高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/2   「秋物入荷始まっております」"高知 patagonia パタゴニア 正規代理店 ”バンザイライフスタイル” イベント告知&patagoniaシンチラスナップTパンツ予約開始

2014-09-02
未分類
1408011.jpg
1407256.jpg

秋口~初冬まで使えるナイロンシシェル=マウンテンパーカーの男性用・女性用ともSALEになっております。


その他、これからのシーズンに使える半袖スウェットあトレッキングパンツなどもSALE価格となっております。


当店は完全セレクト&買取の商品しか扱っていないのでどれを手にとって頂いても良い商品と自負しております。



0724_3_convert_20140710132715.jpg

Packs-Snow_F13-jp_convert_20140602121624.jpg

patagonia正規代理店 ”banzailifestyle” バンザイライフスタイル

103124.png

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00



昨年末波が良かったときの自身のチューブライドです。。。


テイクオフから1度チューブをメイクして2回ほどターンした後のインサイドのチューブ波です。


このように当店はクラッシックなポイントでサーフィン本気で楽しみ


極寒・猛暑で1日中ロッドを降り続ける船上でのスロージギングなどを通して


その過程でしっかりとpatagonia製品を使い込み


高知で使いやすく末永くご愛用いただける製品をセレクトしております。


サーフィンや釣りを通してバックボーンのあるコーディネートやライスタイルにあった洋服を提案しております。


<クレジットカード各社ご利用可能です>

現金&クレジットカードどちらのお支払いでも同様にポイントカード発行しております。


ポイントカードの渡し忘れなどございましたらお気軽にお声掛けくださいませ。。。。


駐車場は店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台ご用意がございます。

103121.jpg

店舗前~東隣り駐車場(103番)とも


通常より広々としており


女性のお客様でも駐車しやすいスペースとなっております。

11018.jpg

また店舗の向かいには広い札場西公園があります。


11016.jpg

ご両親はお買い物、お子様は公園で遊具遊びができます。。

11017.jpg

滑り台をはじめ沢山の遊具でお子様が安全に遊べる公園です。


毎日近隣のお子様達で賑っています。


<<TOPICS>>

9/2 patagonia シンチラスナップTパンツ予約開始

今までご要望の多かったフリースのパンツがpatagoniaより今秋リリースされます。

入荷の早かった大手セレクトショップでは入荷と同時に完売となるなど各方面で話題となっているようです。

56675_NKL.jpg
56675_CNY.jpg
56675_CNY_OM2.jpg
img63413021.jpg
img63413023.jpg
サイズ展開はXS~XXLとなっておりメインのサイズはXS~Mとなります。


只今、店頭~patagonia営業部とも在庫が無い状態ですが10月前後に入荷予定が多少あるということなで


当店でも数本づつ発注しております。


10月に向けて全国のpatagonia取扱店より予約オーダーが入ると思うので入荷時には予約で残数無しとなっている可能性が高いパンツです。


本日より店頭にてご予約賜ります。


申し訳ございませんが予約時には定価¥12500の20%の内金のご入金お願いいたします。




9/1   来週のイベントのサンプルTeeが届きました。

1409013.jpg
1409012.jpg

こんな感じでTeeシャツにシルクスクリーンのプリントして頂けます
少しづつですが秋冬物の入荷が始まりました。


FOB FACTORY A&Fからはネルシャツやあの名作フュージョントラウザーの新製品が2品番入荷しております。


1408291.jpg

早く涼しくなるのが楽しみになってきました。

1408292.jpg

A&Fからはアディロンダックネームのネルシャツです。


少し起毛させたブラッシュドフェイスのBDシャツです。


襟が立つの少し綺麗目の着こなしもOKです。

1408293.jpg

FOBからはドライ感の強いネル素材をベースに完全リニューアルな型紙を使用しています。

1408294.jpg

襟の裏やポケットのフラップの裏にはキャンバス素材が当てられています。


1408297.jpg

また一世を風靡したフュージョントラウザーのNEWモデルも2型入荷しております。


少しフレアーしていた足元をストレートベースに改良し素材もドライ感の強いものにかえています。


1408295.jpg
1408296.jpg

チノークロスベース2色とデニムベース1色

1408298.jpg

太畝のピケベースとなっております。


FOB FACTORYの製品はどんな大手さんも全て完全買取という条件の下製品化されています。


通常ですと借り物の多いシャツやパンツ類、シーズン後には返品でき常に返品リスクと隣り合わせの製品です。


しかし借り物の製品といえど僕達お店もメーカーもリスクをとらず


高い製品代を払っているのお客様という構図です。


完全買取・変なブランド化もしない製品こそ値段の割りに物がよい!というわけです。


是非店頭にてFOB FACTORYの製品を手にとってご試着ください。


gs_tour_pannel_fix蜴溷ック_convert_20140816155133

patagonia直営店でBig O Project「Get Small or Get Out」直営店ツアーが開催されました。

それに伴い9月初旬に当店でも同様のイベントが開催されることとなりました。


BIG Oとは、アーティストのカザマナオミさんが、ライブシルクスクリーンプリ
ントを通じて、オーガニックコットンの認知度、使用率を上げる事、そして着な
くなってしまった物などをUpcycle(USEDにプリントをのせ、新しい機会を作る)
する活動です。

