高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/2 年内無休! ”高知 patagonia パタゴニア”  ”barbour バブアー”正規代理店 ” ”バンザイライフスタイル” patagonia” NosuRFです。

2014-12-02
未分類
1400x875_Masurel_l_0003_convert_20141130111929.jpg
1105X622_M-New.jpg
1105X622_M-Fleece.jpg
1409121.jpg
patagonia正規代理店 ”banzailifestyle” バンザイライフスタイル

103124.png

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  秋冬無休   年内無休




昨年末波が良かったときの自身のチューブライドです。。。


テイクオフから1度チューブをメイクして2回ほどターンした後のインサイドのチューブ波です。


このように当店はクラッシックなポイントでサーフィン本気で楽しみ


極寒・猛暑で1日中ロッドを降り続ける船上でのスロージギングなどを通して


その過程でしっかりとpatagonia製品を使い込み


高知で使いやすく末永くご愛用いただける製品をセレクトしております。


サーフィンや釣りを通してバックボーンのあるコーディネートやライスタイルにあった洋服を提案しております。


<クレジットカード各社ご利用可能です>

現金&クレジットカードどちらのお支払いでも同様にポイントカード発行しております。


ポイントカードの渡し忘れなどございましたらお気軽にお声掛けくださいませ。。。。


駐車場は店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台ご用意がございます。

103121.jpg

店舗前~東隣り駐車場(103番)とも


通常より広々としており


女性のお客様でも駐車しやすいスペースとなっております。

11018.jpg

また店舗の向かいには広い札場西公園があります。


11016.jpg

ご両親はお買い物、お子様は公園で遊具遊びができます。。

11017.jpg

滑り台をはじめ沢山の遊具でお子様が安全に遊べる公園です。


毎日近隣のお子様達で賑っています。

    TOPICS

11/23   スクーカムスタジャン入荷です。

sko-06-d2.jpg

スタジアムジャンパーの代名詞  スクーカムのスタジアムジャンパーが入荷してまいりました。

SKOOKUMは1939年に設立されて以来、上質なニットやジャケットを手掛けてきた歴史ある老舗メーカー、CENTRALIA KNITTING MILLS社のブランド。SKOOKUM(スクーカム)ブランドの始まりは、地元オレゴン州の大学を中心にスタジアムジャンバー(スタジャン)の生産を始めたことから。また、「SKOOKUM」とはインディアンの言葉で「最高」「究極」という意味だとか。

1411234.jpg
メンズはメルトンxレザー   ¥59400

1411233.jpg
レディースはオールメルトン   ¥42120

アメカジにとって外せないアイテムのひとつ「スタジャン」。BDシャツをパンツイン、その上にスタジャンを羽織って「良いとこの坊っちゃん」的なコーディネートも良し。またはスウェットのジップパーカをインナーに、ボトムは革パン。足元はごっついワークブーツを合わせてハードに。といった着合わせもこなしてしまうスタジャンです。

11/11 アースラグ ラグマット&クッション入荷です。

1411126.jpg

ラグマット¥5400・クッション¥3780のアクリルフリース製で昨年大好評で再入荷となりました。

季節の割りに寒々しかった自宅のリビングですが去年購入したアースラグのラグ&クッションで冬支度です。

1411122.jpg
1411123.jpg

背中やお尻がポカポカです。

クッションは直ぐに完売してしまいそうなのでお早めにご来店くださいませ。

1411112.jpg

ソンタクのオックスラウンドカラーシャツです。1色のみの入荷となります。

11/7  昨日入荷分のpatagonia製品のご紹介です。

1411075.jpg

お待たせいたしました。

沢山のお客様に支持されるpatagoniaのソックスコーナー一揃えです。

14110701.jpg

ワッチキャップコーナー

1411076.jpg

patagoniaではありませんがリサイクルラグです。

1411077.jpg

メンズのバブアー&グローバルオールコーナー

1411072.jpg
14110710.jpg
1411079.jpg

レディースコーナーも沢山のpatagonia製品をご覧になることが出来ます。


1411078.jpg
1411074.jpg
1411073.jpg

メンズは更に大量のpatagonia製品をご覧になることが出来ます。


是非一度ご来店の上、環境と労働に配慮された沢山のpatagonia製品を手にとってご覧下さいませ。



10/26  barbour  ビフォートSL JKT が入荷してまいりました。

61kJorLZXUL__SX352_.jpg
Beaufort(ビューフォート)、Bewick(ビューイック)

Beaufort(ビューフォート)は、バブアーを代表する大定番ジャケット。お尻が隠れるくらいの着丈です。中にテーラードジャケットを着るなら、BedaleではなくこのBeaufortのほうが安心でしょうね(ジャケットの裾がはみ出さない)。もっとも近年のジャケットは短丈ですから、Bedaleくらいでもはみ出さないことも多いでしょうが。

襟のコーデュロイ、裏地のタータンチェック柄にも注目してください。

61xSUpbA4nL__SS240_.jpg

2014年になって新たに、スリムフィットのBeaufort SLが出ました。今まで出ていなかったのが不思議ですが、やっと出ました。クラシック派の人にはうれしいモデルでしょう。

