高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

{年内無休}12/12 先着200名様 ¥10.000以上お買い上げのお客様にパタゴニア特製ギフトバック プレゼント中です!! "高知 パタゴニア正規代理店 ”バンザイライフスタイル”  NosuRFとなりました。

2013-12-12
未分類
12102.jpg
20101.jpg

本日より¥10.000以上お買い上げのお客様にパタゴニア社特製 ギフトバックをプレゼントしております。


先着200名様となっております。


よろしくお願いいたします。

103120.jpg

patagonia正規代理店 ”banzailifestyle” バンザイライフスタイル

103124.png

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  年内無休(水曜日も休まず営業しております)

<クレジットカード各社ご利用可能です>

現金&クレジットカードどちらのお支払いでも同様にポイントカード発行しております。


ポイントカードの渡し忘れなどございましたらお気軽にお声掛けくださいませ。。。。


当店の”モットウ”として


高価ですが一生モノと呼ばれるような商品やpatagoniaの製品を


顧客のお客様が気兼ねなく試着を出来る環境を作り出すことに尽きると考えています。


薄給の上、福利厚生が良くない地方の販売スタッフでは


経験・知識を持った30代40代のスタッフが育ちにくい環境にあり


同じブランド物を買うにいたっても都市部と比べて格差のある接客・対応であるといなめません。


そんな中、出来るだけ都市部と遜色ない対応や商品構成でお客様をお迎えするのが当店の役目と思っております。


当店はオシャレか?といえば、ちょっと疑問を持たざるを得ない部分もありますが


高知で”末永く普段に着れるもの””お子様にお譲りできるもの”の提案を第一に考え


商品をセレクトしております。


11052.jpg
11053.jpg
11054.jpg

店内には沢山のpatagonia製品のほか


オイルフィニッシュJKTの代名詞BARBURやダッフルコートで有名なグローバルオールなどのお取り扱いもあります。


駐車場は店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台ご用意がございます。

103121.jpg

店舗前~東隣り駐車場(103番)とも


通常より広々としており


女性のお客様でも駐車しやすいスペースとなっております。

11018.jpg

また店舗の向かいには広い札場西公園があります。


11016.jpg

ご両親はお買い物、お子様は公園で遊具遊びができます。。

11017.jpg

滑り台をはじめ沢山の遊具でお子様が安全に遊べる公園です。


毎日近隣のお子様達で賑っています。


また店舗名 ”banzailifestyle””バンザイライフスタイル”とは


お客様共々「万歳ナlifestyle」を過ごしてきける様、屋号としました。


万歳”ナ”Lifestyleを体現すべく


酷暑&極寒での毎朝の日課となっているSurfingや釣り(シーバスやスロージギング)などを通して


patagonia製品を本気で使い込み


高知のアウトドアシーンで使ってはじめて活きてくる製品


普段着で着まわしの利き末永くご愛用していただけることをもっとうに製品をセレクトをしております。



<<<TOPICS>>>

12/4 patagonia製品大量入荷です。


12043.jpg

サイズ欠け色欠けしたていたハイロフト製品(ダウンJKTや化学繊維の綿入りJKT)


ダウンセーター・ダウンセーターフルジップフーディー


ハイロフトダウンセーター・ハイロフトダウンセーターフーディー


ウルトラライトダウン・ウルトラライトダウンフーディー


ナノパフJKT・ナノパフフーディー・ナノパフプルオーバーなどなど今期発注分全て入荷してきました。


12045.jpg

12044.jpg

ニットキャップ・ビーニーハット類も入荷してました。


12042.jpg
12041.jpg

今年はご要望の多かったトレス・3・イン・パーカーも展開しております。


地方の正規代理店では店頭に在庫するお店は少ないと思います。

img8180960794202.jpg
mst31p2.jpg

トレス 3-in-1 パーカ¥61,950


3WAYアウターの決定版といえばこのジャケットです。

フードの取外しが可能なH2No防水シェルにはジッパーで脱着可能な600フィルパワーグースダウンがレイヤードされ、天候や気温に応じて三通りの着方が出来ます。着丈も長く、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで幅広く使えます。


BP322.jpg
BPM151-21.jpg
J2A1377s.jpg
BP319.jpg
BAY008.jpg

Barbour オフィシャルWEB


BARBOUR people

a0165895_17341052.jpg

英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、

1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。

北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まりでした。

その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。

第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時、

ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が証明しています。



1936年、オイルドコットン製のライダース ジャケット、“インターナショナル ジャケット”を発表。

1950〜70年代に開催された6デイズ トライアルサーキットに出場したほとんどのレーサーや、64年に出場した俳優のスティーブ・マックィーンも着用し、ライダース ジャケットの代名詞となりました。

こうして真摯なものづくりとその品質が認められ、1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を賜りました。

エリザベス皇太后の逝去により、現在のロイヤル・ワラント最高峰は3つ、すべてを保持していることは希少な事実です。

70年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国上流階級のアクティビティと密接にリンクすることで
カントリー・ジェントルマンの装いを彩り、英国を代表するアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築きました。

