高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知 パタゴニア patagonia 正規取り扱い店 ”バンザイラフスタイル””banzailifestyle” 10/29 腰程度

2012-10-29
未分類


1400x875_manley_j_convert_20120929120901.jpg


PA091961_convert_20121009131350.jpg


高知 patagonia正規代理店 ”banzailifestyle”

営業時間 12:00~20:00

定休日  無し(秋冬シーズン終了まで)

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 


map.gif

札場西公園北隣りとなっております。


PA091963_convert_20121009133832.jpg

店舗前に整備された公園がありお子様を公園で遊ばせながら商品を見ていただくことが出来ます。


駐車場は店舗前に2台~3台停めれるスペースがありますが、東隣の駐車場に3台(103番)駐車可能となっております。


運転の苦手なご高齢・女性のお客様にも安心して駐車していただる駐車場です。


P9201842_convert_20120920115243.jpg


赤いパイロンが目印の103番です。並びではなく、この向かいにもう一台103番駐車スペースがございます。


また店舗内の様子はというとpatagoniaの秋冬物を中心にFOB FACTORY やペンドルトン・その他インポート小物などで充実した店内となっています。

P9091784_convert_20120909123034.jpg


PA252024_convert_20121025115356.jpg


PA252025_convert_20121025115415.jpg


PA252026_convert_20121025115434.jpg


PA252021_convert_20121025115255.jpg


PA252022_convert_20121025115316.jpg


PA252023_convert_20121025115335.jpg


PA232019_convert_20121023152602.jpg

店内、沢山のpatagonia製品・インポート製品・小物などなどで賑っております。。


環境問題や労働問題に配慮された末永くご愛用できる商品ばかりをセレクトしています。


昨今の韓国・中国との摩擦も元を正せば


先進国と国民として僕達が少しでも安価な商品を求めたばかりに


過去数十年に渡って世界の工場であるアジア諸国では幼児雇用が跋扈し


教育を受ける機会を失ったまま大人になった民衆による蜂起・決起ともいえます。


教育を受けてこそ、その国の国民としての権利・義務をしり近隣諸国と一緒に発展が望めます。



環境問題・労働問題に配慮されたpatagoniaの製品や末永く愛用できうるMADE IN JAPAN/USA をお選びください。。。


様々な問題が解決の方向に向かいます。


またpatagonia社は、株式を上場しておらず


自由度の高い経営ができます。。。


それがコスト削減が声だかに叫ばれ、環境問題や労働問題が後回しにされている昨今


そこに配慮することが、唯一のブランドイメージの向上・維持への解決策と思われます。


ブランドイメージが末永く良いブランドの顧客様は、そのブランドの商品を末永く愛用する傾向が強くあります。


10/29 腰程度のヨレた波




今朝は発達中の東海上の低気圧からのうねりを期待していましたが


吹き続いた北風にかき消される感じで


Setで腰程度


しかも潮が多くヨレの入ったライトのダンパーとレフトは流れに影響されてノーブレイクでした。


画像はiphoneでとってウェブMAILに送ったんですが


上がってきませんでした。。。


YAHOOのサーバーですが、、、、、



またpatagoniaの活動の一つをご紹介

F2_Salmon-Jerky_0327_S12-jp.gif
食べることによってサーモンを救う


サーモンはただの魚ではありません。巨大なサーモンの遡上は、かつて南カリフォルニアからアラスカ北極圏までの川を埋め尽くしました。それらは沿岸生態系の活力源であり、豊かな太平洋から不毛の内陸まで栄養素を運ぶ自然の導管でした。サーモンが運んできた海の要素は何千キロもはなれた内陸で発見され、森や山の奥深く、そしてクマやオオカミや人間のお腹へと運ばれています。

サーモンが豊富だったころ、それは人口を繁栄させ、捕獲のために人びとが集まった場所は文化や貿易の中心となっていました。海岸線の先住民たちにとって、サーモンは生命そのものを意味していました。そして今日も、これらの魚はいまなお深い意味をもっています。サーモンは野生、澄んだ水、そして潮と季節の古代のリズムへのつながりのシンボルです。

野生の太平洋サケは1万年ものあいだ人間の食糧となってきました。それは体だけでなく、魂にとってもでした。毎年のシーズンになるといつも、私たちはサーモンが海から戻ってくることに心を慰められてきました。けれどもサーモン漁業界に存在する破壊的なやり方を変えなければ、サーモンの遡上は年々疑わしくなってきます。

すべてのサーモンは平等に生まれてはいない
食べても大丈夫な海産物はどれなのか、わかりにくくなってきています。サーモンもその例外ではありません。美味しくて、タンパク質と心臓の健康によいオメガ3脂肪酸たっぷりのサーモンですが、その漁業界には重大な問題があります。

網の囲いを使った工業規模のサーモン養殖場は、その膨大な廃棄物汚染、病気、寄生虫、化学薬品により、野生のサーモンの個体数に大きな悪影響をおよぼします。海の肥育場で養殖されたこれらの魚には、グレーの肉色をより自然なピンク色に見せるため、着色した餌が必要です。これだけではまだピンとこないということなら、養殖サーモンにはたいてい抗生物質、濃縮ポリ塩化ビフェニル、またその他の化学薬品が含まれています。

