高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/30 晴れで三部作完結偏

2008-01-30
surfing&商品紹介

最後に今日の波と香川のお店「グランパース」の紹介です。


今日は、若干寝過ごしたもののホームに昨日の残りがあるはずと、すっ飛ばして向いましたがブレイクしておらず×、たまにブレイクはするもののヨレヨレと少し割れて消滅していました。

blog 472


もちろん、ノーサーフ!です。

blog 473


満潮2時間まえの時間、いつもなら海水が逆流して、この辺りにはミニ渦潮が形成されますが、水量が多いためか若干川の水が勝っている様子で海側の方がグジャグジャしている様子で、その冷たい川の水がインサイドの波を消しているようでした。



また昨日に香川のお店「グランパース」の紹介です。
tel 0877-49-1035
blog 455


香川県綾歌郡宇多津町浜二番町、ゴールドタワーの一本北側の道沿いにある、パタゴニアやアークテリクス、今話題のホグロフスのウェアーと登山用品を中心にモンチュラやグレゴリー、ペンドルトンまで扱うお店です。

昨秋冬から、久しぶりにアウトドア業界が元気が良く!春物の商品から、セレクトショップにも数多くアウトドアブランドが並ぶと思われます。

しかし現在、アウトドア業界にも再編の流れが起きており、今後、超一流といわれるブランドは、アークテリクス、パタゴニア、ホグロフスの三つになるだろうといわれています。

また極めて個人的な意見ですが、ノー○フェースも良いブランドですが、昨今はそれ以下のブランドを扱うお店での展開が中心になってきているらしいので、自分で働いた大事なお金で定価で買うならパタ、ホグ、アークといったところでしょうか?

ちなみに、アークテリクス以外の3ブランドの価格はほぼ同じです。

blog 458


blog 463


店内には所狭しと、セレクトされたアウトドアブランドのウェアー&ギアが並んでいます。

またグランパースでは、当店ではやっていないセールを開催しておりアウトドアの一流ブランドが20~30%オフで買えるものも数多くあります。

讃岐うどんツアーを予定されている方、宇多津のゴールドタワー辺りまで足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。





スポンサーサイト

1/30 晴れで三部作第二幕

2008-01-30
未分類

昨日の波情報です。

昨日は、月曜日が非常に寒く、久しぶりのサーフィンとしては稀なテンションダウン&ウェット半乾きで雨降りだったのですが、鼻が利く自身は、いつもより早めに起きてホームのチェックに向いました。

流れさえ止まっていれば、いい波のはず!しかし、今年は例年より雨の日が多く水量もやや多めなのが心配です。

しかし、着いて見ると流れは止まっており、自身より鼻が利くビッグウェバーがすでに一人で入水していました。

blog 450


セットで胸前後!タキサーフの砂糖さんも到着して一緒に足早に砂利道をあるき、体操もソコソコに済ませ入水!ってぐらいのグッドウェーブで3で人!

blog 451


肩が短い波もあるものの、張ったセット波は、見事なバレルを形成する河口波でした。

この小さい州になってから、バレルセクションのある波の日が何日かありましたが、速くて巻いていたため、リップも少し薄めでした。

昨日は押してくれながら巻いてくるという、より河口らしい波!リップセクションが短く、どちらかというと抜けてからカービングやカットバックが楽しい波でした。

何本かよい波を掴み、バレルも何本かメイク!残念といえば砂糖さんがインサイドでいるときにまわってきたセット波をメイクを意識しすぎてカールの奥で我慢できずに早々と出てきてしまったこと!

まだまだ、チューブ+他の要素があると自然体でいることは難しいということです。

9時には流れが入りだしましたが、まだまだサーフ可能な波はブレイクしていましたが、昨日、断念した実家+香川のパタゴニア正規代理店「グランパース」への旅の為に、後ろ髪引かれつつ撤退!でした。


1/30 晴れで久しぶりの波情報その他、3部作

2008-01-30
surfing
久しぶりの波情報は、月曜日~本日分ありまして本日も長々とお付き合いください。

まずは、月曜日の波情報です。

午前中には実家に向けて出発の予定でしたが、最高気温をチェックすると高知市で8℃とかなり低く、高知道は雪で規制がかかるかどうかという所だったので、敢え無く断念!

午前中に用事を済ませ???済んだ訳ではないのだけれど、やれるだけはやって、気付くと12時過ぎです。

波情報をチェックすると、東のビーチで胸~肩と市内近辺でサーフ可能そうです。

そこで、ホームに向かいましたが、満潮から引き潮に変わっており流れが強くサーフ不可能でした。

そこで東うねりなのを波情報で確認してからリーフに向いました。

blog 447


一見、いいじゃん!!!!セットは頭近くある様子です。

blog 449


が、やはり北東の風波です。

人は二人、気温は軽く10℃以下で北東の風、体感温度は更に低く感じます。

それでも、ONすることにしました。

上で見た、セットは30分に1~2本程度、はっきりいって腰~腹でたまに胸、思ったより山や岬を回りこんでくる風が強く冷たく、1時間もすると、まさに修行!

途中、一人になりかかる時間があり、非常に不安でした。

谷底、真冬、雨降り、この3つが重なると、一人ではサーフィンしたくありせん。

丁度、初めにいた2人の入れ替わりに数人入ってきて安堵!安堵!

しかし、3時間もサーフィンすると身体が凍えそう。また上り坂は傷めている膝のお陰でピッチが上がらず、指先は凍傷?と思えるほど自由に動かせず、感覚が無くなっていました。

結論です!10℃以下の日はサーフィンは、止めておきましょう!