Message_postcard_陦ィ蜴溷ック_convert_20140816155213

Big O Project 「Get Small or Get Out Tour」 Supported by Patagonia
                                                 
目的:
・Get Small or Get Out ~Small Player/Smaller Impact~のメッセージの伝達
・プリントを通じて地域のSmall Player(ビジネス・農業など)との協働・サポート・消費のあり方を訴求する
・BIG-Oプロジェクトをより多くの人たちに知ってもらう
・個人ベースでの行動の気づきを持ってもらうきっかけにする、まわりに広がるきっかけの場とする
  
※Smallの意味合い⇒Small Impact・Small Footprint

gs4sns.jpg
gs4sns2.jpg

夕方より3時間ほどのイベントなります。


1時間5名ほど、全体で15人ほど予約を承ります。


getsmall_logo.jpg

内容:
・期間中ストア前もしくは店内スペースにてBig-0やツアーメッセージを伝えつつ、ナオミオリジナルプリントを行う。
 ※プリントデザインは何種類か用意します。

alice.jpg

プリントルール
・パタゴニア古着・パタゴニアの新品オーガニックコットン製品は\500~でプリント
・パタゴニア以外の古着・オーガニックコットン製品の持ち込みは\1,000~でプリント
・パタゴニアロゴの使用はパタゴニア製品のみになります。
・古着・オーガニックコットン製品がない人はナオミくんが販売しているオーガニックT-シャツを購入可能
(パタゴニアロゴの使用は不可)



9/2   シンチラスナップTパンツ予約開始




今日もノーサーフとなりました。


昨晩、ジムへ行こうかな?と思っていたらワグくんより刺客が送り込まれてきて


その20代の青年と10時近くまで話しこんでしまいました(汗


まだ若いのに幅広い知識、、、、、、羨ましかったですね。。。。


僕の20代は仕事とロックな生き様の狭間で悩んでいるぐらいのサーファーでしたし、、、、、(汗


話の道すがらその青年が興味を示した年次改革要望書というアメリカが古くから日本に毎年押し付けていた要望書です。


ちゃんとウィキさんにも載ってますき。。。気になる方はググってください。


年次改革要望書

年次改革要望書(ねんじかいかくようぼうしょ)は、日本政府と米国政府が両国の経済発展のために改善が必要と考える相手国の規制や制度の問題点についてまとめた文書で、毎年日米両政府間で交換されていた。正式には「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく要望書」(The U.S.-Japan Regulatory Reform and Competition Policy Initiative)と呼ばれた。2009年(平成21年)に自民党から民主党へと政権交代した後、鳩山内閣時代に廃止されている[1]。


