高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-24
未分類


今回はGPVの予報がばっちり当たり夜中から強い季節風がふきました。


水潮でまったく平穏な釣りHOME。なんとなく5時半に着いたときに今までと違う雰囲気ありました。


昨日の雨で水潮の上濁りが前回以上に強く、更に強風による波で濁りが増してきている感じです。


青物は水潮と濁りが×らしいのですが、それでもトップからシンペン、ミノーまで投げ倒しました。


もちろん反応無く。


そのころキャッチしたフェイバリットPは撤収組みもいるほどのコンディション


折からの西風はサイドになり面がガタガタでショアブレイクに近いブレイク。とのこと


7時前に納竿をしてかすかに期待して向かったHOME

P3241583_convert_20120324130214.jpg

やれそうに見えますが、流れに向かってブレイクしているのと


実際、ピークも沖に向いて流れていました。


そこで聞いただけのフェイバリットPへ向かったものの


一目見て、撤収。


引いてくるHOMEに期待して、時間つぶしにクレッセント桂浜⇒HOME


P3241585_convert_20120324130234.jpg

ブレイクする本数は増えましたが、より流れが強くなったような気がします。


そのころになってやっと気付きました。


今日はsuRF不可。


メロンパいって、膝Hの筋トレと修正。


先週のフェイバリットPで、良い波つかんでテイクオフを降り気味に右手上げてメイクしたあとの


ガッチガチ!のボトムにフルにレールをいれたら硬いボトムにレールを弾かれ真上に上がれず斜めに上がってトップターンをごまかしたことがあって


脚力!脚力!と思っていましたが


脚力も大事ですが膝をきちんと畳んでレールをいれれば弾かれることなかったかな?


パーリングギリギリだったので、若干右足が開いていたかな?と思います。


ガッチガチのボトムに力でいれて弾かれるようなら、レールを入れる面積を少し減らして板を傾けた方が良かったかな?と思います。


その調整をオートで行えるのが膝Hです。膝を内側に畳んでボトムの水流を感じながらそこに優しくレールを当てるだけでサーフボードは進んでいきます。

縺・m縺・m_convert_20120324152354

もしタブレット型の端末やノートPCをお持ちならサーフビデオにアクセスするかお気に入りのDVDを真正面や下からでなく、画像のように上から逆に見てください。


派手なサーファーの動きに惑わされず、巻き上がる強烈な水流を確認することが出来ると思います。


特にフェイスに巻き上がるスープ残骸みたいな部分を見ていれば分かりやすいと思います。


そこに行きたい方向にあわせてレールを入れるだけ、出来るだけソフトに!丁寧に!


暫くは波はあがらない予報。


西風がやんだあとのバックスウェルを楽しみに西のbeachに行くか、ほかの事をするしかないようです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。