1/27 晴れでノーサーフとリハビリサイクリング失敗

2008-01-27
未分類

今日は、高知市近辺のポイントにはうねりが届いて無そうなので、またまたノーサーフです。

西のビーチに行った友人からはソコソコのサイズで遊べたとのことです。

自身は、先週の月曜日にフィンで強打した左膝がなかなか完治せず、サーフィンしたいという気力が湧いてきません。

それでもとりあえず、今日から、下り階段もなんとかクロスステップを踏むことが出来るようになりました。

自転車もなんとか、立ってこぐこともOK!です。

もちろん、まだまだどちらも痛みと格闘しながらですが、、、、

そんな感じですが、回復基調なので身体が動きたくてウズウズしています。そこで休憩時間を利用して鏡川沿いをサイクリングに出かけることにしました。

鏡川沿いを走っていると、カメラを持ってこなかったことを後悔、、、、そのとき見た冬の景色を撮っておきたかったなーと、残念です。

また蛍橋辺りまで遠出しても、少し時間に余裕があったので、もう一つ川上の橋までいこうかな??なんて考えていると前輪辺りから異音が、、、、、、

『あっ!パンクだ!!』

仕方なくより、より川上の橋行きをあきらめ、電車通りに出て帰りながら自転車屋さんを探しました。

しかし、日曜日ということもあり自転車屋さん、バイク屋さんぜ~んぶ休みです。

結局、上町2丁目まで前輪を浮かせつつ、押して帰ってきました。

自転車は現在、隣の自転車屋さん「タカハシサイクル」にてパンク修理中です。

そして、すでに腕、肩まわりとふくらはぎ、太ももなどなど、筋肉痛です。

まぁ良いリハビリと考えれば+ですが、ホント疲れました。

明日は休みで西のビーチに行きたいところですが、実家に帰る用事が出来てしまいサーフィン出来そうにありません。

出来れば火曜日の朝には、サーフィン馬鹿、復活したいです。



1/25 晴れでも寒波でノーサーフとこの春にお薦めのpatagonia

2008-01-25
surfing&コラム

今日も西風が強く、寒いので波が無くノーサーフ!です。

寒波といえば、こうでなければいけません!前回の寒波に比べ、お手本の様な寒波です。

こうなると寒い海に入る必要性がなくなります。もちろん、西風の為に波が打ち消されて無くなる為です。

前回の寒波の様に、第一級の寒波なのに北東風だと、微妙に波があり寒い中サーフィンしなければなりません。それはサーファーだから、、、、、

また、そのお陰での風邪&口内炎ももう少しで完治です。

さて波も無いので、今日も春物のpatagoniaのお薦め商品を紹介します。

27170_155.jpg


メンズ・エコ・レイン・シェル・ジャケット    \30,975

リサイクル出来る世界で始めての雨合羽です。

雨合羽=ハードシェルと、patagoniaやアウトドア業界では呼んでいますが、ハードシェルはリサイクルされたナイロンから作ることは出来ても、一度製品にしたものはリサイクルできませんでした。それは、完全防水たる由縁のゴアテックスなどの透湿性の防水フィルムを使用しているためです。

この透湿性フィルムには穴が開いていて、その穴のサイズが水の粒子より細かく、水蒸気のサイズより大きい為に、汗を出し雨を入れない構造になっています。

このフィルムが表生地と裏生地の間にサンドされたものがハードシェルです。

その透湿性フィルムがポリウレタンを含む素材で出来ている為にリサイクルが出来なかったそうです。

ご存知のようにフリースなどのポリエステルはリサイクルが可能ですが、このポリウレタンという素材は現在の技術ではリサイクルできません。そこでpatagoniaが世界で初めて透湿性フィルムをもポリエステルで作ること成功しました。

難しい言葉が並びましたが、フードがあるのに襟がついていて格好良い上に、素材感も良く、着た感じも非常に現在の流れにマッチしていて、その上に環境に配慮した製品ということです。

また、このJKTはpatagoniaが90年代後半に発売して話題になった通勤用コート、ALL TIME SHELLの後継版の為に、通勤時にスーツの上にでもコーディネートできる様求められて開発された商品なので、綺麗目のコーディネートにもアメカジやアウトドアスタイルにも相性がよいと思います。

カタログの掲載ページも、登山用のテクニカルシェルと呼ばれる高機能製品のページではなく、ライフスタイルという普段着のページに掲載されています。

この春、ナイロンシェルが非常に堅調な動きを見せるだろうとされる中、10代の方でも選ぶであろう通常のハードシェルより、彼らとの差別化の為に良いアイテムではないでしょうか?

また自身がオーダーして、もう直ぐ届くであろう、patagoniaのウェットスーツもお薦めです。

ss_wetsuit_Mfull_02.jpg


高品質+革新的技術 = より保温性に優れたウェットスーツ

パタゴニアのウェットスーツに使用している高品質な日本製ネオプレンは、一般的なウェットスーツで採用されているものより独立気泡率が98%も高く、しかも石油以外の原料を80%使用しています。

ウェットスーツの内側全体には、リサイクル・ポリエステルにグリッド構造のメリノウール素材を貼り合わせた素材を使用しているので、より多くの断熱空気層を作り出して保温性を高めながら、水分は素早く外に発散します(特許出願中)。

したがって、パタゴニアの2ミリ厚のウェットスーツは水温13~18度に対応し、3ミリ厚のウェットスーツは水温9度~13度に対応します。

パタゴニアのウェットスーツはリサイクル・ポリエステルや非塩素処理のウール、石油以外の原料から作られたネオプレン、PVC(ポリ塩化ビニル)未使用のニーパッドなど、環境に与える影響を軽減する素材を使用しています。

とりあえず、ルックスも黒一色のCAスタイルで格好良く!機能性も申し分なしでした。

特に、乾きが早かったので冬場の2ラウンド目には、かなり良さそうに感じました。

このウェットは現在、直営店での販売しかしていないようですが、なんとかこの高知でも販売できないか交渉中ですので、話がいい方向に進めばと思っています。

patagonia eco rain shell

patagonia ウェットスーツ

1/23 雨のち晴れホームは×とスタイル

2008-01-23
surfing&コラム

今日は、とりあえずホームをチェック!しかし、流れの為?潮が上げすぎている為?サーフ不可能でした。

大潮といえど、たいして潮位は高くないはず!ですが割れていません。ただ、連日の雨の為にいつもの冬場より流れはありそうです。

blog 429


流れが無ければ十分サーフ可能だと思われますが、込み返しても潮位の低い時間帯は流れがあるようなので、サーフ可能なのは、1日で数時間のみ程度ではないでしょうか?

blog 434


ショアブレイクと人の大きさを比べてみても、十分なサイズがあるのが分かります。

そこで、痛い!痛い!左膝の事を考えながら、リーフをチェック

blog 426


セット波は十分ブレイクしていますが、低気圧に吹き込む北東風による風波なのでバラけ気味な上に、ダラダラとしたブレイクです。

一瞬、下山が頭をよぎりましたが、左足のことを思い出して、改めて我に返り撤退!決定!!

サーフィン出来なくも無いですが、とりあえず膝の完治が優先です。

また、まだまだ気温が低い日々が続きそうですが、2月は平年より気温が高い予想となっています。ラニーニャの影響は今月末まででないでしょうか?

