高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

{年内無休}(水曜日も休まず営業しております)11/6 patagonia 製品大量入荷!& 秋冬モノ絶賛入荷中!!!!"高知 patagonia パタゴニア正規代理店 ”banzailifestyle"  NosuRFで筋トレ&裾直しでORJINALさん

2013-11-06
未分類
wendenbaum_e_0009_convert_20131101120512.jpg

10275.jpg

11052.jpg
11053.jpg
11054.jpg

沢山のpatagonia製品のほか


オイルドコードの代名詞バブアーやダッフルコートで有名なグローバルオールなどのお取り扱いもあります。

103120.jpg

patagonia正規代理店 ”banzailifestyle” バンザイライフスタイル

103124.png

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  年内無休(水曜日も休まず営業しております)

<クレジットカード各社ご利用可能です>

四国(香川・愛媛・徳島・高松・松山)岡山などの遠方からのお客様にも対応できうる商品量でパタゴニアを展開しております。

駐車場 店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台ご用意がございます。

103121.jpg

店舗前~東隣り駐車場(103番)とも


通常より広々としており


女性のお客様でも駐車しやすいスペースとなっております。


11018.jpg

また店舗の向かいには広い札場西公園があります。


11016.jpg

ご両親はお買い物、お子様は公園で遊具遊びができます。。

11017.jpg

滑り台をはじめ沢山の遊具でお子様が安全に遊べる公園です。


毎日近隣のお子様達で賑っています。


また店舗名 banzailifestyleとは


お客様共々「万歳ナlifestyle」をお送りたく屋号としました。


私自身、高知の郊外型高感度セレクトショップで店長&バイヤーのサポートしていた頃の経験と


酷暑&極寒での毎朝の日課となっているサーフィンや釣り(シーバスやスロージギング)などをとおして


patagonia製品を本気で使い込み


高知のアウトだシーンや普段着で着易い物をセレクトをしております。



<<<TOPICS>>>

11/3プレミアム・BARBOUR入荷です。

英国王室ご用達ブランド BARBOURから新製品のWOOLオイルドjktが入荷してまいりました。

11032.jpg
11033.jpg


11036.jpg

patagoniaともども沢山のバブアー社製品をご覧くださいませ。。

またレディースのビデイルSLも入荷がありメンズの34incとあわせご覧になることが出来ます。

11037.jpg

昨年セールスの良かったポーラキルトjktもXS(女性対応)~XLまで各サイズ入荷しています。

11034.jpg

11038.jpg

メンズ34incは女性対応サイズとなっております。


ビデイルSL(セージグリーン&タン)インターナショナルjkt(ブラック)新製品ウールワックスjkt2色


全て34incからの展開となっております。

BPM144-21.jpg
BPM151-21.jpg

a0165895_17341052.jpg

英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、

1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。

北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まりでした。

その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。

第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時、

ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が証明しています。



1936年、オイルドコットン製のライダース ジャケット、“インターナショナル ジャケット”を発表。

1950〜70年代に開催された6デイズ トライアルサーキットに出場したほとんどのレーサーや、64年に出場した俳優のスティーブ・マックィーンも着用し、ライダース ジャケットの代名詞となりました。

こうして真摯なものづくりとその品質が認められ、1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を賜りました。

エリザベス皇太后の逝去により、現在のロイヤル・ワラント最高峰は3つ、すべてを保持していることは希少な事実です。

70年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国上流階級のアクティビティと密接にリンクすることで
カントリー・ジェントルマンの装いを彩り、英国を代表するアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築きました。

