高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知 patagonia正規取扱店 バンザイライフスタイル  

2012-09-21
未分類




P9161812_convert_20120916121805.jpg


高知 patagonia正規代理店 ”banzailifestyle”


はりまや町から札場に移転しております。


駐車場は店舗前に2台~3台停めれるスペースがありますが東隣の駐車場に3台(103番)駐車可能となっております。


運転の苦手なご高齢・女性のお客様にも安心して駐車していただけます。


P9201842_convert_20120920115243.jpg


赤いパイロンが目印の103番です。並びではなく、この向かいにもう一台103番駐車スペースがございます。


只今、移転OPEN記念セール開催中です。


普段セールにかけない、ナイロンシェルやダウン製品もセール価格にて販売中です。


tel 088-882-4330


高知市札場3-38 アメニティー・Yui


NTT札場ビル・ネッツトヨタ高知本店の西詰めとなっております。


P9031717_convert_20120904073340.jpg

P9091784_convert_20120909123034.jpg
P9091785_convert_20120909123054.jpg
P9091793_convert_20120909122923.jpg
P9091783_convert_20120909122950.jpg
P9041738_convert_20120907110557.jpg
P9011681_convert_20120901081448.jpg
P9011683_convert_20120901075425.jpg

メンズ・レディースともpatagonia秋冬物大量入荷しております。



特にオススメのブランドが ”RIVENDELL MOUNTAINWORKS ”


logo.jpg

RIVENDEIL MOUNTAIN WORKS(リべンデルマウンテンワークス)
1971年にアメリカ・アイダホ州にて設立。
中距離以上のトレッキング行程において、フレームパックが主流だった時代に、フレームレス・パック(ソフトパック)を最初に世に送り出し、現在の軽量パックデザインの流れを作ったメーカー。
しかしながら1981年に事業を中止。
2007年、「ビンテージと伝統的ギアへの関心を復活させる」意気込みのもと、オリジナルパターンと製法を受け継いだエリック・ハーディ氏によって生産を再開。
現在は山奥のコテージで一つ一つハンドメイドで作られています。

シンプルながら細部にわたるディティールや部材のひとつひとつが当時の雰囲気を醸し出す70'sデザインのバックパック。
当時のパーツを使い全ての工程も当時と同じく手作業にて生産されています。
素材は、コーデュラナイロンを使用されています。
タウンユースから小旅行まで十分対応する容量を備えています。

カラーは、グリーン×ネイビー、ベージュ×ネイビー、オレンジ×ネイビー、ラスト×ネイビー、ネイビー×ネイビーの5色展開のうちベージュxネイビーとオレンジXネイビーとなります。

size: タテ 53.0cm×ヨコ下 30cm×マチ 16.0cm

quality:nylon 100%

made in USA


しばらく入荷のなかった”MADE IN USA”です。


mariposabrothers.jpg
販売価格 ¥22890

20120206IMG_8563.jpg
20120206IMG_8610.jpg
20120206IMG_8615.jpg
Eric-Hardee.jpg


当店でのお取り扱いはDAYPACKとHIPPACKとなります。

IMG_7748.jpg
販売価格   14,490円(税込)

今秋冬多くのセレクトショップでの展開が始まっている要注目のブランドです。


P9141799_convert_20120914124155.jpg
販売価格 ¥18690

またwoolのEasyパンツも入荷してきました。


もも幅に少しユトリのあるデザインでバンズやコンパースなどのスニーカーから


ドレスシューズなどにもコーディネートできそうです。


よろしくお願いいたします。





9/21記事


今朝は6時前にHOME着。。


しかしsuRFできるうねりはなし


膝程度のSetが稀に綺麗にブレイクしていますが


さすがにちょっと、、、、、


P9211846_convert_20120921135727.jpg

ロングでなんとか


もう1Sizeあれば良かったんですが


しかし昨日の朝から空気が変わって肌寒い様子です。


そろそろ秋の気配。


となると太平洋は東向きのうねりが出だすので低気圧や気圧の谷がなくても


東よりのうねりが少しづつ上がってきそうな感じです。


もちろん市内近郊は東うねり拾いにくい西のbeachがクローズっぽくなったら


HOMEにはsuRFできる早い波があります。


これからが楽しみです!