ということは、春はもうそこまで来ているかも?です。

そこでこのタイミングでセールで冬物を買うのも手ですが、少し早めに春物に使えそうなセール品や定価の新商品を見てまわるのも良いかもと思います。

また、当店ではセールはいたしませんが、2月より春物の商品が話題の随時入荷予定です。

高知でいると世の中の流行には、若干のタイムラグがあり、自身も過去に「高知にしては頑張りすぎた買い物」や「年も年なのに流行真っ只中に、すぐになる商品」を購入した経験があり、高価なモノを買う時は、情報収集は大切だと思わされた経験が何度もあります。

そこで最近、自身が気になっているお店を紹介しておきます。

loftman 京都のお店

このお店は当店と同じpatagoniaの正規代理店でもあります。京都を中心に展開しているお店で、最近アウトドア業界でも商品構成やお店の経営論なども話題になっています。

商品構成は、非常にベーシックなのですが、なにかアカ抜けているように感じます。また当店でも、当店なりに見習うべきところも多くあると思いました。

また、こういうお店が高知にもあれば、20代後半~40代の家族を持った方でも、安心して関心を持って店内を見て商品購入でき、20代の頃にあった思い、「洋服を着る」という楽しみを年をとっても思い起こさせてくれそうです。

何も、お洒落は若い人や独身の方だけの特権では無く、ベーシックで飽きの来ない商品を選ぶことで、年と共に自分流のお洒落が完成に近づくと思います。

自身も20代後半の、サーフィンが生活の中心ではなかった頃は、収入や知識はあったものの流行に流されて「自分のスタイル」が無かったと思います。

サーフィンを本気で好きに始めた頃から、自分流の洋服のセレクト、着こなしを意識し始め、最近なって、少しだけどブレない自分流のお洒落が出来てき始めたかな?とも思います。

もちろん、それにはpatagoniaとの出会いが大きく関係していると思います。

サーフィンはスタイルだという人が多くいます。自分流のサーフィンスタイルと自分流のサーフィンを生活の中心にしたライフスタイルも自身には同義語に思えます。

これからも、自分で出来る範囲で自分流のサーフィンスタイルを完成に近づけさせたいな!





1/22 昨日の波情報は雨で流れが止まらないホーム

2008-01-22
未分類

今日は、昨日のサーフィン中にフィンで激しく膝を強打!激痛で階段も下りれないほどなので、無念のノーサーフ!です。でも、ホームは、ほとんどの時間で流れが止まらないので期待薄、少し救いがあります。

しかし、昨日の前半戦に怪我をしたのですが、、、、、その時は、何故か我慢できたました。もちろん、我慢できた程度なので、昨日は終日単調なサーフィンになってしまいました。

また、昨日の波情報は、はっきり言って残念な1日になりました。

blog 422


前日、日曜日は10時半干潮で、9時半には流れがほとんど止まっていたらしいとの情報をキャッチ!したので、昨日は11時満潮なので10時かな?と思いつつも一番いい時間帯であろう少し潮が入った2時くらいに照準を合わせ11時ぐらいにホームに到着!です。

しかし、流れが昨日より激しい様子、、、、、少量の雨でも出口が10メートルにも満たないので影響があるのでしょうか???大潮といっても冬場なので高知港基準で干潮100cm弱、夏場の0cm以下になる干潮と比べるとほとんど引いていないハズですが、、、、、

blog 425


せっかちな、自身ですが4年もののウェットで極寒の流れのあるホームでのサーフィンは体調をふまえ、ここはじっと我慢です。

コンビニに行ったり、携帯を何度もみたり、せっかちなので、目を閉じることが出来ません。

そのうち、友人らが到着!して、少し話をして時間を紛らわしていましたが、2時になった頃に若干流れがおさまった様子なので、「もう辛抱たまらん!」、突入です。

流れの納まらない、より小さなピークに、この時間帯になると十数人のサーファー、はっきりいってオーバーキャパでした。

しかし、皆、自身と同じくらいの時間から待っていた同士です。冷たい冷たい流れのおさまらないホームで、みんなでシェア???できたかな??と思いつつも楽しくサーフィン!

しかし、それもつかの間、5時には潮が引き出したのでしょうか?極端に流れが強まり、一時全員沖に流され終了!でした。

さて今日のホームは、どのような状況なのでしょう????

明日も、波は続く様子です。怪我が無ければ、リーフも視野に入れて考えますが、登山は無理そうなので流れが弱ければ寒い寒いホームでユラユラサーフィンです。


1/20 追加

2008-01-20
未分類

ようやく、フリッカーに先週のホームでサイズアップしたときの画像数枚とT-ビーチの画像数十枚をアップしたので興味がある人は見てください。

しかし、フリッカーの無料枠は月間100MGらしく今回で使いきりました。

また、小さなウィンドウでの編集の為に写真が前後しているものも多く見づらく思います。その辺りは、アップする以前に編集しておく必要がありました。

また、文字情報を入れれるボタンがどれか忘れたので文字情報も入れれませんでした。

近日中に手直ししておきます。

フリッカー banzaisurfkc ページ

右の方にkamikaze'S only の画像タグをクリックして

ビューアズ スライドショーをクリックするとスライドショーが見えます。

スライドショー画面中央のマークをクリックすると、本来なら文字情報が見えます。

ちょっと画像が前後してるので見難いですがとりあえずです。

また2つある、kamikaze'S only も上のほうが多少手直しした後のものなので見易いはずです。

1/20 雨のホームは勇気ある撤退

2008-01-20
surfing&商品紹介
今日は風邪が少し良くなったので、友人らとホームで待ち合わせ!です。

しかし、波はあるものの潮が引きに向っていることもあり、沖に向いて真っ直ぐ流れが入りかなり寒そうな上に、セット波しかブレイクしていません。

blog 419


沖に流れるであろう寒い寒いピークで我慢しているとこの波を独り占めor友人らとシェアできる欲望にかられましたが、風邪が悪化しそうなので撤退!です。

blog 421


もちろん、この波は15分ほど見ていて入ってきた1本なので、あまり過度の期待は禁物ということです。

今日は干潮が10時過ぎなので、少し潮が入った12時くらいから満潮までが良さそうです。

明日~明後日と、波は上がる予報ですが、今の州では大きすぎると州が負けてインサイドのショアブレイクと繋がりそうなので胸~程度のうねりが期待できる今日のお昼からが良さそうです。

明日の朝には州が少し岸に寄っていそう、明日はリーフも視野に入れてみるのも良さそうです。

この人工的に出来た小さな州では肩程度が限界です。それ以上のサイズになるとボードが折れる危険とショアブレイクで激しく巻かれる危険と隣り合わせのサーフィンになりそうです。何せ自身は、昨春、頭~程度のうねりでにサーフテックの板が2本に増えたぐらいですから、、、、、

また、昨日触れたpatagoniaのオールド製品などが、機能的にもルックス的にも甦る洗剤のお知らせです。

blog.jpg


イギリスのNIKU WAX社製のポリエステル&ナイロン専用の洗剤¥1,050です。patagoniaが推奨する環境に配慮した洗剤でもあるNIKU WAX社の製品は使い古したフリースやナイロンパーカーなどの製品にもう一度息を吹き込みます。

特にフリースは、クリーニングに出しても、中性洗剤で洗っても、ガビガビになっていくものです。ところが、年に1度程度、この洗剤で洗うことによって、ふんわりした感じが戻ってきます。

また、ポーラープルーフなる洗剤とセットで使うと、中綿(ダウン以外)の製品も、家の洗濯機で簡単に洗うことが出来ます。

また、ダウン製品も、NIKU WAX社のダウンウォッシュ&ダウンプルーフを使うと洗濯機で洗うことができます。特にダウンはクリーニングが良いとされていますが、よっぽど信用の出来るクリーニング屋さん以外に出すと、中の羽の油まで洗われてしまい数年間続けると脹らまなくなくなり、保温力が低下します。