現在ではアウトドアユースだけでなく、ファッションとして自分のスタイルにこだわりのある人々に絶大な人気を誇っています。


11048.jpg

店内は多くのpatagonia製品やインポート衣料品で賑っています。


11047.jpg

ブランケットやバッグ類も豊富に揃っております。


11044.jpg

店内中心より右側がレディース、左側がメンズとなっております。

11046.jpg

patagonia社製レギュレターフリースもR1・R2・R3&キャプリーン3、4とも全色入荷してまいりました。


11042.jpg
11043.jpg

メンズ・レディースともBARBOURコーナーは充実したラインナップとなっております。


来春に控えた消費増税です。。


高額衣料品のご購入は来春までに済ませておいた方が得策です。


11/6   NosuRFで南国ORIJINALさんへ



今朝は5時前に目が覚めるものの


ナウファスみて0.4mで7sec


膝~腰確定。。一瞬、一人で西へ走ろうかな?とも思いましたが


お直しがあったので南国ORIJINALさんとお街の川瀬商店さんへ


11061.jpg

僕が郊外型高感度セレクトショップ岡山店に入社したときからのお付き合いとなっている


ORIJINAL T尾さん


もう22年来となりますね(笑


年々作業スペースが広くなり


ミシンや糸の在庫も多くなり安心して顧客様のお直しをお任せすることが出来ます。


11062.jpg

裾直ししているPTももう数年来のお付き合いをさせて頂いている


H田くんのもの


FOB FACTORYのデニム・ベイカーPT

products_img01.jpg
20130929_f7ccd9.jpg
9457b1.jpg


実は僕も卸して履いており


すごいお気に入りです。。。


FOB FACTORY、、、、なんでここんちの商品が良いかというと


絶対に委託販売をしないこと!これに尽きます。


委託商品とはメーカーがお店に貸し出し


シーズン終了後に引き取るシステムの商品です。


ほとんどのシャツ・パンツ・ジーンズ類は生産コストを10%ほどしか掛けない


自社オリジナル品だったり


貸し出しの委託商品です。


委託の製品もお店&メーカーは通常利幅を得るので


返品されるリスク分の20%ほどの金額を得るために


生産コストを20%ほどカットして10%ほどの生産コストで物作りをしているので


自社オリジナル品&委託商品には魅力のないものばかりとなってしまいます。


生地が薄くミシンで縫ったステッチの間隔もひらいているので


力が掛かったときに破れやすく、毎回のお洗濯でも痛みやすい


長く使えない商品となってしまいます。


洋服を販売するスタッフも元々非正規雇用が多い現場ではありますが


特に最近更にそれが進み


全国的に販売員のスタッフさんがショートスパンでしか雇用されないケースが増えてきています。


商品知識をつけ物を見て着て理解し自分のものにするには


他の仕事同様10年でやっとと思います。


そのため非日常を演出する店内や外装のにみお金を掛け


肝心の商品とそこで働くスタッフにはコストを掛けないお店が増えており


コストを掛けてもらえないスタッフは育たずに辞めていくばあいが多いです。。。


そのため知識なくとも販売できる流行っている物を仕入れそれをコピーする


キャッチーではあるものの上っ面のみの商品が多いのも事実です。


セレクトショップのはずが入店してみて裏地の販売元書いたタグ見てビックリ


ほとんどの製品が自社生産品なんと有名セレクトショップでも当たり前になっています。


セレクトショップがセレクトしていないなんて!いったい!!です。


上層部はトレンドがトレンドがといっているようです。


日本の若い世代や生産国で働く若い女性達を犠牲にして出来上がる


見た目だけキャッチーで上っ面だけの洋服にトレンドと言う言葉は似合いません。。。


食育の服飾版、、、、、、服育、、、、、、


そんなもんちゃんとセレクトされた良い商品をお店が仕入れ


スタッフにコストを掛け育てていれば自然と身につくものです。。。。


低コストのOEM製品(自社ブランド)委託品ばかりの展開だかkら


マニュアル作って言葉でしか伝えられない、、、、、、


何か間違っていると思います。


僕は小売価格の高い商品を購入するとき


目安としていることがあって


とりあえず選挙にも行かないスタッフから購入することはまずないです。


土日休めない服飾小売業、、、経営者側もスタッフが選挙にいけるシステム作りをしてサポートすることが大切です。


選挙にいき一つの業界団体としてまとまることで


より良いアパレル業界になるはずです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。