高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知 patagonia パタゴニア ”banzailifestyle バンザイライフスタイル” 11/11 中土佐沖底物調査

2012-11-11
未分類
1400x875_carston-jp_convert_20121107121653.jpg


PA091961_convert_20121009131350.jpg


高知 patagonia正規代理店 ”banzailifestyle”

営業時間 12:00~20:00

定休日  無し(秋冬シーズン終了まで)

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 


クレジットカード各社ご使用できます。


map.gif

札場西公園北隣りとなっております。


PA091963_convert_20121009133832.jpg

店舗前に整備された公園がありお子様を公園で遊ばせながら商品を見ていただくことが出来ます。


駐車場は店舗前に2台~3台停めれるスペースがありますが、東隣の駐車場に3台(103番)駐車可能となっております。


運転の苦手なご高齢・女性のお客様にも安心して駐車していただる駐車場です。


P9201842_convert_20120920115243.jpg


赤いパイロンが目印の103番です。並びではなく、この向かいにもう一台103番駐車スペースがございます。


また店舗内の様子はというとpatagoniaの秋冬物を中心にFOB FACTORY やペンドルトン・イギリス王室ご用達ブランド”バブアー”やダッフルコートで有名なグローバルオールまで充実した店内となっています。

P9091784_convert_20120909123034.jpg


PA252024_convert_20121025115356.jpg


PA252025_convert_20121025115415.jpg


PA252026_convert_20121025115434.jpg


PA252021_convert_20121025115255.jpg


PA252022_convert_20121025115316.jpg


PA252023_convert_20121025115335.jpg


PA232019_convert_20121023152602.jpg

レディースやBAG・アクセサリー類も充実しております。


店内、沢山のpatagonia製品・インポート製品・小物などなどですが



環境問題や労働問題に配慮された末永くご愛用できる商品ばかりをセレクトしています。


ぜひご来店くださいませ!


また一日の平均気温もグッと下がりだし


フリース類は元よりpatagoniaよりナイロンシェルをご覧になる方々がふえました。


フランスの某2社やそれのコピー商品が出揃い過食気味のダウン製品から


高知の冬に使いやすいR2に代表される軽く暖かいフリース+薄手アウターのコーディネートを探す方が多いようです。


そんな中、patagoniaのストームjkt&スーパーセルjktはご使用頻度や用途に応じお選びください。

今年フルモデルチェンジのpatagoniaナイロンシェルの金看板 ストームjkt

PA041935_convert_20121004150249.jpg

Patagonia Men's Storm Jacket   ¥36,750 (税込)

H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用し、防水性/透湿性を備えたパタゴニアの定番ジャケット。軽い登山やスキーに最適で、今シーズンはフィットを改良し、デザインもアップデート


メンズ・ストーム・ジャケット
20年以上前にパタゴニアがシェルの製造をはじめて以来、滝のような豪雨や山上の雪嵐などでその機能性を実証してきたストーム・ジャケットがさらにパワーアップしました

。H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用した2層構造のダブルリップストップ・リサイクル・ポリエステル素材は重量を大幅に削減しながらも防水性/透湿性バリヤーとデリュージDWR(耐久性撥水)加工により水分を寄せ付けず、肌触りが快適なハンギングメッシュとタフタの裏地を備え、さらにすべての縫い目はシール処理済み。デザインとフィットを全体的によりすっきりとアップデートしました。外側のジッパーはすべてかさばらないストームフラップを備え、あごにあたる部分の内側にはソフトなマイクロフリースの裏地を施しました。2通りの方法で調整可能なフードはヘルメットの着用に対応し、防水性加工済みのピットジッパーは余分な熱を逃します。ポケットは内側にジッパー式ポケットが1つと、ジッパー式ハンドウォーマーポケットが2つ(プリーツを押さえた構造によりポケットの容量が増加)。袖口は共布のタブで調節でき、水分の侵入を防ぐ、ストームフラップを最小限に抑えたフロントジッパーと2つの調節ポイントを備えたドローコード付きの裾が温かさを閉じ込めます。




PA041934_convert_20121004150226.jpg
Patagonia Men's Super Cell Jacket    ¥34,650 (税込)

超軽量のゴアテックス・パックライト使用


丈夫ながら非常に軽量でコンパクトに収納できるすっきりとしたデザインで、ライト&ファストのアクティビティに緊急用レインウェアとして携帯するのに最適なジャケット。究極の効率性を提供するパックライト®プロダクト・テクノロジーを施した、最軽量のゴアテックス®ファブリクスを採用