ダウンもナイロンが特殊でなければ、洗濯機にて簡単に洗えます。もちろん、仕上げに温風乾燥が必要です。(乾燥機で20分程度)

またドアモノのほとんどのナイロン製品の表面には、DWR、耐久撥水加工といって、長期間にわたり持続する撥水加工が施されていますが、このDWRの成分と中性洗剤の成分の相性が悪く、普通にクリーニング&洗濯ではDWRが溶けてしまいます。

そうすると撥水スプレー¥1800ぐらい、もしくはクリーニング屋さんに撥水加工を再度お願いする必要があります。

これらの洗剤は、大体\1,050~\1,500程度で洗濯槽1杯分なので、自身はシーズン初めに洗濯槽に入る分だけ放り込み洗っています。1回2液式なので\2,500程度かかると考えれば、ちょっとオックウですが、洗濯槽に入る分だけクリーニングに出すより、はるかに安いはずです。

もちろん、経年劣化を遅めてくれて暖かく、気持ちよく、末永く、着て貰えます。

余談ですが、ウェットシャンプーでウェットを洗うより、テックウォッシュで洗った方が、ウェットの裏起毛のポリエステル繊維がふんわりして暖かさが戻ってきます。自身も4年物のウェットの裏地だけをテックウォッシュで洗ったのですが、かなり暖かく感じますし、乾く時間も少し早くなりました。使い古したウェットを使っている方いかがでしょう?

もう一つ余談ですが、モンクレーなどの高級ダウンブランドもクリーニングは避け、東京に2店舗あるイオンクリーニングが出来るクリーニング店を推奨しているようです。

これを見ている方にクリーニング店で働いている人がいたらゴメンなさい!



1/19 晴れで波はあるだろうホームには風邪の為に行けない&レトロ-X

2008-01-19
未分類


今日は、昨日までの頑張り過ぎた為に風邪をひいてしまいノーサーフです。

昨日行かずに今日行けば良かったと思いますが後の祭りです。

そこで、今日はpatagoniaの商品紹介です。

先日、少し触れたレトローXの話題からです。

blog 390


高知ではお馴染みのレトローXです。何故?高知ではお馴染みかというと、5~6年前のアウトドアブームの時に、自身の勤めていたJファクでは、各色各サイズ100ずつなどの発注を2年ほどしていたので、このナチュラル色だけでxs、s、mで300枚も年間販売していました。

もちろん、当店の本店、岩と雪においても相当数販売していたと思われます。

他県では、この様な発注数を出すお店は無く、また当店のようなpatagoniaの専門店も、直営店数店舗と代理店数店舗だったので高知でだけ、はお馴染みとなるわけです。

ですから、当然、前回のアウトドアブームの際には全ての人に行き渡っていないので、モンクレーを筆頭にしていた中綿モノブーム(ナカワタモノブーム)のが、そろそろ終わり告げそうになっている今、「旬」というわけです。

欲を言えば、レトロ-Xは、昨年から生産地をメキシコに変えてしまったので、それ以前のUSメイドモノが人気の的です。

ドアモノ(アウトドアの商材)は、良くも悪くも流行すたりが少ないのですが、どうせお金を出して買うなら、旬の時期がお薦めですので、今、定価でダウンを買うならフリースの方が良さそうです。

また、レトロフリースの他には、前回のブームの時に水面下で開発されていたサーマルプロフリースも良さそうです。

通常のフリースは、ポーラテック社のポーラフリースを指しますが、現在ではポーラテック社とpatagoniaが共同開発したサーマルプロフリースが主流になりつつあると思います。このフリースはポーラフリースの1/2の軽さで保温力は1.5倍、畳んだサイズは1/3という優れものです。

blog 392


また皮膚の様にストレッチするのでタイトに着ていただけます。←このタイトに着れるのが良さそうな要因で、スキニーデニムなどの細身のボトムと相性が◎、綺麗目のシャツやT-シャツをインナーに着ても◎です。

自身の顔見知りのメーカーさんも、年末に当店に顔を出した際には、オールドレトロ-Xやノースのサーマルプロを着ていました。(このメーカーさんは当店のお取引先ではなく、ビームスやjファクにインディアンジェリーや洋品を納入しているメーカーです。自身に6年ぶりに逢いに来た様子はなく、patagoniaの商品をくいいるように見ていました。)


blog 393


これは隠れたヒットアイテム、キャプリーン3なるT-シャツ兼アンダーシャツです。これは愛用していただいているサーファーも多いと思います。汗をかいても直ぐに乾く、非常に暖かいアンダーシャツです。海上がりにお湯を浴びてササッと身体を拭いて、これを着てもられば、拭き残しなども直ぐに乾きます。

また、グラディオドーといわれる防臭加工を施しているので、匂いが付きにくいので風呂上りから翌日の風呂の時間まで着っぱなしです。サーフィンに行く朝、寒い中でパジャマやスウェットを脱いで裸になる必要がありません。

余談ですが、自身はこのキャプリーン3の上下とスウェットの上下を重ねて寝ているのですが、今だ毛布が必要ありませんし、寝るまでの晩酌タイムもファンヒーターのメモリは18℃を越えることがありません。

最後は、この春にお薦めのアウター

blog 397


この春に向けて、ナイロンの一重のアウターの動きが堅調です。patagonia以外では、シェラデザインズのクラッシクなものも良さそうです。

最近では、当店を訪れる多くの方がナイロンシェルコーナーで立ち止まって見ています。

patagonia以外にも良いアウトドアブランドも多数ありますが、環境問題などソウルフルなアウトドアブランドは他に無く、性能や機能だけを求めたがるアウトドア業界では稀な存在です。

今日は、長々と商品紹介をしましたが、明日までには風邪を治してホームに顔を出すつもりです。




1/18 雨のち曇りのち晴れのホームは腰~腹程度で今一つ

2008-01-18
未分類
今日もホームでサーフィンです。

しかし7時代は小雨もぱらつく底冷えする気温と弱い北東風です。

それでも貸し切りの魅力に負けて入水することにしました。

波は、少し上がっているものの、まとまってない様子、その上、潮位が低い為に流れが入っていました。ヨレた腰~腹程度といったところです。

稀に、流れやバックウォッシュに負けないクリーンな波もありました。

blog 385


9時代の晴れ間が出てきた頃の極稀な、ピークからクリーンな波

blog 387


この時間帯になり入水者も増え始めました。

7時代は、サーフィンをしていての、今年一番の寒さかな?と言えるほどでした。

そんな寒さとよじれる波の中、1本だけバレルをメイク!

