高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

{年内無休}12/10 先着200名様 ¥10.000以上お買い上げのお客様にパタゴニア特製ギフトバック プレゼント中です!! "高知 パタゴニア正規代理店 ”バンザイライフスタイル”  NosuRFとなりました。

2013-12-11
未分類
12102.jpg
20101.jpg

本日より¥10.000以上お買い上げのお客様にパタゴニア社特製 ギフトバックをプレゼントしております。


先着200名様となっております。


よろしくお願いいたします。

103120.jpg

patagonia正規代理店 ”banzailifestyle” バンザイライフスタイル

103124.png

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  年内無休(水曜日も休まず営業しております)

<クレジットカード各社ご利用可能です>

現金&クレジットカードどちらのお支払いでも同様にポイントカード発行しております。


ポイントカードの渡し忘れなどございましたらお気軽にお声掛けくださいませ。。。。


当店の”モットウ”として


高価ですが一生モノと呼ばれるような商品やpatagoniaの製品を


顧客のお客様が気兼ねなく試着を出来る環境を作り出すことに尽きると考えています。


薄給の上、福利厚生が良くない地方の販売スタッフでは


経験・知識を持った30代40代のスタッフが育ちにくい環境にあり


同じブランド物を買うにいたっても都市部と比べて格差のある接客・対応であるといなめません。


そんな中、出来るだけ都市部と遜色ない対応や商品構成でお客様をお迎えするのが当店の役目と思っております。


当店はオシャレか?といえば、ちょっと疑問を持たざるを得ない部分もありますが


高知で”末永く普段に着れるもの””お子様にお譲りできるもの”の提案を第一に考え


商品をセレクトしております。


11052.jpg
11053.jpg
11054.jpg

店内には沢山のpatagonia製品のほか


オイルフィニッシュJKTの代名詞BARBURやダッフルコートで有名なグローバルオールなどのお取り扱いもあります。


駐車場は店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台ご用意がございます。

103121.jpg

店舗前~東隣り駐車場(103番)とも


通常より広々としており


女性のお客様でも駐車しやすいスペースとなっております。

11018.jpg

また店舗の向かいには広い札場西公園があります。


11016.jpg

ご両親はお買い物、お子様は公園で遊具遊びができます。。

11017.jpg

滑り台をはじめ沢山の遊具でお子様が安全に遊べる公園です。


毎日近隣のお子様達で賑っています。


また店舗名 ”banzailifestyle””バンザイライフスタイル”とは


お客様共々「万歳ナlifestyle」を過ごしてきける様、屋号としました。


万歳”ナ”Lifestyleを体現すべく


酷暑&極寒での毎朝の日課となっているSurfingや釣り(シーバスやスロージギング)などを通して


patagonia製品を本気で使い込み


高知のアウトドアシーンで使ってはじめて活きてくる製品


普段着で着まわしの利き末永くご愛用していただけることをもっとうに製品をセレクトをしております。



<<<TOPICS>>>

12/4 patagonia製品大量入荷です。


12043.jpg

サイズ欠け色欠けしたていたハイロフト製品(ダウンJKTや化学繊維の綿入りJKT)


ダウンセーター・ダウンセーターフルジップフーディー


ハイロフトダウンセーター・ハイロフトダウンセーターフーディー


ウルトラライトダウン・ウルトラライトダウンフーディー


ナノパフJKT・ナノパフフーディー・ナノパフプルオーバーなどなど今期発注分全て入荷してきました。


12045.jpg

12044.jpg

ニットキャップ・ビーニーハット類も入荷してました。


12042.jpg
12041.jpg

今年はご要望の多かったトレス・3・イン・パーカーも展開しております。


地方の正規代理店では店頭に在庫するお店は少ないと思います。

img8180960794202.jpg
mst31p2.jpg

トレス 3-in-1 パーカ¥61,950


3WAYアウターの決定版といえばこのジャケットです。

フードの取外しが可能なH2No防水シェルにはジッパーで脱着可能な600フィルパワーグースダウンがレイヤードされ、天候や気温に応じて三通りの着方が出来ます。着丈も長く、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで幅広く使えます。


