg
1401097.jpg
こちらは定番のワークシャツ  ¥11,000(+税)

セルヴィッチシャンブレーを使用したワークシャツです。左胸には山型のポケット、右胸にペン指し付きの長方形のポケットが付き、それぞれカン止めにはグリーンのステッチを使用しました。

三本針による縫製と、すその両脇にはセルヴィッチのマチを付けて、F.O.Bならではの解釈でオールドワークウエアの雰囲気を表現しています。デニムやチノパンに合わせてアメカジ風にも、キレイ目なトラウザーに合わせてヨーロッパ風にもコーディネイトできる、着こなしの幅の広いワークシャツです。


2/6     ライフワークとトレーニング




1502061.gif

抜けた低圧部が本州に近すぎるのと季節風にブロックされてバックスウェルはどこも小さい模様でしたね。

1502062.gif
gsm_wa_w_34_21Z06FEB2015.png

明日には季節風が弱まるのと低圧部が発達しながら本州から遠ざかるので北東うねりに敏感なところでは少しあがってくると思います。


ナウファス要チェックですね。


また今朝はトレーニングでした。ストレッチ~腕立て30回x3セットの後、少し走って筋トレしてスイムです。


6時ぐらいに目が覚めて例のフットボールネーションを読み直して


ランニングの姿勢から再考!ということでジムで見よう見真似の長距離選手みたいになっていた走り方を


中短距離選手のような走り方に変えてみました。


サーフィンのトレーニングとしてはこっちの走り方のほうがインナーマッスルに効きそうと思ったからですが、、、


しばらくやってみます。


またスイムも昨日佐藤氏と話をしていて気づいたことがあったので


こちらも負荷かけずにスタイル重視で、、、、、、


今までクロールやパドルは後ろ半分を掻くのをイメージして泳いだりしていましたが


逆に後ろを意識せず、手を伸ばして水に入れて伸びきるところをベストな位置にすることに集中して泳いで見ました。


そうすると目からうろこです。後ろ意識しなくても伸ばしきったところを意識すると毎回綺麗に後ろ半分掻けます。


一昨日、50mのタイムを計ったんですが25mプールでクリックターンせずに50秒


これが遅いのか普通なのか、ググッて見ると成人男子一般は50秒が普通ということでした


ちなみに成人男子の競技者のタイムは30秒以内ということで、、、、う~ん!なんだかな?と。。。。


で、今日フォーム意識して泳いだ後50mのタイムを計ってみました。。実はそれなりに手ごたえあったからです。


なんといきなりの45秒、50mプールではないので折り返しの始め、自分でさっき乱した水流が邪魔で進みにくいことと


クリックターンをしていないことを踏まえると40秒そこそこのタイムでは?と思います。


なので軽く泳いだつもりでも筋肉にはしっかり負荷が掛かっており結構な筋肉痛になりそうです。


またそれだけ一回で水を多く掻けているということなのでこれが一人前になるとグッとパドルが早くなりそうです。


またなんでこんなに努力するのかとよく聞かれますが


サーフィンを趣味ではなくライフワークと捉えたときにHOMEの波と共に過ごすためには


最低限、もう少しパドルやドルフィン力が必要と考えるからです。


サーフィンを始めたばかりの頃は皆サーフィンが大好きになります。


その後、年齢や家庭環境にもよりますがサーフィンが好きなのではなくサーフィンするのが好きになると思います。


自分がサーフィンをしているのが好きとサーフィンが好き変わらないようですが


サーフィンがすきは始めた当初の情熱を持ち続けている感じがします。


昔はVIDEOやDVDみて研究してネットで最新のムーブを拾い集め


好きでやっていることが努力になります。なっていました。


しかし年とともに多少の伸び悩みと飽きや結婚・子育てなどなどが影響していつの間にかサーフィンをすることがすきなっている気がします。


好きでやっていることが努力になる⇒得られるゲインはかなり大きいと思います。


ただ子育てや仕事のたまの息抜きのサーフィンや趣味としてまじめに向かい合う他のスポーツや釣りでも構いませんが


その先にある「ライフワークとしてサーフィンや趣味を捉える!」という生き方もありではないかと最近つくづく思うようになりました。


まぁサーフショップでもあるわけなので当たり前といっちゃ当たり前なんですが


サーフショップがサーフィンをライフワークしたい人が増えるようにするのは当たり前ですね(笑


Taki Teamやその他の仕事前の朝一メンバーやそれなり犠牲を払って日中にHOMEの波に恋焦がれているメンバーなどなど


HOMEにも「ワイフワークとしてサーフィンを選んだ」方々が大勢います。


30歳から15年、HOMEの波と向かい合ってきて、やっとそれが言葉になり答えになったと思います。


ライフワークとしてサーフィンを捉える。。。。これ実はK茂くんの受け売りなんですね。


単なる趣味でなかった、、、、、、、もうちょっとそれ早く気づけばもうちょっと今とは違ったサーファーになっていただろうことが多少悔やまれますが、、、、、


ただ趣味よりライフワークのほうが偉い、凄いとは思ってはないですよ。


人それぞれではあるし、まず仕事をして納税して社会貢献するのが日本人に生まれた義務と権利なので


まそれをクリアした先に趣味というものがあるので趣味でもワイフワークでもそれは自由です。


ただ僕はサーフィンをライフワークとすること選んだだけのことです。


さて明日はサーフィンできるでしょうか?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。