高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知 パタゴニア patagonia 正規取り扱い店 ”バンザイラフスタイル””banzailifestyle” 10/27 宇佐沖ネイリ調査

2012-10-27
未分類
1400x875_manley_j_convert_20120929120901.jpg


PA091961_convert_20121009131350.jpg


高知 patagonia正規代理店 ”banzailifestyle”

営業時間 12:00~20:00

定休日  無し(秋冬シーズン終了まで)

住所   高知市札場 3-38

tell  088-882-4330 


map.gif

札場西公園北隣りとなっております。


PA091963_convert_20121009133832.jpg

店舗前に整備された公園がありお子様を公園で遊ばせながら商品を見ていただくことが出来ます。


駐車場は店舗前に2台~3台停めれるスペースがありますが、東隣の駐車場に3台(103番)駐車可能となっております。


運転の苦手なご高齢・女性のお客様にも安心して駐車していただる駐車場です。


P9201842_convert_20120920115243.jpg


赤いパイロンが目印の103番です。並びではなく、この向かいにもう一台103番駐車スペースがございます。


また店舗内の様子はというとpatagoniaの秋冬物を中心にFOB FACTORY やペンドルトン・その他インポート小物などで充実した店内となっています。

P9091784_convert_20120909123034.jpg

PA091955_convert_20121009133854.jpg

PA091956_convert_20121009133917.jpg


PA232019_convert_20121023152602.jpg

ブリティッシュ・コーナー作ってみました。。


PA232020_convert_20121023152637.jpg

レディース・コーナー増設しました。。。


PA091958_convert_20121009134000.jpg

レディースのモコモココーナー

PA091960_convert_20121009134047.jpg

BAG & レディースフワフワコーナーです。


レディースのpatagoniaもかなり充実してきました。


またパタゴニアの製品以外にもお客様に興味をもっていただきたく


今秋冬からイギリスの定番ブランド Babour(バブアー)とGloverall(グローバルオール)というブランドの展開をはじめました。


バブアーはもとよりグローバルオールも末永くご愛用していただける製品です。


まずはグローバルオールから


920-c-d2_convert_20121022113042.jpg

gloverall.jpg


グローバーオールとは、ダッフルコートで有名な1951年に設立されたイギリスのブランドである。

第二次世界大戦終了時、モリス・ファミリーHarold & Freda Morris)は英国国防省の委託を受けて終戦で不要となったダッフルコートや手袋などを販売したところ、ダッフルコートは直ぐに売り切れてしまう人気だったため、自らダッフルコートの生産を開始し社名も“グローバーオール”としたのがきっかけ。


数十年も前からダッフルといえばグローバルオール!!


そんな一生物のダッフルCOATが日本人向けにやや細身になりました。

920-c-d5_convert_20121022113354.jpg

タイトシルエットでスマートに着こなせるデザイン! 日本人の体型に合わせて作られた細身のディテールはシルエットも美しく長年愛用できるコートです。

 グローバーオールのダッフルコートは1951年創業後、作り続けられその人気から『THE ORIGINAL』と言われるダッフルコートはグローバーオールの象徴とも言うべきアイテム。 

フード内側から覗く裏地チェックが伝統の雰囲気を感じさせ、裏側の縫い目には全てパイピングが施されていたり、水牛の角をトグルにしていたりと高級感を感じさせてくれます。

また、ポケットのフラップ裏が光沢のあるサテン生地になっているのもポイントに! 柔らかい手触りで、薄手のインナーに羽織っても充分暖かいミックスウール生地を採用。ブランドならではのしっかりとした作りになっているので形崩れの心配もありません!

グローバーオールのダッフルコートだからこそ、流行に流されない定番アイテムです。

Made in England

Gloverall イメージ 


10_11.jpg
10_12.jpg
10_34.jpg
10_37.jpg

Gloverall オフィシャルサイトより


Barbourとは?

cate_b_barbour_tit.jpg

Barbour(バブアー)は変わらぬ性能と耐久性で1894年以来、英国のアウトドアマンに愛用され続けています。

エリザベス女王、エジンバラ陛下、チャールズ皇太子の命で英国王室御用達の栄誉を授かっています。

バブアー ジャケットは、世界最高品質のオイルドジャケットとして評価を頂いており、ユニークなアウターウェアです。

最高級のエジプト綿に独自の防水オイルを施した ジャケットは防水性と通気性を両立させ、化学繊維では決して真似できない、アウトドアでの激しい使用に対応した機能性と、1894年より何世代にもわたって英国のアウトドアーズマンに試されてきた高い耐久性を兼ね備えています。


オイルドジャケットでは、目的に合わせてヘビーウェイト(8オンス)、ミディアムウェイト(6オンス)、ライトウェイト(4オンス)の3種類の厚さの生地を用意しております。


ヘビーウェイトは最も厚い生地で、飛び抜けた強度、頑丈さを誇り、厳しい寒さや最悪のコンディションでの完全防備、荒天時の耐久性を望まれる場合理想的です。


ミディアムウェイトは全天候向きでなおかつ動きやすく、悪条件や激しい使用にも耐えます。ライトウェイトは非常に軽く、持ち運びも便利です。摩擦に対する抵抗力や頑丈さ、防寒性はやや劣るものの、防水性が高いことは変わりありません。

01038283308_C.jpg
BEDALE」がモダンなフィッティングになったモデル。

このサイズスペックはより様々なシーンで活躍してくれる一品。時間をかけて自分色へと変化させる楽しみが男心をくすぐるBarbourの一生物のジャケット。

動作の妨げにならないラグランスリーブ、グローブをしたままの開閉も可能。大きなリングジップ、内部が起毛がかったコットンを配したハンドウォーマーポケット、その下にはマチありスナップ付フラップポケット、そして左胸裏側に内ポケット、ダブルジップ&比翼スナップ仕様、内側リブ仕様の袖口、と申し分のない機能性。襟にはコーデュロイが付き、裏地にはチェック柄のコットンが使われています。