野生のサーモンはその移動過程により沖で種が混ざり合います。よって商業漁業者はどこから来たサーモンなのかわかりません。健全な個体数の種にターゲットを絞ることはできても、実際の捕獲時には危機にさらされた種が混ざる可能性があり、それは実際、頻繁に起こっています。

大規模な川での刺網漁業では、健全な魚種と生存が危ぶまれる魚種とを区別することができず、遭遇する魚のほとんどを殺してしまいます。たとえばスキーナ川ではピンクサーモンとベニザケは非常に豊富ですが、刺網を使用すると許容不可能な数のコーホーやスチールヘッドを混獲してしまいます。

幸いなことに、野生サーモンの遡上にはまだ健全で維持可能なものもあります。これらの魚は捕獲して食べることができ、いくつかの意味で私たちをよい気分にさせてくれます。つまり、私たちは魚を知り、厳選して捕獲すれば良いのです。

アパレル会社が魚について知っていること
奇妙に聞こえるかもしれませんが、私たちの魚のストーリーについての発端はコットン業界です。1990年代はじめ、コットンTシャツの新製品が入荷したあるパタゴニア直営店の従業員が、頭痛を訴えはじめました。空気質を分析してみると、コットンTシャツに使われているホルムアルデヒドやその他の化学薬品が従業員に害を与えていることが確認されました。通気を良くすることでその問題を解決するよう勧められましたが、それでは真の問題を回避しているように思えました。

少し調査をすると、従来の方法で製造されているコットンは地球に最も悪影響をおよぼす産業のひとつであることがわかりました。大量な化学肥料、殺虫剤、落葉剤などが必要なだけでなく、その加工工程にも莫大な量の塩素系漂白剤や有害な染料、ホルムアルデヒドが使われているのです。

私たちは早急に対応し、製品にコットンを使用するのを止めようとしましたが、ボイコットすることは何の変化ももたらさないことに気付きました。「悪い」コットンは引きつづき育てられ、加工されて、他の誰かがそのコットンで洋服を作るからです。

となると唯一の解決策は、厳選した栽培業者/加工業者と協力し、パタゴニア製品のためのオーガニックコットンの供給源を作ることでした。1996年までにパタゴニアは、全製品ラインのコットンを100%オーガニックに切り替えました。たしかにコストは嵩みましたが、この決断によって何千キロもの有害な化学薬品を環境から締め出すことができ、またお客様もすぐに新しいオーガニックコットン製品は着心地もより良く、長持ちすることを知りました。これはパタゴニア最大の成功物語のひとつです。

いま私たちは同様の変革をサーモン業界にもたらしたいと考えています。

源へ遡る
成功するためには、パタゴニア・プロビジョンのサーモン製品が世界で最も優れたものでなければならないと理解しています。このために、ブリティッシュ・コロンビアのテラス在住の伝説的なスモークハウスのグルであるハラルド・コスラーと協力し、念入りにテストをしました。私たち自身が食べ出したら止められないハラルドの珍味は、市場で最も美味しくヘルシーなサーモン製品だという自信があります。

けれども私たちの高い目標を達成するためには、まったく新しい魚資源の調達システムが必要でした。そこでカナダの魚保護団体〈Skeena Wild〉とともに持続可能で、また刺網や地引き網、あるいは伝統的な先住民の捕魚車やすくい網による、川での漁場を選定しました。これらの限定収穫技術はより高い品質の魚を得られるだけではなく、ターゲットではない種を生存させ、産卵させるというより重要な役割も果たします。またこの調達工程によりパタゴニア・プロビジョンは、自然保護非営利団体を活発なパートナーとする初の水産ビジネスになりました。

ブリティッシュ・コロンビア北部にあるパタゴニアの魚加工工場は、地元の人々に職を提供し、「付加価値のある製品」の「価値」をそのコミュニティ内に保っています。この業界最先端の工場は非の打ち所のない健康水準の下に経営されています。食品健康認定だけでなく、ISO 22000のトップ認定を受け、カナダ食品検査庁傘下に属します。私たちは現在、廃棄物ゼロの操業を目指し、漁業副産物の完全再利用に取り組んでいます。

野生のサーモンの将来
今日のサーモン漁業界は壊れたビジネスモデルです。あまりにも多くの危機にさらされた種が、無差別な捕獲と維持不可能な養殖技術により、さらに減少していっているのです。何かを変えなければなりません。その変革のために最善なのは市場を基盤とした解決策であると、パタゴニアは考えます。そこで私たちが目標としているのは、サーモンを限定収穫することは可能なだけでなく、良いビジネスであるという付加価値をも実証する、という新しいモデルを作ることです。皆様の助力によって私たちの試みが成功すれば、それは現行の水産業を改革し、野生のサーモンの将来を保護するチャンスを作ることにつながります。

私たちが水産業について知っていることは何か。もしかすると私たちにはより良い変革をもたらすために十分なだけの知識があるかもしれません。皆様のご協力に感謝します。



世の中様々な問題に対してネガティブにならず、ポジティブにアクションを起こしている


パタゴニアというアウトドア・アパレルブランドは唯一無為とも思えます。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。