高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

カテゴリー: シーバス

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/23秋分の日、②種目コンプリート

2011-09-23
シーバス
当店がpatagoniaの正規代理店になり、はや1年が経ちました。

縺・m縺・m+007_convert_20110920132728


高知で有数の大型郊外型セレクトショップの店長・バイヤー補佐時代~高知の老舗patagonia正規代理店勤務を含めて15年ほどpatagoniaの商品を見てきておりますが、更なるpatagoniaに精通したお店・スタッフになるべく昨年以上の努力をしていこうと思います。
mfwmapserv2.png

mfwmapserv.png

patagonia正規代理店 banzailifestyle バンザイライフスタイル

縺・m縺・m+008_convert_20110920132751


当店の提案する、ライフスタイルに由来するファッション&アウトドアスポーツを通して顧客のお客様に万歳なライフスタイルをおくって頂きたく思い屋号と致しました。


住所  はりまや町1丁目

TEL 088-882-4330

新堀小学校の南となりとなっております。

営業時間 12:00~20:00

定休日  水曜日

縺・m縺・m+004_convert_20110916173500
縺・m縺・m+010_convert_20110916173638


おかげさまで入荷早々patagonia R2jktの動きは好調です。

縺・m縺・m+010_convert_20110920132829

明るめの色のxs・sサイズを中心に動きがみられましたが、ピートブラウンというこげ茶は唯一の完売色となりました。


今後の入荷予定は10月初旬となるようです。


ご予約受付中です。


縺・m縺・m+009_convert_20110920132811

ブルーxグレーが完売しているレトロ-Xベストは、今週中に入荷の可能性がございます。


8月のMONO Max誌に続き、先日発売されたbigin誌に大々的に掲載され今年も品薄となりそうです。


またMONO Max誌は書店まで行かないと立ち読みすら叶いませんが、bigin誌は発行部数も多く全国のコンビニ各店に置いてある雑誌です。


効果のほどは、、、、、推して知るべし!ですね。


今年の入荷数のほとんどが既に各正規代理店の予約で埋まっている状況です。


特に都市部の大型店などの発注量が多く、地方の小売店への入荷量は少ない様子です。


それでも寒くなるのが早い、北海道~関東辺りの都市部の大型店から欠品が出てくるほど販売が進むと思われます。


ご予約頂いたお客様の商品は確保できておりますのでご安心ください。



9/23 秋分の日

縺・m縺・m+005_convert_20110923132422

吹き続いた北西風により市内近郊はsuRFには厳しい状態となりました。


地形も出るには出たけれど、少しイビツな感じです。


それでも何とか一冬持ってくれればありがたいです。

48-1316919600-PERPW.png

日曜日に小さいながら波長の長いうねりが入る予報ですが北東うねりなので市内近郊は厳しいと思います。


暫く、スモールが続く予報なのでパドルの維持はしておきましょう。


秋の遥か東海上の高気圧の吹き出しからの東うねりのシーズンが始まります。


今年は冬の訪れが遅い予報なので高気圧の勢力も強いはず!ならばSizeが期待できます。


また本日は2~3ヶ月ぶりにH・M・Pをやってきました。


恐る恐るエレベーター・ドロップからインターフェイキー&テールタップまで最後にアクセルストールをかけに行きましたが、コーピングの上で止めておきました。



アクセルを掛けに行って前につんのめり左手首にひびが入りまだ完治していません。ので夏のビッグウェーブのドルフィンが怖かったのを思い出します。


4~6ftの時も手首が痛くて「左手はそえるだけ!」って桜木花道かっつうの!でしたから、、、、


でここからはつり情報です。


昨晩はHOMEでのナイトゲーム(サーフィンのHOMEではありません。僕が毎晩通っている漁港です。)


常夜灯の下を狙い小型のバイブやシンペン&ミノーで攻めます。


時折コツコツと当たってきますが乗らない。。。。


そこで ima Sobat をスロー&トゥイッチでコン!と。

K02719.jpg

乗らなかったはずです。


コノシロはプランクトンや海草を食べる魚です。


それでもちゃんとフッキングしていたので理由がはどうあれバイトしてきたということです。


その後、船の片づけをしていた人と長話が始まり、根掘り葉掘り聞いておきました。


もう少し寒くなればマイホームグラウンドに太刀魚が入ってくるそうです。


またハイシーズンが終わりかけているレッド・アイが釣れる潮の変わり目も教えていただきました。


その後、太平洋セメントあたりをランガンしましたがアタリなく10時前に撤収でした。


今朝は目覚まし5時も4時で目が爛々!こじらせている風邪のためにドーピングしての釣行!です。


まずはHOME、、、、祭日とあって既に2組入っているので間で少し竿を振りましたが早々に次のPへ


5時前、、、、、長浜川河口P


ここは常夜灯もないのでマズ目狙い!で少し早めにはいって場所取り!