その波は、流れの為にショルダーの辺りが掘れ上がり、しかも直ぐには崩れない様子!テイクオフした時点で、バレルセクションが何処から始まるの非常に分かり易い波!でした。

ここはメンタルが弱くても慌てずにメイク!友人とオージーB君から「Nice!」と言ってもらえて自身は「happy!]でした。

9時代には、人も増え始め、そろそろ自身は、TIME UP!

明日もサーフ可能なうねりが残りそうですが、満潮が昼ぐらいになるので、朝一は流れが入っていそうです。

明日の朝一サーフは微妙です。

また、今週あたりから、このブログへのアクセスが急に増えました。

また何処かで紹介&リンクされたのでしょうか?

このブログを見ていて下さるのは非常にありがたいことですが、あえて検索エンジンに引っかからないように、地名を伏せ、場所を連想さすようなサーフィン用語を使わないようにしていますので無用なリンクなどはご遠慮ください。。

このブログは基本的に高知市近郊のクラシックポイントの波情報&情報配信なので、ホームや高知市近郊でサーフィンしている方、高知市近郊に住んでいて、いつかはホームでサーフィンしたいと願っている方などに見て頂きたいです。

あまりアクセスが増えると、このブログを続けられなくなる恐れもあるので、特に県外の方への情報配信、または不特定多数の方が見れる状態のところへの紹介、リンクはご遠慮ください。




1/18 雨のち曇りのち晴れのホームは腰~腹程度で今一つ

2008-01-18
未分類

今日もホームでサーフィンです。

しかし7時代は小雨もぱらつく底冷えするほどの気温と弱い北東風です。

それでも貸し切りの魅力に負けて入水することにしました。

波は、少し上がっているものの、まとまってない様子、その上、潮位が低い為に流れが入っていました。ヨレた腰~腹程度といったところです。

稀に、流れやバックウォッシュに負けないクリーンな波もありました。

blog 385


9時代の晴れ間が出てきた頃の極稀な、ピークからクリーンな波

blog 387


この時間帯になり入水者も増え始めました。

7時代は、サーフィンをしていての、今年一番の寒さかな?と言えるほどでした。

そんな寒さとよじれる波の中、1本だけバレルをメイク!

その波は、流れの為にショルダーの辺りが掘れ上がり、しかも直ぐには崩れ様子!テイクオフした時点で、バレルセクションが何処から始まるの非常に分かり易い波!でした。

ここはメンタルが弱くても慌てずにメイク!友人とオージーB君から「Nice!」と言ってもらえて自身は「happy!]でした。

9時代には、人も増え始め、そろそろ自身は、TIME UP!

明日もサーフ可能なうねりが残りそうですが、満潮がお昼ぐらいになるので、朝一は流れが入っていそうです。

明日の朝一サーフは微妙です。

また、今週あたりから、このブログへのアクセスが急に増えました。

また何処かで紹介&リンクされたのでしょうか?

このブログを見ていて下さるのは非常にありがたいことですが、あえて検索エンジンに引っかからないように、地名を伏せ、場所を連想さすようなサーフィン用語を使わないようにしていますので無用なリンクなどはご遠慮ください。。

このブログは基本的に高知市近郊のクラシックポイントの波情報&情報配信なので、ホームや高知市近郊でサーフィンしている方、高知市近郊に住んでいて、いつかはホームでサーフィンしたいと願っている方などに見て頂きたいです。

あまりアクセスが増えると、このブログを続けられなくなる恐れもあるので、特に県外の方への情報配信、または不特定多数の方が見れる状態のところへの紹介、リンクはご遠慮ください。




1/17 晴れでモモ程度のホームは極寒

2008-01-17
未分類


今日は、サイズも小さくなり今一つのコンディションでした。

しかも、日射はあるものの気温が低く8時くらいには北東風が吹き始め、かなり寒かったです。今、キーボードをたたいている指が上手く動かないぐらいです。

blog 382


朝の早い時間帯は、人が少ないですが、気温がこれだけ低いと着替えるのがおっくうになります。

この寒気は、中国大陸にある1045ヘクトパスカルとかなり強い高気圧によるものですが、これだけ寒いと普通は北西風が強くなり、波が無くなるものですが、今回は何故か寒いのに北東風による波があります。

blog 383


サイズは、たまのセットで腰あるかないかですので、今日はチューブになるセクションも小さく短いのでメイクならず!結果2本のモーニングシャワーでした。

明日も多少の波はあると思いますが、今日以上に寒い予報らしいので、、、、、

また土佐湾の最深部の高知市近郊は、室戸岬が邪魔をして北東うねりを拾いづらいので、うねりがこれ以上北に振れなければ良いのですが、、、、取り合えず、日課のチェックはするつもりです。

余談ですが、ケリー・スレーターは、一枚の波の写真を何時間も見続けることが出来るそうです。波の写真を見ながら、その波はどのような割れ方をするのだろうか?どのようにマニューバーを描けるのだろうか?など、一枚の写真で何時間も繰り返しシュチエーションを変えてイメージをするそうです。

これのブログを見ている方で、今日、サーフィン出来なかった方は、王様ケリーと同じようにイメージしてみたらどうでしょう?

継続は力なり!です。

1/16 曇りで腰程度のホームとオジサン’s 11

2008-01-16
未分類

今日もホームでサーフィン!

波は、若干下がった?セットの本数が少なくなったようです。また、うねりもバラけて均一感に欠ける感じがしました。

blog 380


blog 381


それでも朝一は腰~腹程度の波でAotakeさんと後輩Kくんと3人でサーフ出来たので良い波を良い場所からテイクオフでき、今日もモーニングチューブを2つ頂きました。

しかし、一番の見せ所、Aotakeさんと後輩K君がインサイドでいた時にまわってきたセットは残念ながらメイク出来ずチューブの外を走ってインサイドまで、、、、、メンタルも少し鍛えなければ!!と思いました。

8時くらいから人が増え始め、気が付くと10人あまり、、、こうなると完全にオーバーキャパなのでメイクされずに崩れていく波もありました。

しかも、メンバーは自身も含め30歳オーバーの面子ばかり、一般的にサーフィンというスポーツは20代のイメージがありますが、実際はおじさんのスポーツの感じがしました。

もちろん、ホームポイントは、波に乗れるようになるまでに数年かかり、通い始めてピークでサーフするのに数年~かかるので、考えてみれば30代~はうなずけます。

自身も、37歳!まだまだ元気な先輩を見習ってサーフィンしていきたいです。

明日も多少は、うねりが残る予想ですが、朝の冷え込みはかなり厳しいようです。

人が少ない時間帯か?、せめて太陽の光がしっかり届きだし気温が上がった8~9時代か?悩みどころです。




1/15 晴れの腰~腹程度のホームブレイク

2008-01-15
未分類

今日は、久しぶりにホームでサーフィンらしいサーフィンが出来ました。サイズは腰~腹程度でしたが、ライトオンリーの小さなポイントブレイクはRMらしいコンディションでした。

