高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

patagonia秋冬モノ絶賛入荷中!!!!"高知 patagonia パタゴニア正規代理店 ”banzailifestyle" 9/29 バブアー&グローバルオール入荷です。&波は腰~胸

2013-09-29
未分類
P4082263_convert_20130408180102.jpg

patagonia正規代理店 ”banzailifestyle”


環境と労働に配慮された衣料品を着て


高知で"万歳"ナ"Lifestyle"をお送りくださいませ!


data=Ay5GWBeob_WIPLDYoIWcfVXxvZu9XwJ55OX7Ag,iB3fyBrydNRSRVpgXPqNECB74Jtj-CjHLODxBKRHMGo01S-TuEL-jHvAfk05Trq_Bf_xCk8N1ipMe1J2H88yC4JFDTDOClF9bNVZEeAp


住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  水曜日

駐車場 店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台後用意ございます。


<クレジットカード各社ご利用可能です>

1400x875_Legacy-Line-jp_convert_20130902142706.jpg

今年、patagoniaは創立40周年を迎えます。


40年間に渡り「環境と労働」に配慮されたアウトドア衣料品を販売し続けており


近年とくに多くの年代、様々な趣味を持つのお客様に支持を受け続けています。


それにより親子2代でpatagoniaファンのお客様も多く


更にお孫様のお洋服までpatagonia製品というお客様もいらっしゃいます。


10数年ほど前の独身時代に購入したpatagoniaのフリースを


子供さんが小学生の時に購入したpatagoniaのジャケットを


現在、高校生~大学生ほどになるお子様が譲り受けご愛用していただいている方も多くいらっしゃいます。


創業からわずか40年で親から子へ引き継がれる衣料品メーカーは稀ではないでしょうか?


それらはpatagoniaの企業理念に基づくと思われます。


900x503_Sport_Fish_F13_convert_20130902160529.jpg


本来、全ての企業が果たすべき責任を放棄し利潤の追求のみ叫ばれる昨今


生活を見直し精査し手を挙げる必要があると思います。


「環境と労働」に配慮されたpatagoniaの製品は末永く愛用でき


搾取的労働条件で働かざるを得ない途上国の労働者に十分な福利厚生と給与を与えることができます。


販売するチャンネルで働くスタッフにもポジティブなプライドと安定を与えることが出来ます。


また購入されたお客様も一つの製品が本格的に多用途に末永く愛用でき親から子へ引き継ぐことが出来ます。


作る側、売る側、購入するお客様、皆がWIN!WIN!の関係で繋がれます。


patagonia フットプリントクロニクル


patagoniaではフットプリントクロニクルという活動をしています。


フットプリントとは”足跡”の意があり


生産工程を可視化し足跡を辿る辿れるという試みです。


製品が何処で原材料を調達され、何処でどのように環境と労働に配慮されながら作られているのか


webを通してチェックすることが出来ます。


今年の春にバングラディッシュで起こったコスト削減による違法建築が原因の縫製工場倒壊の未曾有の大事故(3000人が被災し1000人の方の尊い命が失われました。)


広告主であるスポンサーに配慮された形で日本ではまったく報道されませんでした。


小奇麗でオシャレな店内で非日常を漂わせ安価な商品を販売する


そこにある”バリュー感””お買い得感”の影には劣悪な労働条件下で働く途上国の人々や


ここ日本でも使い捨てにされる若者の労働力が隠されていることが問題になっています。


出来るだけ環境と労働に配慮された衣料品をお選びましょう。


これからは一アパレルメーカーとしても


企業の責任を果たすと共に社会貢献の必要性を感じます。



<<<TOPICS>>>

9/29 BUBOUR&Wemen's Gloverall 入荷です。


a0165895_17341052.jpg
英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、
1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。
北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まりでした。
その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。
第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時、
ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が証明しています。

1936年、オイルドコットン製のライダース ジャケット、“インターナショナル ジャケット”を発表。
1950〜70年代に開催された6デイズ トライアルサーキットに出場したほとんどのレーサーや、
64年に出場した俳優のスティーブ・マックィーンも着用し、ライダース ジャケットの代名詞となりました。
こうして真摯なものづくりとその品質が認められ、1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、
1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を賜りました。
エリザベス皇太后の逝去により、現在のロイヤル・ワラント最高峰は3つ、すべてを保持していることは希少な事実です。