P7041622_convert_20120705123411.jpg

またこれは7月の釣行時のがぞうですが


水曜日は早朝からオンショアということもあり


この格好でなんとか肌寒い程度で出船できましたが


昨日・今朝の感じだとはおり物一枚ほしいところです。


今年は昨シーズンまで¥18.350だったpatagonia フーディーニーjktが大幅に安くなったのでオススメです。

P9211847_convert_20120921135756.jpg

Patagonia Men's Houdini Jacket    ¥13,650 (税込)

激しいアクティビティにはいつでも携帯したい、悪天候に対応しながら優れた透湿性を備えた超軽量ジャケット


メンズ・フーディニ・ジャケット
心臓破りの山道を生き甲斐とするランナーのために、お気に入りのアルパイン製品に少し手を加えて作りました。新しくなったフーディニは、優れた透湿性を備えながら悪天候にも対応するリップストップ・ナイロン100%製で、これまで以上に耐風性を発揮するとともに耐久性も向上。細身に仕上げたフィットはレイヤリングしやすく、フードはシングルプルで調節可能で、コードも留め具も袖口もよりすっきりと軽量になりました。袖口は部分的に伸縮性を備え、裾はドローコード付き。本体はカラビナ用ループを備えたチェストポケットに収納でき、シェルとフロントジッパーはデリュージDWR(耐久性撥水)加工済み。左胸と首の後ろ側に反射性ロゴが入っています。 詳細
•微かな質感を備えたリップストップ・ナイロンを採用した、やや透けて見える丈夫なソフトシェル素材。透湿性に非常に優れ、驚くほど軽量
•デリュージDWR(耐久性撥水)加工済みのフロントジッパー
•外側のジッパー式チェストポケットに本体を収納可能。補強済みのカラビナ用ループ付き
•開口部と視界を片手で調節できるシングルプルのフード。袖口は部分的に伸縮性を備え、裾はドローコード付き
•下にベースレイヤーや薄手の中間着を着用可能
•左胸と首の後ろ側に反射性ヒート・トランスファー・ロゴ入り
•1.2オンス・10 デニール・リップストップ・ナイロン100%。デリュージDWR(耐久性撥水)加工済み
•113 g (4 oz)

普段、僕が使っている雨合羽兼、オシャレアウターのレインシャドーjktも軽いですが


それでも350gほどあります。


またH2NOというpatagonia独自のフィルムが内蔵されており完全防水ですが


風除けに完全防水は必要なく、重くなり蒸れ感が残るだけです。


そう思うと115gと脅威の軽さのソフトシェルはサーフィンの行き返りやバスやシーバスなどの陸っぱりの釣りからオフショアや磯までこなします。


また通勤着やオシャレ着にもなります。


また防水ではありませんが、高価なアウトドア衣料にはつきもののDWR超撥水加工が施されており


小雨程度なら雨合羽やナイロンシェルの必要はありません。


テクノロジー デリュージDWR

パタゴニアが独自に開発したデリュージDWR(耐久性撥水)加工は、一般のDWR(耐久性撥水)加工に比べて効果の持続力が高く、デリュージDWR加工が施されたウェアは、長年使用しても新品の時と同じ撥水の機能を発揮します。


これからのシーズンのちょい羽織りや秋冬のセカンドレイヤーとしても使えるフーディーニー


オレンジ・ブルー・グレーとありますが、やはりグレーにが一番人気です。


また胸ポケットにjkt自体を収納可能なので旅や、もちろん登山にも最適です。


*一応、順番としてはレインシェルをお持ちの人が次に買うアウターです。


まずはレインシェルのトレントシェルやレインシャドーからです。


最後に釣りもサーフィンも登山も着るものは道具です。


板やウェット、竿やリール、バックや靴も大事ですが


野外で何かしようとしたときに


集中力を高めたり、維持したり


スポーツ後の体温・体調管理などなど


それを板やウェット、ロッドや登山靴がしてくれることはありません。


日々の体調管理が連日の朝一のサーフィンの集中力の維持などにつながり


それが上達につながります。


釣りも寒くて凍えていてはショートバイトは拾えません。


春秋と同じように集中力を高めて釣りで経験値を増やしていくことが可能です。


できればアウトドアスポーツを楽しむときに、着る洋服も道具と認識していただけると


それが上達への早道への一つのピースになると思います。


なのでアウトドア衣料品は是非専門店でお求めください。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。