何も出来ない宇宙人とメディアで叩かれている鳩山さんの最大の貢献はこの要望書を断ったことですね。。。。


なのでアメリカよりのメディアでは叩かれまくっていますが、、、、、、


別にアメリカが要望書を送ってくるのはかまいやしませんがね、、、、、


実は強行に要望書の案件を満たすよう圧力を掛けてくるんですが


戦略的に、、、、、、、、ということは日本としてはそうせざるを得ない


実は要望書ができた時点で日本の今後の動きが分かるわけです、、、、


それにそって改革が行われ経済や企業が動いていきます。


なので安全な投資・投機先が事前に分かるわけですね。。。。。


日本が改憲したり新法作ったときには優良な投資分野はすでにアメリカの資産家・ファンドに押さえられいると思うのが当たり前の構図ですね。


まぁ国と国との壮大なインサイダーですよね。これって


しかも、いうことを効かない政治家や政府は失脚させられますね。


古くは田中角栄や現在では小沢さん・鳩山さんが良い例です。


ちなみにリビアのカダフィー大佐はアフリカの英雄ですね。。。。悪の枢軸国扱いは、、、、、


グーグルはセキュリティー上、不安ですが検索するのは無料です。。。。


年次改革要望書でもカダフィー英雄でも検索して事実や一方のみから見たメディア以外の意見も調べてみる価値はあると思います。


話しそれましたが、逆言えば、小泉さんやロンヤスの中曽根さんなどは要望書どおりに改革を行っただけともいえます。


要望書自体が悪いわけでなくそれに沿って改革した出来た新しい利権や利益をアメリカに誘導する仕組みになっているのが悪いわけです。


強国が圧力を掛けてくるのが当たり前で反発するも良し、乗っかるのも良いでしょう。


ただ僕達の働いて払った税金を投入して盛んになった分野の利権利益がアメリカに逃げない仕組みを作る


防御する政治家を見抜いて投票することが僕達庶民には大事なことだと思います。


またそうやって社会の仕組みが変わっていくことをしってそれに沿った経営が出来る企業や職種で働くことが生活を守ることとなりますね。


去年だったかな????20代の頃働いていた郊外型高感度セレクトショップの元同僚らと飲む機会があったので


トレンドより、服育(食育のアパレル版)より、今までの会社の総括をするとが大事といって大口論になったことがあります。


あくまで僕の私見ですが僕の古巣が郊外にお店を出し始めた頃


年次改革要望書による大店舗法の改正がありまして郊外に大きな施設・モールが出来始めました。


同時に道路の整備が進んでいたことを考えると


日本中でそれまで街の利権だった商店やら小売店やらの反対で郊外に建てられなかった郊外型大型商業施設ができるということは街の利権では太刀打ちできない力が働いたものと思われます。。


当時は年次改革要望書なる言葉など禁句だったろうしメディアは今でも討論の番組にさえ表に出させません。


しかしネットが当たり前になった中、ネットを利用する人にとっては当たり前となりつつあることでもあります。


話がそれましたが、それらが出来始め郊外に人が流れる構造ができ


人が郊外に流れた際にまだ当時は十分な所得や正社員の身分ボーナスなどなどがあり


安物では物足りない人が多くいたことが急成長の牽引になったと思っています。


その当時、郊外に立ち並ぶ衣料品店は特にアメリカ習えの安売りのお店しかなかった中に


街の小売店と同じ価格帯同じブランドをより多く並べ接客と呼べない接客の中小さなお店で買うしかなかった洋服を


広く見やすい店内と全国レベルに近い接客・陳列で売り上げを伸ばしていったのではないか?


事実、僕が入社下ばかりの頃の社員教育マニュアルは高知で同社がフランチャイズ経営する大手セレクトショップのものに非常に似通った文面でしたし。


僕が店長やバイヤーのサポートをしていたころは時に売り上げもよく時代の寵児と同社や社長・バイヤーの方が業界紙に紹介されることも多かったです。


まぁここで僕ちゃんはHOMEで毎日サーフィンがしたいがために会社止めるんですが(笑


その後の売り上げはアパレル業界の推移でお話しますと


2000年初等頑張っていたお店もまだあった時代ですが


転機はまたも年次改革要望書に書かれていた派遣法の改正で


正社員が減り企業の内部留保が積み上げられだした時代に所得税と住民税の税制の改正がありました。


これがWパンチとなり給料が上がらなくなった上に税金の負担が増えました。


もちろん消費税の導入らも加味しますがアパレル業界に打撃だったのは


何より派遣法の改正で正社員が減り待遇・給与も悪くなったことと住民税と所得税法の改正だったと思えます。


これらは推論ですが数字は法律の改正などに沿った数字となっているともいます。


また勝手な他人の会社の総括ですがまぁ僕が働いていた会社ですし


自分の経験を総括する上でのサンプルには非常に都合の良いものだと思います。


自分の実力だったのか?たまたま政府の目指す改革の方向と庶民感覚のバランスの上に起こっていたことなのか?


皆さんも今までの仕事歴や会社での業務歴なんかを勝手に総括してみるとより政治や経済が見えてくる部分もあるかもです?


まぁその飲み会でついでに


トレンドも産地や雇用に配慮しているエルメスやヴィトン、サンローランが語るのならまだしも


途上国の労働者に何一つの配慮もなく作った中国製の服はトレンドでもないし


ましてや服で人を育てる前に高額な自分らの年棒を少しでも削って契約社員や非正規雇用の社員の中から実力のある人を正社員に引き上げ本物をセレクトしてスタッフに買って着て洗濯してもらうことこそ本当の服育では?なんて付け加えたもんだから大喧嘩でしたね(笑


それから数年に渡って行われたいた飲み会はなくなりました(笑


「口は災いの元」先人達はよく言ったものですわ。


まぁでも僕達アパレル業は華やかに見えても肉体労働者、俗に言う肉労=ブルーカラーです。


それを忘れると大事なものなくしそうですね。


まぁ独身で子育て無しだからこそ考えたり伝えようと思うわけですが、、、、、、、


波は西のbeachに行けばそれなりにサーフィン出来そうな様子です。。


やはり市内に届いていないナウファス数値となっています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。