70年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国上流階級のアクティビティと密接にリンクすることで
カントリー・ジェントルマンの装いを彩り、英国を代表するアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築きました。
現在ではアウトドアユースだけでなく、ファッションとして自分のスタイルにこだわりのある人々に絶大な人気を誇っています。


920-c-d2_convert_20121022113042.jpg
FOB FACTORYセミドレスシャツ&ヘビーネルシャツ入荷&他店内秋冬モノ沢山入荷しております。


091815.jpg

ロイヤルOX B.Dシャツ クリーニングに出して冠婚葬祭


洗いざらしで普段着と着まわしの効くFOB FACTORYから入荷のセミドレスシャツです。


092814.jpg

こちらは同様のピンストライプ


店内、続々と秋冬モノが入荷しております。

09285.jpg
patagonia&FOB FACTORYコーナー


09281.jpg

patagoniaレトロコーナー


09282.jpg

キャプリーン&レギュレターなどのハイテクコーナー


09283.jpg

レディースはロスロボス VEST 中心に販売が進んでいます。


09284.jpg

レディースコーナー


店内、沢山のpatagonia製品がお客様をお待ちしております。


よろしくお願いいたします。



9/29 バブアー&グローバルオール入荷です。&波は腰~胸







09293.jpg
09294.jpg

まだ検品しておりませんが


今年もイギリス王室ご用、しかもトリプルワラントのBARBOUR&ダッフルCOATの定番Gloverallが入荷してきました。


mwx0318_1.png

今回入荷はビデイルSLのセージカラー&ラストカラーの2色

mwx0604_2_1.png

インターナショナルjkt SL ブラックです。


サイズはレディース対応の34inc~40incと幅広い展開となっております。


09297_convert_20130929121643.jpg


トリプルワラント(三王室ご用達)

現在イギリスでは、約800の企業や個人が御用達のシングルワラントの栄誉をえています。


しかしそれは一王室のみの場合が多く三王室のうち二つがご用達ブランドに加えているブランド・個人のダブルワラントは限られてきます。


更にその上の三王室全てから王室御用達勅許状を得ているトリプルワラントの栄誉を授かっているのは僅か数社に留まります。

・・・100年以上の歴史があるBarbourだが  初めてワラントを得たのは1979年。
  
・・・始めはエジンバラ公の紋章のみであった。1982年にエリザベス女王の紋章を追加。

・・・1987年チャールズ皇太子が勅許し、王室3役(トリプルクラウン)揃い踏みと成りました。。


F原さんに専用ラックを注文しているので上がってき次第店頭に並びます。


よろしくお願いいたします。


09295.jpg

FOBのセミドレスシャツのセールスも好調でS/M/L 3Sizeの入荷でしたが半分ほどになってしまいました。


まだフォローできると思うので興味のある方は是非店頭にてご覧ください。


09296.jpg

またスイッチパブリッシング社よりCoyoteという1冊丸々patagoniaの雑誌が発売されております。


伝説のロードムービー「MOUNTAIN OF STORMS」


イヴォン・シュイナードが1970年代に仲間達とクライミングやサーフィン・スキーなどをしながら


CAから南アメリカの北端に近いpatagonia地方に旅をしたロードムービーが付属されております。





また波は少し下がって腰~胸


面と風がよくなったものの風波らしく


厚く走らせにくい波


まだまだ膝がH状にたためないので不満の残るsuRFでしたが


結P・輪P・絢P・凌Pとパパ友勢ぞろいで楽しいsuRFとなりました。


まぁT博くん・UMEちゃん・F川君・Eジくんですが(汗


独身のTヤンパイセンが仕事で来れなかったので肩身が狭かったりもして(笑


それでも少しづつ体重が減っているのとパドルや背筋力が戻ってきているので


波によっては良い感じで乗れる波もありますが


厳しいところに当てにいったら下りの垂直壁が、、、、、恐いですね(汗


嫌なイメージ染み付いております。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。