メンズ・スーパー・セル・ジャケット
中間点を過ぎたと思ったら、快晴だった空から突然の土砂降り…。そんな非常事態でも続行を可能にするのが、丈夫ながらすっきりとパックに待機していてくれるこの軽量な防水性/透湿性ハードシェルです。パックライト・プロダクト・テクノロジーを施したゴアテックス・ファブリクスは、ゴアテックス・メンブレンが内側のレイヤーによって保護されているので個別に裏地を設ける必要がなく、パタゴニアがライト&ファスト用に作るゴアテックス製アルパインシェルの中で最軽量を実現しています。2通りの方法で調整可能なフードはヘルメットの着用に対応し、つば部分のフォームにより悪天候下でも視界を確保。埋め込み式のタッチ・ポイント・システムを採用したフードと裾のコードロックはすばやい調節が可能で、脇の下に施したまち付きパネルにより腕を上げても身頃がずり上がらず、袖口にはまちと目立たないクロージャーが付いています。ハーネスの着用に対応する配置のポケットとピットジッパーには、水分の侵入を防ぐジッパーを使用しました。


PA041936_convert_20121004150331.jpg

Patagonia Men's Torrentshell Jacket   ¥17,850 (税込)

余分な飾りは一切省いた、コンパクトに収納できるジャケット。H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用し、防水性/透湿性を備えた2.5層構造のナイロン製ハードシェル素材で悪天候にしっかりと対応 


メンズ・トレントシェル・ジャケット
息を呑むような風景はさておき、パタゴニア南部は雨が多いことでも有名。そんな場所でのびしょ濡れのトレッキングやハイキングには、H2Noパフォーマンス・スタンダードのプロテクションを提供するシンプルなトレントシェルをどうぞ。素材はデリュージDWR(耐久性撥水)加工と防水性/透湿性バリヤーを施した丈夫ながら軽量な2.5層構造のナイロンで、カラビナ用ループが付いたジッパー式ハンドウォーマーポケットの1つに本体を収納可能。つばの部分にフォームが入ったフードは使用しないときは巻いて留めることができます。フロントジッパーは外側と内側にストームフラップを備え、ベンチレーションを促進するピットジッパーもストームフラップ付きで、ジッパーはいずれもデリュージDWR加工済み。首にあたる部分にはマイクロフリースの裏地を施し、袖口にはテープ留め、裾にはドローコードが付いています。


PA041937_convert_20121004191403.jpg

Patagonia Men's R2 Jacket ¥21,000 (税込)

通気性と伸縮性を備え、シェルの下にインサレーションとして着用するのに最適な軽量なジャケット。ハイロフトながらコンパクトに収納可能なレギュレーター・フリースを使用 

PA041938_convert_20121004191429.jpg
昨日入荷したR2・R3 jkt

Patagonia Men's R3 Hi-Loft Jacket   ¥24,150 (税込)

レギュレーター・フリース製の中間着の中で最も温かいジャケット。ハイロフトながらコンパクトに収納可能で、最小限の重量で最大限の保温性を発揮



女性用のナイロンシェルも入荷してきました。
PA041939_convert_20121004191640.jpg

Patagonia Women's Torrentshell Jacket   ¥17,850 (税込)

余分な飾りは一切省いた、コンパクトに収納できるジャケット。H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用し、防水性/透湿性を備えた2.5層構造のナイロン製ハードシェル素材で悪天候にしっかりと対応 


ウィメンズ・トレントシェル・ジャケット
息を呑むような風景はさておき、パタゴニア南部は雨が多いことでも有名。そんな場所でのびしょ濡れのトレッキングやハイキングには、H2Noパフォーマンス・スタンダードのプロテクションを提供するシンプルなトレントシェルをどうぞ。素材はデリュージDWR(耐久性撥水)加工と防水性/透湿性バリヤーを施した丈夫ながら軽量な2.5層構造のナイロンで、カラビナ用ループが付いたジッパー式ハンドウォーマーポケットの1つに本体を収納可能。つばの部分にフォームが入ったフードは使用しないときは巻いて留めることができます。フロントジッパーは外側と内側にストームフラップを備え、ベンチレーションを促進するピットジッパーもストームフラップ付きで、ジッパーはいずれもデリュージDWR加工済み。首にあたる部分にはマイクロフリースの裏地を施し、袖口にはテープ留め、裾にはドローコードが付いています。