しかし、小さな州の為にサイズは胸ぐらいがmaxサイズではないかと思われる地形です。

小さければ5人程度で満員で、肩~ぐらいになればピークからショアブレイク気味につながりそうで、沢山のサーファーを受け入れれるキャパは、今のホームには無さそうです。

時間をずらすなりの工夫がファンサーフの決め手ではないかと思われます。

blog 379


たまのセット波  基本的に膝程度ではブレイクせず、セット待ちのサーフィンなので少人数が理想的です。

blog 377


RMらしい均一なブレイク 

maxサイズの腹~ぐらいの波をつかまえるとバレルセクションもあり、十分楽しめました。

自身も、モーニングチューブを3つゲット!うち、2つメイクでき今日は機嫌よく仕事が出来ます。

また、今までに無かった感じのボトムターンが出来て、今はその新しい感覚をイメージして出来るだけ完全な形で保存中です。

明日のサーフィンが楽しみです。

1時間ほどサーフして上がると、自身の車の後ろにピカピカのVWtype2のキャンパーが(type2は通称バスと呼ばれ、バン仕様や通常のワゴン使用のほかに、キャンピング仕様があります。)、、、、なかなか程度良さそうなので勝手に載せてしまってもうしわけないですが、、、、

多分、今日のメンバー的に考えてOさんの物では?と推測します。

blog 367


blog 368


これは、もしかしてウエストフィリア社製の内装なのでしょうか?(ベンツに例えるとAMG的)

内外装とも完璧にレストアされていますし、ベースも窓の多いtypeのようにお見受けしました。

自身の友人の中にもVWマニアが一人いて、67’sのtype1やヨレヨレのtype2を乗っています。

サーフィンとオールドVWは、ほんとに相性が良いですね。70年代のCAで、まだサーフトリップという言葉が無く、サファリだった頃の20代のサーファーの愛車は丈夫で壊れにくいVWだったそうです。

それに乗って、まだその頃は開拓されていなかったハバカルフォルニアやメキシコにサーフサファリに向うサーファーが多かったと、パタゴニアの展示会で逢ったジェリー・ロペスさんは言っていました。

また、普段は挨拶程度の消防ビッグウェバーも自身より先に上がっていて、90年代のオールドpatagonia レトロ-Xを着ていました。昨今の、モンクレー&綿物ブームも終焉を向え、NEXTは???

フリースでアウターに成りえるもの(風を通さないウインドプルーフ加工を施された素材)やナイロンの一重の定番チックのアウターが(光らないもの、キャンバスやリップストップなど)脚光を浴び始めています。

フリースと言えば、アウトドアブランドですが、ノースフェイスやアークテリクス、ワイルドシングス、ホグロフスなど沢山アウトドアブランドがある中で、オールドアイテムに値段が付くのは、パタゴニアだけなので、彼の着ていた97’以前のレトローXは、かなり希少でアパレル関係者や洋服好きな人ががこぞって探しているようです。

別に、流行廃りはどうでもいいのですが、定番物を買うときでも、周りの流れを敏感にキャッチして買えば、末永く愛着を持って着れると思います。また、高額な流行り物を買うときも、流行り初めに買えば、何年か流行っている間中着ることが出来ます。

将来的に、このブログはサーフィンのみならず、その他の報発信の場にもしたいので、暇があれば付き合ってください。



1/14 昨日の西のビーチのサーフィン行脚

2008-01-14
未分類

今日は、昨日の西のビーチへのサーフィン行脚での2ラウンドみっちりサーフィンの疲れの為に、ノーサーフです。

低気圧が抜け、一冬に何度も無いくらいの第一級の寒気団による冬型の気圧配置なのに北東からの風?ラニィーニャの影響なのか?波があります。

普段なら北西風による連日のフラットのはずですが、、、、、

明日も、波がありそうなのでチェックにいくつもりです。

とりあえず、今日は昨日の西のビーチへのサーフィン行脚の報告です。

また、最近教えてもらった、frickrなるサイトに興味津々の自身は慣れないカメラマンデビューも果たしました。

ハンドルネームはバンザイ・banzaiとしておきました。

昨日は、6時集合で、自身らの最近のフェイバリットなポイントTビーチに向いました。

波は北東風による風波&遙か彼方の高気圧の噴出しのうねりと多少はある予報!でした。

着いて見ると、腰~胸程度の波が1ピークライトのみ割れています。友人からの情報では、ここより西のビーチは何処もコンディションがより良いとのことでしたが、写真撮影には沖で割れないこのポイントが良さそうなので、ここで1ラウンドこなすことにしました。

すでに数人のサーファーが入っている中に、どうも見覚えのある動きのサーファーが、、、

どうやらhakuyan君が、先に入っている様子です。

取り合えず、自身を除いて着替え、テンション高めで撮影会に望みます。

その詳しい内容は、またfrickrにアップして、ここにリンクを貼っておきます。

今日は、とりあえず良さげな数ショットのみのアップです。

20080113 T-beach photo by banzai 056

昨年、30日程度しかサーフィンをしてないはずですが、しっかりボトムを取る結人パパ



20080113 T-beach photo by banzai 069


これも結人パパ

20080113 T-beach photo by banzai 111

トッキーズのリーダーU君とLA君 普通は、特にU君の下でいる瞬間は生きた心地しないけど、真剣に見入ってるLA君


20080113 T-beach photo by banzai 155


いつもクールを装っているhakuyanくん

20080113 T-beach photo by banzai 184

唯一の癒し系 ryousuke

20080113 T-beach photo by banzai 151

LA君、怖いのを我慢して見ていた甲斐があったようです。



20080113 T-beach photo by banzai 043


育ち盛りのKen太郎 男31歳

基本的に、波はヨレていて今一つ、よい波も中にはありましたが、ローカルロングのサーファーがいたので、おこぼれの波はテイクオフが難しいか肩から乗って短いか、、、、、

それでも、みんなカメラがあると張り切ってアクションを入れていました。

今後、こういう撮影会を続けていくのは技術向上のために非常にいいかも??と思いました。

詳しくは、昨日のホームの画像と合わせて近日中にfrickrにて!です。

1/12 曇りで胸~のホームは厚め

2008-01-12
未分類
今日は、南よりのうねりということで、東のポイントも視野に入れて出発も、途中、「東のポイントは今一つ」との連絡を受けたので、そのままホームに向いました。

しかし、ホームもオレンジのマシンで開けたばかりなので、まだあまり州が出ていなく、沖に多少残っていた州の上でのサーフィン!でした。

しかも、うねり自体もまとまっておらず、バラけた胸~ぐらいのサイズでの沖の残りの州でのブレイクなので、かなり厚めでこちらも今一つでした。

blog 362


blog 363


blog 365


それでも、たまに入ってくる良い波をつかまえると大きなターン×2つぐらい出来る波もありました。

その良い波は、テイクオフから真っ直ぐ下りて→ボトムターンの練習にはもってこいでした。課題だった、前に出ずに上に行くボトムターンが何度か感触がつかめたのでgood!