と思ったら暗闇に人影が、、、、


完全にここをHOMEとする餌釣りの翁の太公望だ。


なのでここをあきらめ昨日のマゴチPへ


マズ目時にも関わらずベイトもいないので30分ほどやって裏の海方面へ


ここもシーバスの1級のP、引きに向かうため流れが強く好条件。


その流れを利用して、ima Sobatで丁寧にドリフト。


が、アタリなし。


まさにRUN&GUN 豊玉戦法だ!!


北野監督の言葉どおりRUN&GUNで必釣です。


なのでまた次のPへ


縺・m縺・m+001_convert_20110923132439


やっちゃいました!小さいけれどリバーシーバスの極みのような魚体


銀黒!うほっ!


着水と同時に糸ふけをとってジャーク&、、、、できました。


その後あたりがあるものの乗らず時間ばかりが経過していきます。

縺・m縺・m+003_convert_20110923132511

するとやっちゃいました(汗


例のヤツ。


ニゴイです。軽いティップアクションの誘いに乗ってきたとおもったらやっぱり。


変にニゴイメッソドを身体が憶えないうちにルアーチェンジして


スロー&トゥイッチ!!できた!


と思ったら根がかり、、、、ルアーの周りに魚がついている可能性もあるので大きくはシャクらず


ティップを少しアオって根がかりをはずしいの~からのバイト!


今度はシーバス、さっきと同じでフッキングからいきなりのエラ洗い1発!でバシャン&ポチャって


外れとるやないか!!


ブラックバス歴足掛け15年のマスタークラスですが、シーバスの魚体はブラックバスより細長いので


エラ洗いのふり幅が、敦のチョイスするダイアモンドガールより大きくブラックバスのそれとは比べ物にならないぐらい威力がありました。


しょぼ~~~ン。


そこで北野監督の言葉を思い出し、2月~3月には五月マス(5月に釣れるから五月ますらしいのですが高知では早い時期に釣れます)も暫く居つく屈指のPへのジョーカーを切りました。


縺・m縺・m+002_convert_20110923132452

ヒント!


さっきのバラシのあとKOUMEをリーダーごとロストしていたので、じっくり丁寧にシステムを組みなおし


チャートバックを選び突入!です。


しかし普段以上に水量のあるジョーカーは反転流もハンパなくいきなりチャートバッコントロール不能で茂みの中へ。ここいらの葦は非常にパワフルな引きにも耐えるのでもれなくラインブレイク((´;ω;`)


もうロストしたくないのでフローティングミノーで本流~反転流のあいだを丁寧にドリフト、、、、


が、反応なし。


暫くやって無反応なので一旦もどることに

縺・m縺・m+004_convert_20110923132529

10時前に遊んでくれるのはニゴイだけ


コノ後、なんどかアタリあるものの2個目のKOUMEがシャイニーカラーだったことも起因してシーバスは反応なし


たぶんニゴイ、ひったくった後がありません。


その後、この2個目のKOUMEもロストして終了。でした。


とりあえず、振り続けていた結果


昔の知識・感が微妙にもどりつつあり、シーバスとバスのルアーメソッドや選び方の違いや好条件の違いが分かり始めました。


とりあえず、夜間のシンペン&バイブ・朝マズ目のバイブが少し分かってきたけれど


肝心要のミノーイングは闇の中、、、、、3ft~4ftのHOMEの難しいバレルですね。


ちなみ今日から短パン&半袖は無理なので


patagoniaのウルトラショーツの下には定番アンダーCAP③ボトムを履いてトップスは伊太利のアウトドアブランド「カステリ」のGoreウィンドストッパーでした。



Patagonia Men's Capilene® 3 Midweight Bottom   ¥6,090 (税込)

パタゴニアの化繊のベースレイヤー
44321_038_OM8.jpg
メンズ・キャプリーン3・ミッドウェイト・ボトム


汗まみれのリードの後は寒さに震えるビレイが待っている、というのがアルパインクライミングの現実です。


キャプリーン3・ミッドウェイトはパタゴニアの化繊のベースレイヤー製品の中で最も多用途に使え、優れた伸縮性、耐久性、吸湿発散性、通気性、速乾性を提供しながら、冷涼から寒冷な天候下での激しい運動で温度調節を担い、体を温かくドライに保ちます。


44321_038_OM9.jpg
滑らかなジャージー表面はレイヤリングがスムーズで、温かい内側起毛面によりソフトでコンパクトに収納可能。


フライと起毛エラスティックのウエストバンドを備えたまち付きの股が最大限の動きやすさを提供します。


素材はダブル編みの5.4オンス・ポーラテッ ク・パワー・ドライ・ポリエステル100%で、グラディオドー防臭加工済み。
スポンサーサイト

Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。