高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

patagonia秋冬モノ絶賛入荷中!!!!"高知 patagonia パタゴニア正規代理店 ”banzailifestyle" 10/9 予定していた釣行が中止となったため本日19時ぐらいまで営業しております。&増水!でした。

2013-10-09
未分類
100216.jpg


P4082263_convert_20130408180102.jpg

patagonia正規代理店 ”banzailifestyle”

data=Ay5GWBeob_WIPLDYoIWcfVXxvZu9XwJ55OX7Ag,iB3fyBrydNRSRVpgXPqNECB74Jtj-CjHLODxBKRHMGo01S-TuEL-jHvAfk05Trq_Bf_xCk8N1ipMe1J2H88yC4JFDTDOClF9bNVZEeAp


住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  10月は9日(水)23日(水)なっております。

駐車場 店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台後用意ございます。


<クレジットカード各社ご利用可能です>

<<<TOPICS>>>

10/4 EARTH RAGZ ブランケット・¥5040 & クッション・¥2930 入荷です。


earthragz_brand.gif

10043.jpg
10042.jpg

10041.jpg


9/29 BUBOUR&Wemen's Gloverall 入荷です。


100214.jpg
100215.jpg



a0165895_17341052.jpg
英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、
1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。
北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まりでした。
その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。
第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時、
ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が証明しています。

1936年、オイルドコットン製のライダース ジャケット、“インターナショナル ジャケット”を発表。
1950〜70年代に開催された6デイズ トライアルサーキットに出場したほとんどのレーサーや、
64年に出場した俳優のスティーブ・マックィーンも着用し、ライダース ジャケットの代名詞となりました。
こうして真摯なものづくりとその品質が認められ、1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、
1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を賜りました。
エリザベス皇太后の逝去により、現在のロイヤル・ワラント最高峰は3つ、すべてを保持していることは希少な事実です。

70年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国上流階級のアクティビティと密接にリンクすることで
カントリー・ジェントルマンの装いを彩り、英国を代表するアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築きました。
現在ではアウトドアユースだけでなく、ファッションとして自分のスタイルにこだわりのある人々に絶大な人気を誇っています。


10029.jpg

店内、沢山のpatagonia製品がお客様をお待ちしております。

100213.jpg

レディースもフリース類を中心に入荷が進んでおります。


100211.jpg
100210.jpg
10028.jpg

沢山のpatagonia製品に囲まれ幸せを感じる店内です。



10/9 予定していた釣行が中止となったため本日19時ぐらいまで営業しております。&増水!でした。



本日10/9(水)は、予定していた沖吉丸釣行が悪天候のため中止となったため


19:00まで営業いたします。


それ以降にお越しの予定の方はご連絡いただければ20:00まで営業いたします。


10092.jpg

今朝はある程度、増水NosuRFというオプションを踏まえながら


天候が回復した7時過ぎにHOMEへ


やはり増水していて茶色く濁った流れが入っておりNosuRFでした。


川幅はそれほど広がっておらず、水が引けばsuRF可能かと思われます。


明日は高気圧の噴出しで東うねりが当たってくる予報


明朝はS明君との西のbeachでのオシャレボードの浸水式


良い波でありますように!!!


引率のSPくんどうするのかな??


10091.jpg

また今日は元々お休みでインフォメーションしていたのでちょっと遅れても、、、、と思い


北久保のラフさんで髪染めてモジャモジャにして散髪でした。


座ってたらHONDAくんが来たのでhakuyanくんを二人して褒めちぎって撤収でした。


美人ぞろいのスタッフさんにサーファーで癖毛のスペシャリストの店長さんと


トークが弾むお店ラフさんです。


10093.jpg

また昨晩はS明君に頂いた福岡出張のお土産明太子を半分いただきました。


その半分を焼き明太/半分はそのままいただきました。


美味しい芋焼酎にHONDAくんに頂いた高知産の柚子の相性もよく


寝付くまでのひと時をいつも以上に満足に過ごせました。


ありがとうございました。


また実は明太子のせてる器はウェッジウッドのもの!


top_mainphoto49.jpg

ウェッジウッド(Wedgwood & Corporation Limited)はイギリスの陶磁器メーカー。ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年に設立された。

ロイヤルドルトン社と並ぶ世界最大級の陶磁器メーカーの一つである。主に高級食器を製造・販売しているが、アクセサリやタオル、テーブルクロスなども扱っている。


まだ僕が22歳ぐらいのときだから21年前のものです。。


しかも安価なユーズド、、、、だから何年前の器か分かりません。。。


1991年頃、高知から県外出店の1号店のジンファク岡山の盛況ぶりが業界で話題になり


OPENしてから1年ほどして


京都のアルファステーションという会社がジンファク狙い撃ちで岡山に出店してきました。


当時、社内でも危機感から話題になり


同僚らとリサーチにいった際に購入したものです。(数年後アルファステーションは撤退しました)