またもう一つの課題、ライトの波にグーフィー方向にテイクオフして、1ターンでトップで板を返すことができ、こちらもグッド!

出来れば、どちらのgood!グッドも、もう少し板を返しきりたかったです。とりあえず、恐る恐るのトップターンなので慣れるまで少し時間がかかりそうです。

また、寒くサーフィンが不可能なホームでのパドルや雨降りの西のビーチでのサーフィンは無駄にはなっていなかった!です。

サーファーは、同じ波が来ることは二度と無いと良く言いますが、同じような波はいくらでも来るのでサーフィンも部活系スポーツと同じく反復練習あるのみです。

イメージして試して、またイメージする!この繰り返しが進歩の秘訣です。

自身もまだまだ中級サーファー!、もっともっと上手くなりたいので、もっともっと努力が必要です。


1/10 晴れで腰~腹のホームは、危険!

2008-01-10
未分類

今日はサボらずにホームをチェック!うねりは十分あるものの岸に近い感じです。

うなぎハウスと岸際の急斜面のせいでインサイドがよく見えません。

とりあえず、ショアブレイクっぽいのでリーフをチェックすることにしました。

blog 346


しかし、ここも潮が多くブレイクしていません。

もう一度、ホームに戻ってチェック!です。

blog 358


blog 361


サーフィン出来るか????微妙です。とりあえず何メートルかは横に走れそうなので地形のチェックも兼ねてonすることにしました。

ところが、ポイント正面に着いて、愕然!!!まったくのショアブレイクです。

完全に州も上がっていて、流れもありません、、、、、帰ろうかな?と悩みましたがパドルだけでもして、少し沖の州の残り具合を観察することにしました。

一応、干潮前後の小波ならサーフ可能な州が少し残っていました。

時間がある人は昼の干潮を狙ってみるのもアリかも?

1時間ほど海に浮いて、小春日和の日差しを浴びて、「海っていいな!」再確認して終了でした。

自身が、海から上がってのと前後して県の河川課?と見られる一団が赤白の棒とメジャーを持って河口に向っていたので明日にはオレンジのマシンが投入されると思います。

1/9 晴れでもノーサーフ!です。

2008-01-09
未分類
今日もサーフィンいってません。

春を思わすような、陽気の為にお店も暇!です。

そこで、昨日、友人の彼女から教えてもらった、面白サイトの紹介です。

frickrなるこのサイトは、画像を100MGまでアップできるサイトでmixiのように、オープンにもクローズにも出来て、アルバム編集まで出来るそうです。

しかし、frickrは、US YAHOO関連のサイトなのでオール英語です。

日本のサイトもあるようなので、自力で探しましたが見つけれずに早々にfrickrでアカウント登録を済ませました。

オール英語といっても、アカウントのフォーマットは日本のYAHOOと同じなので、辞書片手かエキサイトなどの翻訳ページを開いておいて十分対応できる範囲です。

frickrのトップページ

自身が編集した画像



kamikaze style’s 

をクリック

view as slideshow


また、スライドショー画面の中央の!マークで注釈の on off をコントロールできます。

とりあえず、1時間ほどで登録、アルバム編集が出来ましたが、手直しや削除の仕方がイマイチ不明なので、、、、、もう少し勉強が必要です。

友人の彼女が編集した月曜日の画像

view as slideshow

で、スライドショーに切り替わります。

時間と興味のある人は、覗いて見てください。

また画像をアップする際には、くれぐれも検索に引っかからない配慮が必要です。

特に表題や注釈に日本語での地名書き込みは、NGです。

1/8 晴れでも西のビーチで2日分乗り貯めなのでノーサーフ!

2008-01-08
未分類
今日は、ノーサーフ!です。

昨日、西のビーチ貸切2ラウンドだった為、2日分がっつりサーフしたので、6時半ぐらいに目は覚めたものの布団から出る気力なく敢え無くリタイヤです。

西のビーチは、hakuyan君がアップしていた、ミクシィの画像を見たのと、前日からの友人らの情報から、Tビーチに狙いを定め普段より少し早めの集合!でした。

旧大方辺りの海岸線の辺りから、腰~腹程度のうねりがあったので期待度!うp!です。

blog 469


着いて見ると、大方辺りの海岸とさほどサイズが変わりません。どうやら、昨日よりうねりが少し南に振れたようです。

北東うねりなどでは、旧大方辺りのビーチがスネ~膝でも、ここは腰程度、Fビーチに至っては腹~程度の波がある時はざらです。

それでも、1ピーク、ノーゲストを、4人で貸切になるのでここに入ることにしました。

4人中2人は昨日もココでサーフしていたので、彼ら曰く、「波は、日曜日の方が良かった」そうです。

見た目には良い波でしたが、いざ乗ってみると、以外にピークに力が無く、立ったらショルダーからが極端に速い波がほとんどでした。

blog 473


夕方の画像です。少し、潮が入った時間帯が良かったです。

2ラウンド目も午前中と変わらず、ピークで立つとビハインド気味の上に、そこはフェイスが柔らかくスピードの付けづらい波でした。

しかしビハインド気味のピークをクリアすると、インサイドまでノンストップ!の速いセクションです。

夏場ならアクションを入れながら、何とか抜けれそうですが、前回のtaki teamでの初ミニトリップ以来、1ヶ月ほどアクション系の速い波を乗ってないので、昨日は抜けてからのローラーコースターやリップなどが精一杯の1アクションでした。

blog 479


昨日は、終始貸切の時間帯が長く楽しくサーフィンできました。

またNEWボードの調子も思いのほか良く、次回のサーフィンが楽しみです。

次回は当てながら抜けれるような、もっといい波で試してみたくなりました。

1/6 晴れで極寒のホーム

2008-01-06
未分類

今日は友人とホームで待ち合わせです。

地形が悪いホームでは小さい時のほうが何とか滑れる波があるはずです。

しかし、着いてみると1/3に入ったときには、岸際を流れていた冷水が全体的に流れています。横に何日か流れたので岸際が浅くなり、流れの向きが変わったようです。

サイズは、時折入るセットで腰程度、流れが入って良くはありません。

blog 454


少し待ってみて一向に良くならないので、入らずに帰る事にしました。

しかし、橋を渡っていると腰~腹程度の良い波が割れていた様に見えたのでUターン!友人は気付かず帰ってしまいましたが、一人入ることに変更です。

blog 464


少し入ってみて、乗れるセットは5~10分の間に数本まとめて入ってくる感じです。

少人数なら、楽しめますが、、、、、水がヒヤイ!巻かれて背中から冷水が入ったり、ドルフィンすると、呼吸が出来ません。「ファーッ!ファーァ!」まるで過呼吸状態。

それぐらい雪解け水は冷たいです。

辺り一面冷水地帯なので、パタゴニアの借り物のウェットが無ければ無理なぐらいです。

少し使い古したウェットの方は、込み返しで流れが止まった時間帯の方が良さそうです。

明日の西のビーチ行脚の後、このウェットは返さないといけません。

2月中のNEWウェットの到着までは、4年物のウェットで一月余り、この冷水地帯でのサーフィンです。

明日は西のビーチ!今日で腰~腹程度との事なのでもう少し期待出来そうです。

果たして、NEWボードの調子の程は????