BP322.jpg
BPM151-21.jpg
J2A1377s.jpg
BP319.jpg
BAY008.jpg

Barbour オフィシャルWEB


BARBOUR people

a0165895_17341052.jpg

英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、

1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。

北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まりでした。

その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。

第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時、

ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が証明しています。



1936年、オイルドコットン製のライダース ジャケット、“インターナショナル ジャケット”を発表。

1950〜70年代に開催された6デイズ トライアルサーキットに出場したほとんどのレーサーや、64年に出場した俳優のスティーブ・マックィーンも着用し、ライダース ジャケットの代名詞となりました。

こうして真摯なものづくりとその品質が認められ、1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を賜りました。

エリザベス皇太后の逝去により、現在のロイヤル・ワラント最高峰は3つ、すべてを保持していることは希少な事実です。

70年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国上流階級のアクティビティと密接にリンクすることで
カントリー・ジェントルマンの装いを彩り、英国を代表するアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築きました。

現在ではアウトドアユースだけでなく、ファッションとして自分のスタイルにこだわりのある人々に絶大な人気を誇っています。

11/23 グローバルオール・ダッフルCOATご紹介です。

920-c-d2.jpg
920-c-d3.jpg
920-c-d5.jpg

11048.jpg

店内は多くのpatagonia製品やインポート衣料品で賑っています。


11047.jpg

ブランケットやバッグ類も豊富に揃っております。


11044.jpg

店内中心より右側がレディース、左側がメンズとなっております。

11046.jpg

patagonia社製レギュレターフリースもR1・R2・R3&キャプリーン3、4とも全色入荷してまいりました。


11042.jpg
lt="11043.jpg" border="0" width="640" height="480" />

メンズ・レディースともBARBOURコーナーは充実したラインナップとなっております。


来春に控えた消費増税です。。


高額衣料品のご購入は来春までに済ませておいた方が得策です。


12/11 NosuRFとなりました。






本日は昨日あった波も小さくなっており


NosuRFとなりました。


しばらく冬型の気圧配置が続く見込みです。


もしかすると木曜日~金曜日に少しできるかも???


もちろん西のbeachですが、、、、、


その後、一度緩んだ冬型の気圧配置が更に強まる予報


週末は最低気温0℃の予報となっています。


忘年会シーズンです、暖かい衣料品を着て身を守りましょう。。。。


またパタゴニアの環境活動について


120111.jpg

これは社名がパタゴニアになる前の1960年代の社屋の画像だと思います。


まだパタゴニアがシュイナード・エキップメントという社名で登山用の金属の用具を作っていたころのものだと思われます。


限りある資源で暮らす


私たちは企業としてパタゴニアのクオリティを定義するとき、環境におよぼす影響をどれだけ軽減できるかをひとつの判断材料とします。これは生産に使用する原料や製造法を監査することだけではありません。ビジネスのあらゆる面で実践する包括的なアプローチが必要であり、それには建物や施設で資源をどう利用するかも含まれます。

カリフォルニア州ベンチュラ本社
gen2_Headquarters_S13.jpg
パタゴニアのベンチュラ本社施設には7つの建物があります。これらは1870年代から1997年のあいだに建築されたもので、環境に配慮した構造ではありませんが、どれも環境効率を高める改善が施されています。



ネバダ州リノ・サービスセンター
gen2_Reno-Service-Center_S13.jpg
1996年、パタゴニアは旧タホ製材所の跡地、トラッキー・リバーの土手に総工費1,900万ドルをかけてリノ・サービスセンターを建てました。シンプルな構造と実用的なデザインのサービスセンターには、パタゴニア製品を世界中に配送するために必要なものが保管されています。建築費用は高くつきましたが、数々の革新策により30~35%のエネルギーを節約でき、3~8年で採算が取れました。2006年にはサービスセンターを2倍の広さに拡張。環境に与える影響をさらに軽減させるための数々の努力の結果、私たちは米国グリーン・ビルディング協会 (USGBC) から〈エネルギーと環境に配慮したデザインにおけるリーダーシップ (LEED) 〉のゴールド認証を取得しました