中古なんで格安でした。


ENGLAND MADEの銀製のポットとウェッジウッドのTeaカップ&ソーサーSetx2Setととこの器x2で


¥15000ほどだったと思います。


今でも銀のポットと器は1枚割れてしまいましたが


コトあるごとに使っています。


高知に来て紅茶は飲まなくなりましたが(笑


いつも刺身を男盛りでしているSAZABY ICLの大皿とウェッジウッドの器とのお付き合いも20年以上になりました。


割れるなどして使えなくなるまで!まだまだ使い続けます。。


四半世紀・半世紀と使い続けてこのblogで紹介したいと思います。


日々様ようなことを選択しましょう。。


そして良いものを愛着を持って末永く使いましょう。。。。


安価な商品やバリュー感のある商品の見えないところでは


昨日の記事のような悲惨な現実が隠されています。


新聞やTVは広告主に不利になるような報道はしません。。。


グローバルヴィレッジ

フェトレードを推奨するNPO法人です。


patagoniaも参加しています。


現patagonia日本支社長の辻井さんの寄稿もあります。


昨日の記事、もう一回貼っておきます。


ビル崩壊事故 「お買い得感」に求められる想像力

文 上間常正

クオリティーやデザインがまあまあなら、価格は安い方がいい。でもどうしてそんなにお買い得なのか? バングラデシュで先月起きた、服の縫製工場がいくつも入ったビルの崩壊事故は、「安さ」についての色々と考えさせてくれる。事故は決して「遠い国での出来事」ではなくて、日本に住む我々の生活や消費感覚とも深くかかわっているに違いないからだ。

 その首都ダッカ郊外のビルは、老朽化した5階建ての上に3階分を建て増しした8階建てだった。そこに5つの工場がぎっしりと詰め込まれていて、重い縫製機械や反物と共に約3千人が働いていた。それが突然すべて崩れ落ちてしまったのだから、現場の悲惨さは想像を超えるものだっただろう。建物の壁には崩落前からたくさんの亀裂ができていて、地元警察も避難勧告を出していたのに、それを無視しての操業が続けられていたのだという。

 崩壊直後に確認された死者は、約300人だった。19日後に助け出された女性のニュースも報じられたが、行方不明の人もまだ多く死者は1千人を超えると見られている。そのほとんどは10代半ばから30代半ばごろまでの若い女性たちだ。なぜそんなことが起きてしまったのか?

 最近は高級ファッションブランドの数百万円から1千万円を超す宝飾品や時計などがよく売れている。その一方で、安さが売り物のファストファッションの、さらに価格を下げたセカンドブランドなどが続々と登場して人気を集めている。これは日本でも進んでいる「格差化」を示す現象の一つだろう。しかし高級ブランドでも服がよく売れているわけではない。消費者が服に以前ほどお金をかけなくなった(または、かけられなくなった)という意味では、価格帯は違っても同じ現象だとも言える。

 だから服が売れるためには、価格をなるべく安くするほかない。買う方にとっても、判断の基準はさまざまにしても「値ごろ感」がよりポイントになる。では、安くするためにはどうするか。ファッション性を重視すれば、素材の質やデザイン、広告のためのコストはあまり削るわけにはいかない。だとすれば、下げるのは人件費と作業環境のためのコストしかない。

 いま、ファストファッションを中心に世界的なブランドの多くが、生産の下請けをアジアや東欧などの賃金が安い国・地域に委ねている。以前は中国が主力だったが、最近では賃金がより低い国に移っている。バングラデシュの賃金水準は中国の3分の1~4分の1以下で、工場の安全基準なども一般にさらに低いようだ。今回の事故を起こした工場でも、発注先に世界的なブランドもいくつか含まれていたようだ。

 事故のニュースを聞けば、遠い国の出来事であっても悼むことはできる。しかし、それが買い物をする時に感じる「お買い得感」と結びつけて考える人は少ないだろう。多分、そう考えなくても済んでいるからだ。しかし、本当は済まないのだ。なぜなら人件費や安全面でのコストカットは、遠い国の委託工場だけではなくて、グローバル企業の本国で働く人たちにも当然及んでいるに違いないからだ。

 今回のバングラデシュの事故を受けて、工場の発注先の大手ブランドに労働条件の改善を要求する署名運動が世界的に広がった。署名はすでに100万を超えたという。発起人の一人で、フェアトレード・ブランドのピープル・ツリーとその母体であるNGOグローバル・ヴィレッジのサフィア・ミニー代表は、安価なファッションが極悪な環境のもとに低賃金で働く女性たちによって成り立っていると指摘。この機会に消費者にもそうした実態について知ることが必要なことを訴えている。

 「安い方を買う」というのは、個人や家計だけに限れば経済的な合理性があるといえる。だが、生活していくための十分な賃金を払い、働く環境にきちんとしたコストをかければ、製品の価格はそれだけ高くなる。そのことに目をつぶった合理性は、全体としてみれば低賃金と働く環境の悪化を自分にも招くという非合理な結果につながってしまう。自己表現の手段であり本来は喜びや楽しさを求めるためのものであるファッションの分野で、そんな非合理な現象が起きてほしくはない。

 ちょっと高くても正当な価格を払って、気にいった服を自分なりのスタイルで長く着る。ファッションにはいまそんなことが求められているのではないだろうか。そして、それは別にファッションに限ったことではない。

uema.jpg


PROFILE

上間常正(うえま・つねまさ)
1972年、東京大学文学部社会学科卒後、朝日新聞社入社。88年からは学芸部(現・文化部)でファッションを主に担当し、海外のコレクションなどを取材。07年から文化学園大学・大学院特任教授としてメディア論、表象文化論などを講義。ジャーナリストとしての活動も続けている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。