1/4 晴れの西のビーチは期待はずれ

2008-01-05
未分類

今日もスモールサイズなのでサーフしていません。

これだけ強い寒波の後は、西よりの風が止んだ後に、北東のうねりが入ってくるのですが、何故かスモールです。

抜けていった、発達した低気圧のコースが悪かったのでしょうか???もう少し東よりのコースの方がいいのかな??と思っています。

さて昨日は小さくても出来る西のビーチでのサーフィンでした。自身は販売職の為に、日曜休みの友人とは一緒にサーフィン出来る機会が少ないので楽しみにしていた、西のビーチ行脚でした。

しかし、ご存知のとおり、スモールサイズ!

Fビーチでセット膝~もも程度でした。


blog 440


元旦で無くても、冬の日のでは神々しい感じがします。


blog 442


セット波  厚くてテイクオフのときに失速しそうな力の無い波

それでも友人らとのサーフィンは楽しく3時間ほどサーフィンしていました。

良かった波は一人4~5本程度といったところでしょうか?

自身は気に入ったライディングが出来たのは2本ほどでした。

初乗りの板の感想は??まだまだ数を乗っていないので分かりづらいですが、心配していたテイクオフも浮力のお陰でパドルして落とす分には問題なかったです。

一安心

blog 447


blog 449


恒例の記念撮影

とりあえず、オジサンも笑顔がこぼれます。

次回は月曜日に西のビーチに行く予定です。少しサイズが上がってくれればいいのですが、、、



1/3 晴れの膝下のホームで初乗り&進水式

2008-01-03
未分類
今日もスモールサイズですが、寒かった2年ぶりの寒波も峠を過ぎ天気も良いです。

明日まで待てば少し遊べるサイズでのnewボードの初乗り&進水式を西のビーチでおこなえそうですが、ベストなホームブレイクでの初乗り&進水式を執り行うことにしました。


blog 420


とりあえず、入る前に波の神さまに昨日の初詣と同じお願い事をして、セットで膝あるかないか??のホームブレイクに突入です。

パタゴニアの借り物のウェットがあるおかげでまったく寒さを感じずサーフ出来るはずです。

地形は残っています。

川の流れのある岸際の浅瀬を歩いて渡り、、、、、、痛い!痛い!

川の水が冷たすぎて素足の部分が痛いです。

慌てて、板に飛び乗りパドルで流れの無い海水地帯に到着するも、2~3回パドルしただけで手も痛い!でした。

川の上流を見ると真っ白な山々

blog 437


年末からの、寒波で降った雪が解け始め、川の水温が極端に下がっていました。

テイクオフできそうな波も中々来ないのでnewボードの浮力を確かめる為にパドルをしてみました。

やはり、思っていたとおりオーバーフロー気味!です。

自身のイメージしていた感じよりノーズ幅が広く、ワイドポイントから胸の下辺りまでの厚みがあります。もう少し薄い方が良かったかなぁ??と思っているうちに膝波が何本か入ってきました。

オーバーフロー気味なので楽らくテイクオフをイメージしていましたが、なかなか走りだしづらい印象でした。

今回の板は、初めてヘビーロッカーなる、反りの強いロッカーを中心にしたディメンションでオーダーしたので、ロッカーが邪魔をしてテイクオフが遅れ気味です。

1時間弱のたまぁ~の膝波にテイクオフすること数回、1度だけ横に走れて満足!でしたが、ローカーがきつい事によってこれほどテイクオフが遅れるとは、、、、、、

その辺りをふまえての、ノーズ広め、胸の下厚めだったのだと、理解!しました。

なにせ、普段一緒にサーフィンにているシェーパーの板なので、自分以上に自身の実力を解ってくれていたようです。

blog 421


blog 430


そろそろ上がる時間が近づいて来て、堤防の方を見るとAotakeさんの登場です。

う~ん!Aotakeさんのライディングを見て、ヘビーロッカーをオーダーしたのですが、Aotakeさんは、ヘビーロッカー+極薄+極細の3拍子揃った板を乗っています。

3拍子は、自身からは、ちょっと遠い!です。

テイクオフは慣れと気合いだそうですが、、、、、

仕事&小波&ビーチ&チューブ&ビッグウェーブと最強オールラウンダーを目指して

Keep SurfingのAotakeさんに少しでも追いつくには


Keep Keep Keep Sufing!で頑張るしかありません。


明日は、西のビーチ

出来れば、Newボードの乗り味を味わいたいです。

1/1 晴れ→雪で勇気ある撤退!

2008-01-02
未分類
明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

さて、早速、元旦のサーフィン行脚の報告です。

寒い!寒い!市内を6時くらいに出発して、須崎辺りから少しずつ雪が降り出し、怪しいとは思っていました。

安和のトンネルを抜け、久礼に差し掛かる頃には、雪は本降りでした。

久礼坂を登って行く途中に、先遣隊から旧大方の辺りはフラットとの情報が入りました。

その頃は、すでに辺りは雪国です。

市内を出発する時に、寒い!寒い!と感じていましたが、これほどとは、、、、

blog 396


blog 398


blog 400


もうこれは、完全に雪国です。南国土佐を後にして!って雪国なんですけど、、、、

もうこれは、完全に

「グッときたぜよぉ~!」

です。

とりあえず、久礼坂の頂上のトイレで記念撮影をすましました。

blog 403


blog 404


フラッシュに光る雪が綺麗です。

実は、この時間、7時過ぎにしてフラッシュをたかないとシャッタースピードが遅くブレてしまうほど暗かったです。

さて、突然??の雪景色の興奮冷めやらぬうちに、議案が浮かびます。

この後、進むのか引き返すのか???

自身らのした決断は、最前線の先遣隊からの2度目の連絡、「Fビーチで膝、ロングやファンなら何とかサーフ可能」という連絡を受け


撤退!撤退!


勇気ある撤退!です。

最前線に、先遣隊2名を残し、そのまま引き返しました。

残されら2人の事を考えると、後ろ髪を引かれるような思いを胸に、久礼坂を下り、安和トンネルを抜けると、初日の出のご来光が見えていたので、また記念撮影(笑)

blog 412


この記念撮影の頃には、残してきた2人のことを思う傷も癒え、元旦にサーフィンで潰す予定だった時間の変更に思案!思案!を巡らせていました。

今日で、この寒かった寒波も峠をこし、徐々に波が上がってくるのではないでしょうか??

明日は、念のためホームをチェックします。


Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。