パタゴニア直営店
gen2_GPIW_S13.jpg
現在、北米には31のパタゴニア直営店があり、新店舗をオープンする際は明確な理念にしたがっています。1970年代にかつての食肉加工場(写真上)をベンチュラの第1号店として改築して以来、私たちは新たに店舗を建てる代わりに既存の建物を改良して利用するのが、責任ある最善策であると考えてきました。できるかぎりこの理念にしたがい、新築が必要な場合には耐久性に優れて魅力的で、環境に配慮した建築資材や備品を使用するようにしています。またそれぞれの土地の歴史や自然を反映する独特な店舗を目指しています。また、こうした理念はサーフ千葉、京都ストアなど日本の直営店にも反映されています。


エネルギー使用

再生不可能な化石燃料を燃焼して発電したり、熱を作り出したりすることは、大気や土壌や水を汚染し、地球温暖化を加速させ、そして炭化水素に依存したすでに不安定な世界をさらに不安定にします。水力発電用ダムは貴重な景観を水没させ、重要な野生生物の生息地を破壊します。また原子力発電も放射性廃棄物、核兵器の拡散、悲惨な事故を起こす潜在性など、さまざまな脅威をもたらします。

gen2_Energy-Use-Ventura_S13.jpg
パタゴニア本社では敷地内に498枚のソーラーパネルを設置し、電力網への電力依存を約14%削減しています。デザイン室にLED照明を導入したことにより、これまでに比べて38%の省エネが見込まれています。2012年にはロストアロー・ビルに新たな暖房/換気/空調システムを導入しました。電力で稼働するこのシステムは引き込んだ外気を紫外線とフィルターで浄化して建物内に送り出し、「窓を開けた状態」を再現するデザインです。建物内にはシステムの空気循環の最適化を確認するためのスマートグリッドの読取機を設置しています。必要に応じて冷暖房することも可能です。


エネルギー使用: リノ
gen2_Energy-Use-Reno_S13.jpg
LEED認証制度の一環として、パタゴニアはエネルギー使用量の削減にいくつもの対策を講じました。太陽の動きを追跡する天窓を採用し、さらに屋根に取り付けた半透明の排煙口を使ってサービスセンター屋内に自然光を反射させて採り入れることで、エネルギー消費量を削減すると同時により快適な室内環境を生み出しています。照明器具には光センサーや運動センサーを備え、照明を使用していないときは自動的に消灯するようにしました。最高の効率を有する業務用給湯タンクは輻射熱暖房システムを動かしています。屋根にはR30断熱材、倉庫の壁面にはR12硬質断熱材を使用し、冬には建物内の熱を保持、夏には涼しさを維持します。また倉庫ではエアコンを使用していません。これに代わるものとして、昼間の熱い空気を夜間の冷たい空気と入れ替えるナイトフラッシュ・システムを採用。さらに計量装置を設置し、リノ・サービスセンターが確実にピーク水準で稼働するようにしています。これは照明システムや制御、モーターの一定負荷と可変負荷、可変周波数ドライブ、空気および水の節約装置、熱回収サイクル、空調、静圧および換気量、給湯タンクの効率、建物関連処理エネルギーのシステムと機器、屋内上水配管、および屋外灌漑システムを監視します。施設のスタッフは中央ワークステーションを利用して、容易にシステムの稼動状態を確認することできます。これらの対策によりさらに快適な室内環境を生み出すとともに、機器と稼動の両面での経費を削減します。小さな省エネであっても、年月を重ねると環境や経済面での大きな進歩となり得るのです。

エネルギー使用: パタゴニア直営店
2011~2012年は2店舗にLED照明を導入し、ベンチュラ店で25%、デンバー店で35%の省エネを達成しました。また新たにオープンしたシカゴ店にもLED照明を導入しました。



雨水の排水管理
雨が駐車場や屋根、歩道のような浸水性のない表面に降ると、そこにあるゴミ、動物の糞、オイル、ガソリン、洗剤、農薬、化学残留物、ブレーキの裏張りなどとともに流れ出し、汚染された雨水が排水溝に入って、そこから水路や川、沿岸地域あるいは直接海に流れ込みます。季節はじめの大雨は大量の汚染物質を流します。ここベンチュラでは、健康衛生上の理由から降雨後72時間以内の海水浴およびサーフィンは避けるよう忠告されています。パタゴニアのベンチュラ本社はベンチュラ・リバーから約200メートルに位置し、リノ・サービスセンターはトラッキー・リバーの川岸にあります。パタゴニアでは敷地内から流れ出る汚染物質を軽減する数々の対策を講じています。