現在ではアウトドアユースだけでなく、ファッションとして自分のスタイルにこだわりのある人々に絶大な人気を誇っています。

11/23 グローバルオール・ダッフルCOATご紹介です。

920-c-d2.jpg
920-c-d3.jpg
920-c-d5.jpg

11048.jpg

店内は多くのpatagonia製品やインポート衣料品で賑っています。


11047.jpg

ブランケットやバッグ類も豊富に揃っております。


11044.jpg

店内中心より右側がレディース、左側がメンズとなっております。

11046.jpg

patagonia社製レギュレターフリースもR1・R2・R3&キャプリーン3、4とも全色入荷してまいりました。


11042.jpg
lt="11043.jpg" border="0" width="640" height="480" />

メンズ・レディースともBARBOURコーナーは充実したラインナップとなっております。


来春に控えた消費増税です。。


高額衣料品のご購入は来春までに済ませておいた方が得策です。


12/12 NosuRFとなりました。




今日もNosuRFとなりました。


やはり波しばらく無さそうです。


明日、すこーし寒波が緩み最高気温14℃となっていますが、、、、、


週末~来週中まで寒気が入り続ける予報となっています。


暖かく機能的な衣料品を着て身を守りましょう!


1400x875_reeder_s_0131_F13_convert_20131212120426.jpg

またpatagoniaについて


ちょっと語ろうとおもいます。


patagonia社は実は株式を上場していません。


そのため自由度の高い経営をすることが出来ます。


株式を上場すると株主の意向を反映させた経営をせざるを得ません。


株主総会などでコストカット&業績アップを声高に唱えられると


当然、営業方針はコストカットと売り上げアップを目指します。


民間の営利企業であるからにはそこを目指す必要があると思いますが


度を越えたコストカットや売り上げ目標は


環境や労働に影を落とします。

1400x875_ogle_s_0291_F13_convert_20131212120343.jpg

建築基準法を順守されていない建物での作業を余儀なくされている途上国の人々は多く居ます。


今年の春にバングラディッシュで起こった未曾有の縫製工場倒壊


5階建ての工場に3階積み増しした違法建築の工場に


重い什器や人を詰め込んでの作業


工場操業の当日か翌日に倒壊して


女児~女性3000人が被災して1000人という尊い命が奪われました。


旭新聞デジタル・ビル崩壊事故 「お買い得感」に求められる想像力

1400x875_ogle_s_0291_F13_convert_20131212120343.jpg

patagoniaでは無用なコストカットを取引先のサプライヤーにせまることはありません。


コストを掛けるかわりに環境と労働力に配慮された設備、その国の法律と照らし合わせてなんの遜色のない賃金・福利厚生かけれない企業とはお取引いたしません。


そういった企業努力はpatagonia製品の信用になり


世界中で評価され末長く愛用される原動力となっています。


また自由度の高い経営が出来ることから


実はpatagonia日本支社があります。


日本は古くから中間卸業という問屋さんがおおくあり


基本、海外ブランドは支社をもたず代理店契約をし


商社とのお取引を開始し、細かな販売網を持たないので


問屋さんと更に代理店契約を結びます。


ということから海外ブランドと商社


商社と問屋さんいずれかの利害関係が食い違ってくると


契約更新せずに新しいパートナーを見つけます。


そうなると末端の販売店では取引先を変えるか


そのブランドのお取り扱い自体を辞めるしかありません。。

1400x875_Surf-PSI_F13-jp_convert_20131212120448.jpg

こういった場合、得てしてセレクトショップや専門店から


もう少し安価なお店にその商品が流れ


そのブランドの価値が損なわれるため


当店のようなお店はそのブランドのお取り扱いをやめてしまいます。


そうなるとそのブランドのユーザーの方は修理交換などの問題が生じた際に


ご自分でそのブランドの取り扱い店を見つける


メーカーに直接おくることになりますが


契約以前の製品のリペアや交換が受けれるかどうかは怪しいものです。


patagonia社は社内にリペア部があり


商品購入後、何年経ってももリペアをうえけることが出来ます。


また製品自体の不良ということであれば交換や返品のご相談にも応じてくれます。


日本に支社を持つことはコストアップに繋がり


株式を上場していてはとても出来ることではありません。


未来永劫、そのブランドが存続するかぎり日本の社屋や社員の生活を守らなければなりませんから、、、、


その他、語りつくしてもキリがないほど


環境や労働に配慮して製品を世に送り出しています。


10年~15年着れる洋服、、、、、、


だいたいの場合、着れなくなるのはユーザーの飽きであったり流行にそぐわなかったりではないでしょうか???


patagoniaの製品は飽きも来ずに流行に左右されない商品です。


それは前記した


またそれ以上の活動やら企業理念に寄り添うと


更にご愛用していただく期間が長くなると思います。


patagoniaの活動についてはオフィシャルwebからご覧になれます。


patagoniaオフィシャル 環境的および社会的責任




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。