9/28   barbor バブアー ビデイルSL JKTが入荷してまいりました。

003-MWX0318_2.png

barborといえばイギリス王室ご用達ブランドして名を馳せたブランドです。

襟の内タグには誇らしげにエジンバラ家・チャールズ家・エリザベス家の紋章が刺繍されております。

また各王室に指名されたご用達ブランドは数多くありなら2王室になると数十社と激減し

barbourのように3王室全てに指名されているブランドは数社のみとなります。

003-MWX0318_5.png
003-MWX0318_1.png
003-MWX0318_3.png

今回のコレクションでは昨年までSHIPSの別注カラーだったネイビーもインラインに入っています。

boubar_pepole.gif
J2A4248.jpg
NAME: Azusa Watanabe

OCCUPATION: OTTO DESIGN

LOCATION: Shibuya, Tokyo

J2A2912.jpg
NAME: Shogo Maeda

OCCUPATION: BEAMS PLUS HARAJUKU Staff

LOCATION: Harajuku, Tokyo

BPM206-2.jpg
NAME: Yuto Tamaki
OCCUPATION: JOURNAL STANDARD Shinsaibashi Staff
LOCATION: Shinsaibashi, Osaka

BAY019.jpg
NAME: Hayato Ichikawa
OCCUPATION: PACKIN’ Shop Manager
LOCATION: Kumamoto, Kyusyu

J2A2850.jpg
NAME: Haruna Furukubo

OCCUPATION: Ray BEAMS HARAJUKU Staff

LOCATION: Harajuku, Tokyo


1410163.jpg
1410164.jpg

リサイクル素材のラグマットです。ひざ掛けにも良さそうです。     ¥4968(税込み)

10/6 Gloverallよりメルトンウール・ダッフルコートが入荷してまいりました。

1410062.jpg

ダッフルコートのダッフルとはもともとベルギーの第二の都市、アントワープの近郊にDUFFELという港町があり、この町で織られている分厚く手触りの粗い生地を用いて作られた漁師向きの防寒着からついたといわれています。
この限られた地域の衣類でしかなかったダッフルコートが第二次世界大戦をさかいに広く世間に広まっていきます。大戦中、英国海軍はダッフルコートを艦上着として正式採用し、大量生産されたダッフルコートは、戦後海軍の放出品として多く世間に出回りました。

1410061.jpg

漁師の防寒着、海軍の艦上着と無骨なスタイルをGLOVERALL社は素材、デザインを追求しファッション性を加えることによりタウンウェアとしても耐えうるダッフルコートを作りだしました。
使っている生地は柔らかく手触りのよいメルトン地に変更し、デザインもだいぶ変更されましたが、保温性、防寒性はそのままに、実用着として供えられたディテールはそのままに残されており、その機能性は損なわれることなく創業60年経った現在も生きています。

1410063.jpg

レディースも入荷しております・

Gloverall オフィシャル



12/2    NosuRFでした。






今朝はナウファスをチェックするまでもなく寒すぎてNosuRFです!


1週間ほど気圧配置があまり変わらないようなので波も無さそうです。

Wind3285032and32mslp_Asia_0.gif

魅惑の反時計回りの強烈な低気圧が停滞する見込み


Wind3285032and32mslp_Asia_216.gif

来週の火曜日あたりに冬型が緩んで東海上に1030haの高気圧が停滞する見込み


かなり強い高気圧からの噴出しの風波が高気圧の縁周辺中心に上がる見込み


土佐湾は微妙ですね(汗


年内まだまだ週に1回~ぐらいの波は立ち


大きく上がることもあるので冬モードには少し早いと思います。


トレーニングでもして身体を維持しましょう!


”KEEP SURFING”


また暇な方は何時ものネットゲリラさんのコピペどうぞ



「餌場ビジネス」からの脱却

野次馬 (2014年12月 1日 14:16) | コメント(21)



デフレ餌場の終焉というのは、おいらも延々と書いてきたわけだが、そんな中で王将が「小麦粉を国産に」などの「高級化路線」に転換するのだそうで、あちこちで「餌場ビジネス」からの脱却を図る動きが出ているようだ。まぁ、そういうビジネススタイルそのものが、円高デフレと労働力過剰を前提としていたわけで、そのトレンドが変化した以上、変わらざるを得ない。


 ゼンショーHDは、必要な人材を確保し、12月末までに深夜営業をしない店舗を900店舗程度に減らす考えだ。
最終的には全店舗での24時間営業を目指し、「過剰な労働環境は改めつつも『お手軽』などといった従来のコンセプトを踏襲する」(関係者)という。
 一方、王将フードサービスは10月から人件費や原材料価格の上昇などを理由にギョーザなどを値上げ。
一方でギョーザの皮や麺に使う小麦粉など主要食材を国産品に切り替えるなど低価格路線を中心とした戦略からの脱却を模索している。
 居酒屋チェーン大手のワタミは、27年3月期に2期連続の最終赤字に落ち込む見通しだ。20年に新入社員が自殺したことをきっかけに「ブラック企業」と批判され、そのイメージをぬぐいきれず人材を確保できないのに加え、イメージダウンによる客離れも進んでいるとみられる。

