高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーSALE開催中!!"高知 patagonia パタゴニア正規代理店 ”banzailifestyl" 8/1 オーダーボード&オーシャン沖吉丸足摺釣行報告

2013-08-01
未分類
07266.jpg

本日7/26(金)よりSUMMER SALEを開催しております。


"patagonia" "go slowcaravan" などなどSALE価格にて販売中です。


よろしくお願いいたします。


P4082263_convert_20130408180102.jpg


patagonia正規代理店 ”banzailifestyle”


当店をフィルタリングして


高知で"万歳"ナ"Lifestyle"をお送りくださいませ!


data=Ay5GWBeob_WIPLDYoIWcfVXxvZu9XwJ55OX7Ag,iB3fyBrydNRSRVpgXPqNECB74Jtj-CjHLODxBKRHMGo01S-TuEL-jHvAfk05Trq_Bf_xCk8N1ipMe1J2H88yC4JFDTDOClF9bNVZEeAp


住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 

営業時間 12:00~20:00

定休日  水曜日

駐車場 店舗前2~3台&東隣り駐車場103番3台後用意ございます。


<クレジットカード各社ご利用可能です>


07261.jpg

patagonia社製、速乾ドライTEEやボードショーツなどもSALE対象アイテムです。


07264.jpg
07262.jpg

オーガニックコットンTee&go slowcaravanのショートパンツ&シャツなどもSALEです。


072612.jpg
072611.jpg

レディースコーナーもSALE価格にて販売中です。


07265.jpg
07269.jpg

キャップ&ハットコーナーもSALEです。


また50%OFFコーナーもございます。



8/1 オーダーボード&オーシャン沖吉丸足摺釣行報告


まずはオーダーボードの進捗状況です。


08012.jpg
08011.jpg

M本くんオーダーボード 


まだ大学生だった頃の当店のOPEN以来、お世話になっているM本くんのオーダーです。


SUPERのリピートです。


佐藤氏の還暦のお祝いにもBENさんと共に駆けつけ積極的に高知と関わりをもつ姿勢は良いことと思います。


これからもよろしくお願いしますね!


また昨日のフィッシングガイド・オーシャン 沖吉丸での足摺岬~六の瀬釣行報告


08013.jpg

3時出船で一人旅ということで前乗りして


土佐清水港で車中泊


といっても11時半に着いたので2時間ほどの仮眠取っただけ


で、、、、、、


まさかのK田船長の寝坊で3時半出船。。。でした~~~


今回はTEAMモリタの香川支部長さんのメンバーがチャーターしているところを


無理をいって乗せていただきました。


皆さん、スロー以前のハイピッチからやっているような猛者の方々です。


年齢は43歳の僕と一緒ぐらいか、ちょっと上、下ぐらいの感じではと思います。


サーファーは皆さん若目に見えますが釣人は


それなりの方から若く見える方までいらっしゃるので。。。。。


そんなメンバーで出航後


潮が4ノットで風も向かい風、船が中々進みません。


足摺岬沖の水深100m前後の海底の山の頂上付近の淵に着くまでに2時間少々


釣り座は当然のことながら最潮下ミサオ


昨日はトモの方からポイント入っていたのでミサオが潮下


一番不利なここで釣ると気持ちいいんです!ね。。


サーフィンでいうと難しいチューブに限って抜ける的ナ(笑


難しいチューブは勉強中ですが(汗


しかし潮は3ノット=時速6キロだそうで。。だいたい人が歩く程度の早さでし(汗


甘くはナイです。。


100mそこそこの水深、通常なら100g~150gですが


500gでも底取り微妙


皆、600g前後を投入


それでも数回底取ると糸が斜めになって底取り出来ません。


無理に底とっていると¥4000アップの高価なマニアシリーズのジグがすぐに根掛りします。


昨日だけで一人、3,4個は地球に持ってかれました(汗


潮が速い上に根が以上に荒いです。。。そりゃ魚いるはずです。。。。


が、スロージギングはジグがある程度、真下にジグがないと成立しない釣り(これは後に説明しますが)


魚探に映っている割にかなり難しい一日になることは必至でした。。


08014.jpg

そんな中、1発目は隣の釣座下2の香川の有名骨付き鶏店「一角」で店長をしていて独立されたT井さんに


ガチガチに〆たドラグのマーフィックスからラインが出るので


マハタ・カンパチかと


隣でいいのやられると萎えるのでメダイちゃんで、こっちが一息


08015.jpg

昨日、唯一のカンパチを釣り上げた方


見てください!すごい笑顔です。。。。羨ましい


カンパチは同一サイズの固体で群れで居ることが多いので


これで船中、カンパチモードになりましたが


後が続かず


潮は相変わらず飛んでいます、、、、(汗


この頃、未使用だったCX500gを投入後


まったく底取りが出来ずにラインが200mほどでる事故がありました。


まったく止まりません。。。。


サメ確定でスプールロック


高切れ(汗 もう少し早く気付いていれば、、、、、100mは飛ばしました(悲


まぁ1200m巻いているジガー4000番だったので糸はまだまだありますが、、、


08016.jpg

で、まーたT井さん 良型の真鯛


逆行でスミマセン(汗 綺麗な色の鯛60cmアップでした。


ここまでで多分9時ぐらい


リーダーのO田さんとK田船長がアカヤガラの大きなのを上げていたので


上潮がぶっ飛びで底潮は悪い感じです。


隣の釣座のM本さんに「今日はT井DAYやなぁ」と


香川弁、、、、懐かしくもアリ気恥ずかしさもありますね。。。。聞いていると(笑


その後、何度か大幅なポイント移動後


08017.jpg

もう大海原で360℃水平線


08018.jpg

お目当てのハガツオゲットです!!!


