高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知 patagonia正規取扱店 バンザイライフスタイル  新入荷情報

2012-09-23
未分類
P9161812_convert_20120916121805.jpg


高知 patagonia正規代理店 ”banzailifestyle”


はりまや町から札場に移転しております。


駐車場は店舗前に2台~3台停めれるスペースがありますが東隣の駐車場に3台(103番)駐車可能となっております。


運転の苦手なご高齢・女性のお客様にも安心して駐車していただけます。


P9201842_convert_20120920115243.jpg


赤いパイロンが目印の103番です。並びではなく、この向かいにもう一台103番駐車スペースがございます。


只今、移転OPEN記念セール開催中です。


普段セールにかけない、ナイロンシェルやダウン製品もセール価格にて販売中です。


tel 088-882-4330


高知市札場3-38 アメニティー・Yui


NTT札場ビル・ネッツトヨタ高知本店の西詰めとなっております。


P9031717_convert_20120904073340.jpg

P9091784_convert_20120909123034.jpg
P9091785_convert_20120909123054.jpg
P9091793_convert_20120909122923.jpg
P9091783_convert_20120909122950.jpg
P9041738_convert_20120907110557.jpg
P9011681_convert_20120901081448.jpg
P9011683_convert_20120901075425.jpg

メンズ・レディースともpatagonia秋冬物大量入荷しております。



特にオススメのブランドが ”RIVENDELL MOUNTAINWORKS ”


logo.jpg

RIVENDEIL MOUNTAIN WORKS(リべンデルマウンテンワークス)
1971年にアメリカ・アイダホ州にて設立。
中距離以上のトレッキング行程において、フレームパックが主流だった時代に、フレームレス・パック(ソフトパック)を最初に世に送り出し、現在の軽量パックデザインの流れを作ったメーカー。
しかしながら1981年に事業を中止。
2007年、「ビンテージと伝統的ギアへの関心を復活させる」意気込みのもと、オリジナルパターンと製法を受け継いだエリック・ハーディ氏によって生産を再開。
現在は山奥のコテージで一つ一つハンドメイドで作られています。

シンプルながら細部にわたるディティールや部材のひとつひとつが当時の雰囲気を醸し出す70'sデザインのバックパック。
当時のパーツを使い全ての工程も当時と同じく手作業にて生産されています。
素材は、コーデュラナイロンを使用されています。
タウンユースから小旅行まで十分対応する容量を備えています。

カラーは、グリーン×ネイビー、ベージュ×ネイビー、オレンジ×ネイビー、ラスト×ネイビー、ネイビー×ネイビーの5色展開のうちベージュxネイビーとオレンジXネイビーとなります。

size: タテ 53.0cm×ヨコ下 30cm×マチ 16.0cm

quality:nylon 100%

made in USA


しばらく入荷のなかった”MADE IN USA”です。


mariposabrothers.jpg
販売価格 ¥22890

20120206IMG_8563.jpg
20120206IMG_8610.jpg
20120206IMG_8615.jpg
Eric-Hardee.jpg


当店でのお取り扱いはDAYPACKとHIPPACKとなります。

IMG_7748.jpg
販売価格   14,490円(税込)

今秋冬多くのセレクトショップでの展開が始まっている要注目のブランドです。


P9141799_convert_20120914124155.jpg
販売価格 ¥18690

またwoolのEasyパンツも入荷してきました。


もも幅に少しユトリのあるデザインでバンズやコンパースなどのスニーカーから


ドレスシューズなどにもコーディネートできそうです。


よろしくお願いいたします。





9/23記事 新商品入荷
今朝は市内近郊でのsuRFは厳しそうなので


ノーチェックです。


火曜日あたりから前線が活発化or前線上の低圧部が発達


北東~東よりの波が上がってきそうですが土佐湾最深部に届くかどうかは微妙です。


それでも気候が徐々に秋に向かっているので良い兆しです。


まぁ梅雨に波があること自体が不思議なことだったので


それの埋め合わせで8中~9月は波が立たなかったのかな?