とはいえ、高級飲食店が儲かっているという話も聞かないので、どうなるのか? 一度、デフレ・ビジネスの烙印を押されると、マクドナルドのようにそこから脱却できなくなるという可能性もなきにしもあらず、なので、先が難しいのは確かだろう。


肉は、火を通しすぎると固くなる。調理には細心の注意が必要なんだが、デフレ餌場でそんな事も言ってられないので、テキトーにやるしかないw 牛丼といのはその点、恐ろしく薄くスライスするので、都合が良かったわけです。

アメリカでも、底辺層のパートタイマーなんぞはワーキングプアー化が進行中で、景気の良いのは金持ちだけらしい。今や、日本もアメリカも大差ない、格差社会です。




昨日、ご来店されたお客様にViviダウンベストをご購入していただいたのですが


ナニに合わせるのがいいのかと聞かれたのでネルシャツをオススメしたんですが


当店のサイズ感では一番小さなサイズでもその細身のお客様には大きすぎるので


シャツは若者のお店でご購入してはいかがでしょうか?とご提案させていただいたわけなんですが


後にそのお客様が帰って来て、「このシャツ買ったんですがどうですか?」


もちろんキャッチーでトレンドチックな感じだったので「いいんじゃないですか」お伝えしたんですが


流石にちょっと見の見てくれは良くても


生地は薄くて縫製は荒くそれが税別¥8500というのはちょっと。。。。。


ネットゲリラさんのいう、牛丼といのはその点、恐ろしく薄くスライスするので、都合が良かったわけです。


その呈で、、、、、、生地は厚くなると縫製賃金が高くなる恐ろしく薄い生地を使用するので都合が良いわけです。(笑


それで¥8500のシャツを恐ろしく高価そうな袋に入れてくれたそうです。


うちで使っている茶色い一番安い紙袋も


安いもので¥30ほど高いもので¥60もします


かなり上等な紙質の袋にプリントまでして1枚¥200ほどでしょうか?


これってシャツを作った際に浮いたお金で作ってるんですがね、、、、、、、


結局、お客様が支払っているわけで、、、、、、これもデフレビジネスの一つと思われます。


オシャレな店内や紙袋・音楽を否定するわけではありませんが


それに見合わない商品を販売するのはどうかと思いますがね。。。。。


セレクトショップがセレクトせず、、、、、、、オリジナル商品ばかりを販売する時代になっています。


それって完全にデフレビジネスだと思われるのですが他業種でデフレビジネスが終焉を迎えている今


なぜ服飾業界はこぞってデフレビジネスに参入するのでしょうか?????


食育の服飾版で服育といってスタッフを育てる立案をしているセレクトショップもありますが


”食育は食で子供を育てる”ことで


服でスタッフである成人を育てる?ちょっと無理があると思いますね。


もしできるとしたら方法はありますが、、、、、、


間違っても


環境破壊や搾取的労働環境におかれている途上国のサプライヤーを無視し作られた恐ろしく生地の薄い洋服で


低賃金・福利厚生も不十分、また正社員として採用せず派遣社員という環境で


服育って、それは都合が良すぎます。。。。


ちょっと知恵の回るスタッフなら違和感を感じると思いますね。


服で人を育てるのなら


その会社・お店で長く働いて頂けるよう十分な給料と・雇用形態、、、、ボーナスや昇給などなど


それに加えてしっかりセレクトされた商品を


十分に満たされたお給料で購入して洗濯したりして使い続けていただくことによって


洋服屋さんのスタッフとして成長し、また人間としても成長すると思います。


デフレビジネスで人は育ちません。それはチェーン店の飲食見ても直ぐ分かるはず、、、、なのでしょうが、、、、


なんなんでしょうね~~~服育って


上記の良い事柄は1990年代僕もお世話になった高知の老舗郊外型セレクトショップで実際に行われていたことで


そのお陰で僕服飾人として育てて頂いたと思いに感謝しかありません。




またpatagoniaさんも川上の縫製会社や生地会社には常に環境と労働に配慮するよう改善を促しているわけですが


川下の僕達の正規代理店には何もないでで


当店の営業担当のMさんには


「僕達、正規代理店はpatagoniaさんにとってお客になるのでいいにくいかもしれないけど、環境と労働に配慮された衣料品であるpatagonia製品を販売している全国の正規店のスタッフが低賃金であったり福利厚生の無い状態が恒常化している事実には目を向けるべき!」とお伝えしたことがあります。


昔のpatagoniaのカタログには好きなブランドの顧客になって手紙を書きましょう!


顧客の意見を無視できないのがブランドですから、、、、、とありました。


当店も常により優良なpatagoniaの顧客として成長でき


patagoniaに上記の気持ちをこめた手紙を書き続けられるよう頑張っていきたいですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。