高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-13
未分類


         高知 patagonia正規代理店 「banzailifestyle」




tel    088-882-4330

住所    高知市はりまや町1丁目 12-17 清流第一ビル 1F

      新堀小学校の南隣になります。

営業時間  12:00~20:00

定休日   水曜日

P6221920_convert_20120622130836.jpg

取り扱い商品

patagonia

FOB FACTORY

GO SLOWCARAVAN


その他、インポート商品&サーフ用品

P6221917_convert_20120622130738.jpg
P6221918_convert_20120622130757.jpg
P6221919_convert_20120622130816.jpg


7/13 記事
今日もsuRFできました。


しかし腰~の厚い波、ショルダーもなく


皆短時間で上がっていました。


また昨日までの降雨で県東部にかなりの雨量があった様子なので


普段suRFされない小河川なども腰~腹Sizeでできることもあるので要チェックです!


P7131683_convert_20120713121332.jpg

幅の広いボードほど楽しめた今日のHome


僕もオレンジもって出勤でした。




1400x875_moon_b_8668_convert_20120713121721.jpg
1400x875_nicklen_p_0002-jp_convert_20120713121742.jpg

1400x875_ditto_b_convert_20120713121702.jpg


F2_Rock-Rutherford_0229_S12-jp.jpg
m2_ambass_rutherford_f11.jpg
gen4_ambass_rutherford_2_25.jpg
パタゴニアについて


フィールドレポート
パタゴニア・ヒストリー
採用情報
アフィリエイト・プログラム
お問い合わせ先
フレッチャー・シュイナード・デザインズ
東北地方太平洋沖地震に対するパタゴニア日本支社の支援
写真: Mikey Schaeferケイト ・ ラザフォード

Bio


私の冒険は1981年、アラスカの未開の森林地帯に家族が家を建てたとき、天然の泉から水を集めるために氷を削ったときからから始まりました。トーク・ジャンクションから徒歩とパドリング、あるいは犬ゾリで16キロの所にあった家には電気も水道もなく、私たちは雪に輝くアラスカ山脈の山々を見ながら多くの時間を屋外で過ごし、雪に閉じ込められた冬の日はアート制作に熱中しました。

両親のベッドの上にわたされていた太い丸太のはりには空中ブランコが掛かっていて、4歳にならないうちにすでによじ登ったり、揺れたり、ぶら下がったりするのが得意になっていました。私がクライミング好きになった理由はこのブランコだと思います。

1990年代のはじめにワシントン州のバション島で暮らすようになり、私の生活は緑と青で満たされるようになりました。私の10代はカスケード山脈やオリンピック山脈、そして背の高いベイマツとともにあり、いまでも家からの眺めはこの風景です。そのあと家を離れた私はユタの赤い砂岩に魅了され、それからコロラド・カレッジに入学。生物学の学士を取得して、副専攻には美術を選びました。

クライミングに出会ったのもコロラドでした。

ロッククライミングの修行中にヨセミテ・バレーを訪れましたが、その体験はその後の人生の踏み台となりました。ヨセミテは素晴らしい仲間に巡り会わせてくれただけでなく、風景に溶け込む美しく大きな岩壁との付き合い方も教えてくれました。

「自分が愛するもののなかに存在する美しさにならって行動しなさい。地球にひざまずき、接吻する方法は無数にあるのだから」 - ルーミー (詩人)

生物学者やフライフィッシング・ガイドとしてもときどき仕事をしていますが、生活の大半はロッククライミングが占めています。ムーンライト・バットレス(V 5.12+)のフリー登攀と、面白くて力強い女性、マダリン・ソーキンと挑戦したハーフドームの北西壁レギュラールート(V 5.12+)は、これまでで最も刺激があって興奮したルートです。


私の情熱は長いクラックのフリー登攀です。1日中動きまわってハヤブサやアマツバメが螺旋状に飛ぶのを見たり、住処の花崗岩に調和する銀色のカエルや開花した多肉植物の下に完璧なフィンガーロックを見つけたりすると、私の1日が完璧になります。

アラスカでの暮らしは私のライフスタイルを形成する一因となりました。


カヌー、釣り、クランベリー摘み、そして交通手段はクロスカントリースキーという環境で過ごした幼児期の体験は、自然界との特別なつながりをもたらしてくれました。岩の上や山や川や森など、いつでも外にいることは、私にとっては当たり前で、気楽で、そして素晴らしいことなのです。

この感覚を世界中の人びととぜひ分かち合いたいと思います。こんなにすてきな世界に生きているという幸運を感じて思いきり遊び、そしてしっかりと守っていきましょう。

いま熱中している3つのこと:
1 世界中の二酸化炭素を350ppm (350.org) に削減すること。家の電球を1つ取り替えるだけでなく、すべてを大きく変えなければなりません。そしてぜひハイブリッド車に乗り換えましょう。
2 だれでも楽しめるシンプルなアート、ストーンジュエリーを作っています。(suspendedstonedesign.com)
3 そしてもちろんクライミング。

ケイトの最新情報は www.katerutherford.com (英語)をご覧ください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。