高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

カテゴリー: サーフレッスン

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/6 晴れの西のビーチでの初レッスン!とお客様紹介

2008-05-06
サーフレッスン

今日は、ボードをオーダーして頂いた村上さんと西のビーチでレッスンです。

とりあえず、朝6時にお店で待ち合わせでしたが、伊野の土砂崩れの影響で、1時間ほど村上さんの到着が遅れ7時すぎに出発です!

途中、AJ君から波情報が入り、Iビーチで腰~腹程度でまずまずとのコトでした。

波はまずまずでも、サーフィンが始めてのお客さまとのレッスンなので、板を気に入ってくれるかどうか少し心配でした。

サーフフィンも完全にメンタルスポーツなので、板のファーストインプレッションが大事です。

それでも行きの道中は、サーフィンの話より世間話の方が大半を占め、少し遅めの9時過ぎに県外の方の人出が落ち着いたビーチに着きました。

それから、ウェットの着方、脱ぎ方、ワセリンやワックスの塗り方などなどの説明から始まりました。

ひとまず、説明を終え装備完了で記念撮影です。

P1030894.jpg


この後、パドルの仕方やドルフィンの練習を砂浜でしてから、村上さんのサーフィンライフが始まりました。

P1030897.jpg


さすがの浮力のツインフィンでしたが、初心者の村上さんには安定感不足かな?と思っていました。しかし2時間も経てば、どうにか座れるようになり、バランスをとるのに必死だったパドルも進むようになりました。

しかし、2時間後には背筋に疲れが見え始め、足のつくところで立てっているほうが楽とのことでした。

P1030896.jpg


でも、足のつくところではセットが、、、、、危ない!ギリギリでした。

しかし浮力と幅の広さと短さのお陰で、この時間帯にはパドル力の割りに、寝そべってですがスープに乗ってインサイドまで、コンスタントにいけるようになっていました。

この方のパドル力で、この時間での、スープライディングは、ショートボードでは無理だったと思いました。

もりろん、シングルフィンの長めの板でも、パドル力不足では刺さってしまうし、波に板を持っていかれたら、身体ごと持っていかれてインサイドから毎回やり直しだったと思います。

その後、ヘトヘトになるまでゲットを繰り返し、疲れが顕著に見え始めた、お昼過ぎに上がって帰路に着きました。

その帰りの車中で、村上さんから、「「ファンボードの初心者の方、何度も何度のゲットの最中に巻かれてましたね」、「ツインで助かりました」とのこと、よくよく聞いてみると、村上さんなりに、途中で一緒になった初心者のファンボーダーの方を観察していたとのことでした。

やはり、6’0”ぐらいのボードのほうが、手に持ったままアウトに出やすく、そこから少しパドルすればドルフィンをしなくてもいい安全地帯なので腰~腹程度の初心者サイズではアウトに出て岸まで乗っての繰り返しがしやすそうでした。

画像は、自身が撮ったので、レッスン中の画像がなく紹介できずに残念です。

カメラマンがいれば、この春からのスマイリー00西による、丁寧なレッスン風景画あったはずです(笑)

また今日のお客様紹介は、パタゴニアストア時代からお世話になっているM君夫妻です。

P1030907.jpg


コダワリのお店、ORIJINALさんで購入した、FOBファクトリーのF-151を履き、相変わらず当店の紙袋を手に持って奥さんと愛犬との3ショットです。

サーフィン好きで洋服好きで愛読書は2ndとLightningというM君らしい、BADのダッフルbagとFOBファクトリーのオフィサーブッシュパンツの新色マスタードのチョイス!

BADのダッフルは言わずもがなですが、少し色の抜けたマスタードとサーフィンは、お洒落上級者っぽいです。

現代版 [ビッグウェンズデイ]のジャンマイケルビンセントといったイメージでしょうか?

ビッグウェンズデイ

そう言えば、帰りに村上さんにも話しましたが、ビッグウェンズデイとエンドレスサマー、エンドレスサマー2は、サーファーなら必見の映画です。

上下関係のないフラットな関係を好む現代の若者のサーファーは、この辺りはチェックしているのでしょうか????

自身は、初心者の頃にサーフィイン先輩から、必見!だから絶対見ないとダメ!と言われて渋々見て、心からサーフィン先輩に有難うと言えた記憶があります。

コアな話ですが、サーフィン先輩=一つ年下のUKくんです(笑)

このブログを見ている方、ここ見ておかないと、真のサーファーにはなれませんよ!

あと出来れば、「マラソンマン」でアディダスカントリーの真の履き方に触れ、「フェイク」のジョニーデップとアルパチーノの関係を見て真の男の生き様に触れてください。

これらを見終えると、ホームの6feetクラスの波も怖くないはず!です。

もちろんハズ!です。

スポンサーサイト

5/5 雨でノーサーフ!

2008-05-05
サーフレッスン
今日は久しぶりにノーサーフ!です。

ホームの地形が、潮の干満で多少回復するまで、少し我慢の週となりそうです。

最近サーフィンをするスタンスが、頑張る週、サボる週と極端なので身体が良い感じに動き出すころには、サーフイン出来ていない場合が多いです。

少し、何時もの年の感じが違うので、これからの台風シーズンは、自身のコンディション管理に注意が必要です。

また明日はお客さまと西のビーチ行脚&レッスン!です。

さて、明日はどのようなプチトリップになるのやら、、、、です。

banzailifestyleでは、ボードをオーダーして頂いたお客様には、初回無料のレッスンを行っています。

レッスンといっても、初回なので、簡単な海の知識と、パドル、テイクオフ、スープライドといったところになると思います。(こういう時には、自身が神経質なA型で良かったと思います)

また夏場にかけて、当店でもサーフレッスン単体でも行っていきます。

レッスン料金は、3~4時間程度で¥3000ぐらいを考えています。それにレンタルボード料金¥2000があれば、後は当店でご用意致します。

またサーフポイントはレッスン当日のコンディションを見て、安全で初心者の方が楽しめるポイントにて行います。

この夏、サーフィンにチャレンジしてみたい方、いかがでしょう!

明日のレッスンの様子は、後日アップいたします。





Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。