PA041929_convert_20121004150058.jpg

Patagonia Women's Torrentshell Trench Coat    ¥23,100 (税込)

軽量でコンパクトに収納でき、悪天候に対応する都会風のトレンチコート。H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用し、防水性/透湿性を備えたリップストップ・ナイロン製で、デリュージDWR(耐久性撥水)加工済


ウィメンズ・トレントシェル・トレンチ・コート
快晴のソーホーで地下鉄に乗り、20分後ハーレムに着いたら土砂降りの雨…というときは軽量でコンパクトに収納できるうえに上品なこのトレンチコートをハンドバッグから取り出しましょう。素材はH2Noパフォーマンス・スタンダードを採用した2.5層構造のリップストップ・ナイロンで、質感のある内側は肌からの水分を外側へ発散します。隠しスナップ留めで付け外しできる調節可能なフードを備え、フルレングスのスナップ留めの前立てとツーウェイ・フロントジッパーにはストームフラップ付き。肘は動きを妨げない立体形状で、袖口は2つのスナップ留めで調節でき、プリンセスシームと背部に伸縮性を施したウエストがフェミニンなシルエットを描きます。スナップ留めフラップ付きポケットが2つと内側にジッパー式メッシュポケットが1つ付いています。膝上までの丈。



11/11 3時起き⇒4時半現地集合で中土佐沖底物調査


今朝はMっキンくんと久札港に4時半集合で


初の中土佐沖に底物調査にいってきました。


msm_wa_cs_1_21Z10NOV2012.png

予報では昨夜から南東風が強く吹いている予報でしたが


湾内は無風で沖はオフショア


北よりの風です。。


厳密にいうと北東もしくは北北東


これが大事だったことは後に身に染みて


分かります。。。。


PB112065_convert_20121111111256.jpg

始めのP オウモンハタ


80mラインだったかな???


さすがMっキンくん


ダミキJPNとバレーヒルのテスターやっているだけあります。


SPY5の僕にはカスりもしません。。。


中土佐沖は、基本的にベイトの反応が顕著なことが少なく


根や漁礁を上の小さな反応でも丁寧に探ってイク


釣りのようです。


この1本で反応がなくなり


40分ほど掛けて興津沖に


その頃から風がオフから南東に変わり


海も徐々に時化もように


そんな中、またMっキンくんにまたアタリ!


ビッグファイト!!!


が惜しくもブレイク!


どうやらサメの多い海域とのことだったので


サメとのこと???でした。


その頃から更に風とうねりが強まり


ラインも真横、、、、撤収です。


興津沖に着て3回ほどしか流してません(汗


しかし結構荒れそうなんで命にはかえられません。。ね


横から来るうねりを交わしながら


ノロノロ蛇行運転を続けること1時間ほど


冷や汗かきながら岬の数数え


「あれ志和?矢井賀?上の加江?」と



なんとかやっと久札湾まで帰ってきました。


南東うねりなんで湾の入り口も変わらず雨風うねり拾うものの


やっと安堵でした。


しかし寄港途中、パーリングしそうになること数回


転覆とまではいかないまで


「ヒヤっ」とした感数回はありました。


その後、後片付けをして


雨宿りしながら、まぁ「えい判断やったね!」


なんて安堵から冗談交えつつ話していたら、、、、、


さっきまで静かだった湾内も横殴りの雨風⇒暴風雨


「あぶなかった!!!」


後、30分でも粘っていたら?と思うと、、、、、、


セーフ!でした。


Mっきん船長、操船ご苦労様


また行きましょう!


msm_wa_cs_6_02Z11NOV2012.png

お店出てきてGPV見ると


9時でこれもんですから、、、、、


早朝の予報ばかりに気をとられすぎでした、、、、、、、、


また水曜日も大荒れの予報


まぁ船頭さんが風上に向けて船を立ててくれるし


風波なので、風と波が同一方向なのでなんとかやれそうな感じはありますが、、、


本命のクロムツPまで行けるかどうかは不明


船が速く流れることもありえるので


ジグも必然的に重くなりそうです。


それを察知してTヤンくん


どうやら取り置きしてもらっていた


EG ポセンドン ハイピッチジャーカー 600


通称ロクマルマル取りに行くそうです。


さすが負けたくない男43歳Tくんです。


しかしこちらも


負けられない秋2012 愛という名のもとに、、、、フォーエバー


なので


意味がまったくわかりませんが、Tやんくんには負けられません。。。。


ブーショーです。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。