口の周りの弱いハガツオでしたが一番外れにくいところ針が入っておりラッキーでした。


大物狙いではないですが高知で釣れる魚で一番美味しいのがこのハガツオ


以前、宇佐沖で釣れた以来見てなかったのでラッキー


この時は買ったばかりの出SPYⅤ 700gを回収中に交通事故で「ドン!」と


T井さんを挟んだ逆のY本さんにも同じ回収中にこれよりちょっと大きいのが掛かっておりました。


船中、美味しい魚に沸きましたが、しかしこれも後が続かず


080110.jpg

ということなので潮の速い海底山の頂上付近の淵をあきらめ


インサイドの漁礁打ち  100m 0.5ノット あまり潮が動いていないようですが


とりあえずラインが真下に出て行きます!


やっとスローが成立する状況


ポセイドンでも固い部類の竿 6ozと600からリールを外して


得意の3oz ジグは相変わらずfreq 300gアップで


上げの後半のロッドワークに要注意して例のフワフワ


080111.jpg

すぐに魚が応えてくれました。


良型のウッカリカサゴ


美味しい魚ゲットです。


そのころリーダーのO田さんも良型のイズカサゴ(コレも美味しい)を2本ゲットしていましたが


大物でないため写真はNGとのこと


080112.jpg

僕に大きなアタリがありばらした後


K田船長


相変わらず釣らせるより釣るのが上手い船長だ(笑


お客さんが釣った直後に竿の穂先見て魚種当てる彼の洞察眼には恐れ入ります。


オーシャン・沖吉丸乗るといつも勉強になります。


080113.jpg

エビスダイとイズカサゴ


両方とも高級魚!


僕もイズカサゴとエビスが欲しかったので


このアタリからマハタ諦めてネチネチやりだします。


そうなると1流し1尾ペースで魚が応えてくれます。。。


マトウダイ、アジ、、、、、、、やっと本命のイズカサゴ


連チャンでそろそろ漁礁は〆るそう。。。


帰りながら浅場やって撤収となりました。


080114.jpg

足摺岬


080115.jpg

アジとマトウダイは差し上げて


美味しい魚のみ持ち帰り


楽しかったスロジギが成立していた漁礁打ち、もうちょっとやってたら更に釣果が伸びていたとおもいますが残念タイムアップとなりました。


昨日のツボはやはり初速抑えて魚を散らさないように心掛け


徐々にジグのスピードを上げ


ストップかな?。


そうすることで魚を散らすことなく、トップの急なストップでリアクションバイト拾えます。


僕のイメージですが(汗


また佐藤氏が言うようにフィッシュイーターは7:3でフォールで食ってくると思います。。


またそれように開発されたスロースキップのフォールを最大限に引き出すのには


上げたジグのトップでの姿勢を安定させることが肝心です。


ただただ「トン!」と上げるだけでは


ラインが少しでも斜めになっていると


ジグはストップすることなくダラダラとスライド気味に斜め方向上がって止まることなく


また斜め下に落ちていくとおもわれます。


そうなるとジグが横へ向くのはトップから少し落ちてからになります。


それでは上げからのストップでリアクションバイト


ストップからの急なフォールでのリアクションバイト


フォール中のジグのイレギュラーダートでのリアクションバイト


とトップ付近~フォール中で3つあるチャンスの前2つが使えなくなるので


僕は特にトップでのジグの姿勢を気にするためロッドティップに気を使います。


これらのことは先月DEEPのテスターの三重の#68さんに来店していただき


「ロッドエンドを脇に挟まず肘に当てるか」という質問に


「色々な方向・角度にロッドを動かすため」と明確に答えて頂いたことから


僕の推察です。。。。


ジグが形状により色々な動きをするといっても


それは基本フォール中のこと


上げでは上に引っ張られるだけなのでどのジグもそんなに変化は無いと思われます。


ただノーズやアウトラインの形状により


潮噛みによる横へ向く力タメの


力の掛け具合やスピードに違いがあるということぐらい


だとしたら何のために色々な角度・方向にロッドを動かし上げるのか?というのは


水深での水圧や潮の動きによりトップで安定しないジグを安定させるためではないかと!思います。


と思います。間違っていたらゴメンナサイ(汗



次回は来週


またオーシャン・沖吉丸 K田船長です。。。。


来週も美味しい魚釣れてくれれば良いですが(汗





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。