自然は良くも悪くも帳尻を合わせてくれます。。

48-1348542000-HTSGW.png

MSWによるとまだ低圧部で熱低に昇格していない部分が


発達し火曜日には20度線を越えてくる予報ですが


ちょっと微妙。。。


また昨日から行われていた高知県知事杯 サーフィン大会


hakuyannくんがファイアリストになったそう。。


結果4位とのことでしが若いサーファーに混ざっての4位はすばらしい結果だと思います。


またワグくんは優勝とのこと。。


クラスは秘密です。


P9231866_convert_20120923141130.jpg

EARH RAGS フリースラグ ¥5040  50inc x 60inc


厚手の柄フリース製のラグです。


これからのシーズンご家庭でも公園でも車の中でも使い勝手の良い


Size・柄・素材です。


P9231865_convert_20120923141109.jpg

色・柄多数ございます。


P9231860_convert_20120923140947.jpg

patagoniaのニット帽ともどもよろしくお願いいたします。


P9231863_convert_20120923141048.jpg

go slowcaravan よりドットのスカートも入荷してきました。


タイツやレンギンスなどとコーディーネートしやすいと思います。


P9231862_convert_20120923141023.jpg

FOB FACTORYより 絶賛大好評中のリラックスDenimの入荷です。


8月に入荷して何回フォローしたか忘れてしまうほどの好評振りです。


やはり暑い真夏でも履けるスウェット素材が好評の要因だと思われます。


ここ高知でも高温多湿で普通のデニムを夏に履くには


”オシャレは我慢”で長ズボンとなりますが


涼しいスウェット素材なら夏場でも我慢無く、デニム色を履くことができます。


また冬場もpatagoniaのキャプリーン3ボトムと組み合わせていただけると


快適に冬を過ごしていただけると思います。


1400x875_Torrentshell-jp_convert_20120923142545.jpg

またpatagoniaのトレントシェル・プルオーバーが好評です。


1400x875_Torrentshell-jp_convert_20120923142545.jpg

patago-83930_3.jpg

無地もありますがツートーンのこの2色が良いセールスを記録しております。


メンズ・トレントシェル・プルオーバー
アマゾンの土砂降り、ロッキー山脈のにわか雨、バス停の水しぶき…どれも濡れる状況であることに変わりはありません。そこでこの究極のレインギアをパックに携帯してください。無駄な機能をいっさい省いたこのシンプルなプルオーバーはH2Noパフォーマンス・スタンダードを採用した2.5層構造のリップストップ・ナイロン製で、防水性/透湿性バリヤーとデリュージDWR(耐久性撥水)加工によりミニマリストのプロテクションを追求します。伸縮性を備えた袖口とドローコード付きの裾を備え、カラビナ用ループが付いたチェストポケットに本体を収納可能。フォーム入りのつばと調節ポイントを備えたフードは使用しないときは巻いて留めることができます。
SPECIFICATIONS * H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用し、防水性/透湿性を備えた2.5層構造のリップストップ・ナイロン製シェル素材
* 2通りの方法で調整可能なフードはつばの部分にフォーム入りで、使用しないときは巻いて留めることができる
* フロントジッパーはストームフラップを備え、水分の侵入を遮断
* 伸縮性によりしっかりとフィットする袖口
* 内側のジッパー式チェストポケットに本体を収納可能
* ドローコード付きの裾
* H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用したシェル:2.5層構造の2.6オンス・50デニール・リップストップ・ナイロン100%。防水性/透湿性バリヤーを施しデリュージDWR(耐久性撥水)加工済み
* 286 g (10.1 oz)
* ベトナム製
TECHNOLOGY パタゴニアの完全防水性/透湿性シェルは優れたプロテクションを提供する高性能素材にH2No防水性/透湿性バリヤーをラミネートまたはコーティングを施しています。外側表面が風雨を遮断し、内側表面は体からの水分を吸湿発散して体をドライで温かく快適に保ちます。

patago-83930_1.jpg
patago-83930_2.jpg


実は一昨日の夜


patagoniaの営業Kさんが来高していて(実はKさん岩○雪さんとジンファ○さんの担当営業ですが岩○雪さん在籍時代より10数年来のお付き合いです)


左さんで晩御飯をご一緒していて


僕   「トレントシェルP/Oのツートン、いですね~~~!昔のニューマチックP/Oみたいで」


Kさん  「実はあれオレの提案がすんなり通って生産されたんですよ~~。ずばりニューマチックP/Oだったんですけどーーーー。ちょっと違う感じに」


僕   「いいじゃないですか!現代版ニューマチックということで!」


Kさん  「直営店のセールスは○0位ぐらいで」


僕    「それはニューマチックを知らない語れないからでは???」


Kさん   「でしょうか!」


僕     「雑誌にニューマチックP/Oのことでたらすぐですよ。」


って会話が深夜の高知で、、、、、、、


実はニューマチックP/Oというjktが90年代後半にありまして


その当時は完全防水のハードシェルは3万円からだったので


1万円台の撥水加工を施されたニューマチックは良く売れていました。


それが数シーズンにわたり2トーンの色を出していたので


10数年前のアウトドアブームのときにジンファ○さんで絶好調のセールスを記録していました。


僕は商品部にいてPANELVANくんと発注する側&お店間の在庫調整をする側だったんですが


当時からpatagonia好きだった僕らは


アルファベットPから始まるニューマチックp/oの読み方を知っていましたが


当時のお店サイドのスタッフさんや同僚から


PNEWと書いて始まるので「プニュウマチックP/Oの在庫調整をしてくだい」


と電話口でいわれて笑いをこらえながら


電話を切って大爆笑していた思いで深いjktの復刻カラーです。


ってお話をさせて貰いながら


現代版ニューマチックP/Oのトレントシェル・プルオーバーを買っていただいています。


洋服は「いらっしゃいませ」⇒「こちらがお似合いですよ・流行・定番ですよ」といって買うものではなく


お店行って世間話しながら買うものです&でした。


僕も18歳ぐらいのときに高松のアメカジの高校生にしては少々高価なものを扱うお店に入りづらく


そこにあるようなものの類似品を入りやすいお店で購入していましたが


なっとくいくことはなく


社会人になり少し余裕ができ入ってみると


お店のカッコつけてたと思っていたお兄さんは実はいい人で


岡山に行くまでの間、暫くは通わさせていただきました。


もちろん今では良い思いでですし、その下地があったからこその今かなぁ


とも思えます。


こだわりの洋服を購入する際には世間話しながら購入できるお店をえらびましょう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。