雨水の排水管理: ベンチュラ

gen2_Bioswale-Ventura_S13.jpg

雨水が浸透して土壌に戻るよう駐車場の2か所のアスファルトを透水性のセメントに変えました。またバイオスウェール(浸透池)を設け、もうひとつ増やす計画もあります。バイオスウェールは土と砂利を敷いた水路で、駐車場の一部の雨水が流れ込みます。雨水は天然フィルターとなる土中に染み込み、やがて土壌が飽和状態になると排水溝に流れ出します。それまでに駐車場から出る高濃度の汚染物質の大半は浄化されているというのが狙いです。

雨水の排水管理: リノ

gen2_Storm-water-reno_S13.jpg

2007年にリノ・サービスセンターを拡張した際、雨水が浸透して土壌に戻るよう駐車場に透水性の舗装を敷きました。また、ランドスケープには調節池を設け、土中に流出水が入り込む前に捉えるようにしました。さらに、製品搬入ドックの舗装区域には含油土壌分離ユニットを設置し、雨水が街の雨水排水路に流れ込む前に積極的に汚染物質をろ過して除去するようにしました。


ランドスケープ

gen2_Landscaping-Ventura_S13.jpg
アスファルトやセメントの使用は雨水排水を増加し、非透水性の芝や外来種の植物は大量の水を要します。またスプリンクラー散水は水の蒸発量を増加します。

ランドスケープ: ベンチュラ
ベンチュラ本社敷地内の植物の大半は数十年前に植えられたもので、数々の外来種の成木や植物があります。近年ではほとんどの芝を取り除き(そもそもそれほどはありませんでしたが)、代わりにいったん根付いたら水やりの必要がない自生の植物を植えました。屋外で社員がくつろぐテーブルとベンチのある場所には透水性舗装がしてあり、庭のハーブは社内のカフェテリアで利用されます。

ランドスケープ: リノ
LEEDの基準では、リノ地域における同規模の一般的な商業施設で使用する飲用水量の50%を超えて散水のために使用しないよう求めています。パタゴニアは水を大量に消費する植物や芝生を植える代わりに、さまざまな自生の植物、低木、樹木だけでなく、水をほとんど必要としない何種類かの非自生種を利用する乾性ランドスケープを設計するよう造園技師に依頼しました。芝生も少しはあります。


水使用
水使用: ベンチュラ
一般的に水使用量の大半を占めるのは散水ですが、ベンチュラ本社の敷地内では散水の割合はわずか5%にすぎません。95%は流し台、トイレ、シャワー、洗濯機、逆浸透システム、食器洗浄機による使用です。水使用量を削減するために水不使用の小便器を設置し(2据を除く)、一使用あたり4リットルの水を節約しています。すべてのトイレは大小切り替え式(一使用あたりの流量は5リットルと2リットル)で、洗面台の蛇口は手を離すと2秒以内に自動的に水が止まります。シャワーヘッドは低水量式ではありません。食器洗浄機は1回の洗浄につき8リットルの水を使用します。ラボで素材の「キラーウォッシュ・テスト」に使用する縦型洗濯機は1回の洗濯で60リットルの水を使いますが、節水型のドラム式洗濯機では十分なテスト結果が得られませんでした。敷地内にある3か所の小さな芝生の庭と駐車場の被覆植物はポップアップ・スプリンクラーで水を散布しますが、その他の場所はドリップ式、もしくは水やりの必要がありません。

水使用: リノ
トイレは一使用あたりの流量が約6リットル、小便器は一使用あたりの流量が60ccから360ccで、水を使用しない小便器も2据あります。シャワーヘッドは低水量式で、洗面台の蛇口は標準的なエアレーター式です。化粧室の2つは運動センサーを備え自動的に点消灯します。業務用食器洗浄機が1台あり、標準的な洗濯機1台は1日平均5回使用しています。ウェーダーのテスト現場では同じ水を繰りかえし使用します。


環境と労働に配慮された暖かく末永く使うことのできる衣料品をお選びください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。