耐久、防風、防水性に優れているオイルドコットンは、においも少なく適度なオイル感。またビデイルのポイント、ストームカフの仕様となっている。

BARBOUR PEOPLE

Masahiro-Fujita.jpg

NAME: Masahiro Fujita
OCCUPATION: EDIFICE shinjuku staff
LOCATION: Shinjuku, Tokyo

Shingo-Horita.jpg

NAME: Shingo Horita
OCCUPATION: A&F COUNTRY Shinjuku Staff
LOCATION: Shinjuku, Tokyo

Akira-Takahashi.jpg

NAME: Akira Takahashi
OCCUPATION: BEAVER SHIBUYA Shop Manager
LOCATION: Shibuya, Tokyo

BP_MLN_08-Massimo-Memtasti.jpg

NAME: Massimo Memtasti
OCCUPATION: Agent
LOCATION: MILAN




















そんなバブアー ビデイルSL jktは、やはりお客様にも好評です。


PA272044_convert_20121027113901.jpg

34・36・38 と3サイズの入荷でしたが現在38サイズのみとなっております。


TOMOさん、FUJIさん毎度のことながらありがとうございます。


今までにご購入頂いたpatagoniaの製品とSize感も整合性があります、末永くご愛用ください。


週明けメーカー在庫当たってみます。。


ご購入をお考えのお客様は暫くお待ちください。




10/27  宇佐沖ネイリ調査



今朝はsuRFできそうなうねりもないだろうと


またKブラと宇佐沖に出ていました。


PA272041_convert_20121027114559.jpg

帰りに見たHOMEは膝程度  数人入っていました。


明日は少し上がる予報となっていますが、、、、、、


cwm_wv_cs_9_18Z27OCT2012.png

夜半過ぎには少し反応よさそうなかんじですが、、、、、


低気圧通過後のバックスウェルのほうが確立高そうです。


PA272027_convert_20121027114401.jpg

今朝はまだ真っ暗なうちに出航


4時起き⇒5時前集合⇒出船でした。。


1発目は太刀魚と思っていたんですが


暗がりに見える小さな光はほとんど漁師さん


30隻以上出ていたと思います。


それが羽広げる形で竿だして疑似餌引いているので


アブイナかっしくて近寄れません。。。


少しやってメインのPに入れないので


マズメには沖へ!!実績Pにて


PA272035_convert_20121027115512.jpg

僕がRくんのトラップに引っかかっているうちにファースト・フィッシュはサムくん


しかし良く見るとネイリではなく(笑


ニベ(笑


暫時、リリースしておりました。


ノーカウントで


底潮が軽く、ジグが飛びすぎる状況で


尚且つ、ニベというあまり遊泳力の強くない魚が釣れた事


また朝マズメにも関わらず1ピッチのジャカ巻きには無反応


ということでハイピッチに早々に見切りをつけ


1/2中心にショートピッチに切り替え


PA272036_convert_20121027114419.jpg

やっちゃいましたーーーCX150g


状況が良く無さそうだったんで


上げだけでなく、少しラインスラッグを出して


上げつつフォールを意識しての釣果


針もちゃんと下針に食ってました。。。


フィッシュイーターは捕食するときに追い食いをするという仮説が正しいなら


フォールで食ってきた証拠です。。


で、すぐもう1本同size


これも1/2でラインスラッグを少し出す要領で


あっちの佐藤氏によると7:3で圧倒的にフォールバイトが多いそうです。


なので、食いの悪いときはフォールを意識しても良いハズ?????


で、ここの小Pは終了、、


先週、良かった場所へ


ここでRくん、ジギングに見切りをつけ


呑ませに変更。。。


PA272037_convert_20121027114437.jpg

はや!


呑ませは、アジをサビキで釣ってそのまま海底付近に沈めておく釣り方です。。。


ここのPの潮の状況も同じような感じですが


さすがにベイトはメッチャいます。。


魚探の反応も中が抜けたり、底が抜けていて


青物の反応がありますが


ジグには口を使ってくれにくい状況で


他船の呑ませのおっちゃんもあまりに食いが渋いので早々に退散する始末


そんな中、Rくんが良型追加


さすが餌釣りですーーーーー


PA272038_convert_20121027114455.jpg

僕もなんとか追加です。。。CX150g


これはヤズ(ヤズ⇒ハマチ⇒メジロ⇒ブリ)ですが


同じように尻針に食っています。。


これも当然1/2&ラインスラッグ


これをみたサム君も自前のスピニングではショートは刻みにくいので


Rくんの借り手1/2


さすがバスやってたこともあるので


見よう見真似でラインスラッグでています。。。


PA272035_convert_20121027115512.jpg

あっごめんこっちやなかった


PA272039_convert_20121027114514.jpg

こっちやったですね


SFC レクターで尻針


VB・5・Freqでは反応なく


レクター&CXは同じような飛びやすいジグだと思われ(フォールスピードはまったく違いますが、、、、)


今日はノーズが細身のジグが良かったのかな?なんて


今日はこれで打ち止め


この後、呑ませのRくんにも反応なくなり


帰りに40mライン見て撤収でした。


例のPは船団が出来ていてベイトの反応檄アツでしたが


芳しい様子はなかったです。。


朝一、上を通ったので落としてみても良かったですが、、、


ちなみに漁師Jくんのお連れさんの船はちゃんとここいましたーーーーー


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。