高知 パタゴニア patagonia banzai lifestyle  BARBUOR パタゴニアウェットスーツ バブアー グローバルオール 高知 ジギング

高知の patagonia パタゴニアの正規代理店のブログです。

カテゴリー: Boots

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アディロン・ダックブーツ

2010-08-24
Boots
20100824.jpg



今日はNosuRFです。。


海を見るなりUターンん


昨日より少し下がった感じだったので


ちょっと厳しいかも?


潮の引いた時間帯は少し出来ていたと思います。


明日も同様の様子。。。


干潮前後のsuRFとなりそう。。


また明後日から少しづつ東よりのうねりの反応が良くなってくると思います。


それでもやはり金曜日から!では??


cwm_wv_w_17_00Z26AUG2010.png

木曜日  少し東よりのうねりが反応しそう!


cwm_wv_w_25_00Z27AUG2010.png

やはり金曜日の方が確実かも??


48-1283180400-HTSGW.png

これは30日


48-1283234400-HTSGW.png

31日にはより南成分が強いうねりとなりそう。


ということで来週に向けて


KEEP SURFING!!


南よりのうねりだと期待できそう。。


またやっと入荷してきました。

booots.jpg
¥38640(税込み)

といっても私物の ブラック 8 1/2 のみです。


とりあえず店頭に飾ってあるので興味のある人は見にきてください。。


現物、写真で見るより更に更に出来が良いですよ。


ソールのビブラムソールも日本でブーツを作るとこんなに柔らかかったんだ!と


ビックリしました。


それぐらい柔らかいビブラムソール!


縺・m縺・m+001_convert_20100824175332




インポートのブーツでも多く見られるビブラム社製のクレープソール


普通は、かっちかちなんですが


アディロン・ダックのブーツのソールはゴムのように柔らかいです。


たぶん大量生産のブーツやあまり品質にこだわらないアメリカ人は大量に作られて時間が経っているソールを使っているんだと思います。


なので経年劣化のために硬くなっていると思われます。


しかしアディロンのブーツのソールは柔らかく出来たてホヤホヤ感があります。


たかがソール


しかしそんなソールだけ見ても違うので


良く見て触ってじっくり観察してみると


皮質、縫製どれをとっても満足のいく仕上がりとなっていました。


縺・m縺・m+003_convert_20100824175355

皮質も良く触ってみると高級財布のような感じ


触り心地は    です。



日本で数件しかない、グットイヤーウェルトと呼ばれる縫製が出来る工場に発注をかけたbootsであり


デザイナーは、BEAMSさんやUNITED ARROWSさんのオリジナルSHOES&BOOTSをデザインする方が手がけています。


しかもこのbootsは、当店のお取引先様のA&Fさんが自社で販売するために発注したものらしく


俗に言う、「卸し」にかける商品では無いということです。


なので生産コストをおもいっきり上げて、流通コストはほとんどない状態での販売だそうです。


ということは、定価に近い価格で物ヅクリにコストがかかっているということ


しかも手の細かい日本人の職人技


なんで?そんなモノをご紹介したかったかというと


ここんちの営業さんとは古い仲


僕がこのbootsに興味をもったのがきっかけ!


なんせ上半分が、あのオールデンのタンカーbootsにそっくり!なんですもの、、、


はじめ画像を見たときピン!ときて


すぐにお問い合わせのtel をかけたほど、、、、


僕    「なんかオールデンにてるんですが???」


担当者  「デザイナーの方がかなり意識はしたそうで!」


やっぱりね!


ワークブーツでありながら、ドレスブーツの風合いもある!


なんか1足で2回お得な感じのするBoots


A&Fさんの自社販売部に迷惑がかからないフリー在庫が出た場合


とりあえずサンプルとして僕の私物を、、、、、


その後、更に迷惑がかからないフリー在庫が出た場合


お取り寄せが可能となりました。


こちらの商品は、ウェットやボードと同じでサイズを相談の上、受注発注となります。


もちろんSize交換には出来るだけ対応いたします。


その場合、多少お待ちいただくこともあります。






スポンサーサイト

腰程度

2010-07-27
Boots

縺・m縺・m+002_convert_20100727141227

東のPでこんな感じ


厚厚ダラダラ


ショートよりはノーズエリアの丸い板がオススメ


縺・m縺・m+001_convert_20100727141200

それでも何本かはインサイドまで乗り継げる波もあり


それなりにトレーニングになりました。


その後、地元の方が4人ほど入水してきたので


撤収。。


普段出来ない河口、特に今日は1ピークなので小さいときほど気を使う必要あります。


またここより東のPもより、、、、


田舎に行け行くほど、、そのポイントと地域の密着性は高くなるのも当たり前


なのでローカル・ビジター、お互いが気を使い合えればよい空気の中suRFできます。


それはHOMEブレイクでも同じことですが、これから一年で一番人の多い季節


このblogを見ている県外の方は、出来るだけ地元の人には気を使ってローカルPOINTと呼ばれる場所には入っていただきたいです。


高知は他県と違い「出て行く」必要がありません。


特にHOMEブレイクは一年中良い波を高知市近郊のsuRFerにもたらせてくれます。


そんな場所にいると


他の場所に「出て行く」必要がありません。


なので「お互い様」という意識は正直少ないと思います。


簡単にいえば、産油国と同じです。


地下から湧いてきたものが地域社会を決定的に豊かにしてくれます。


高知のポイントも原油と同じで、その最高の波はそこにしかありません。


しかも顔の知れたもの同士でsuRFできる人の少ない環境です。


なので地域社会に強く結びついており、それが田舎に行けばいくほど顕著です。


もちろんその分、色々なものを犠牲にして、そこの波を思い、そこの波とともに生活をする人も多く存在します。


なので、そのあたりを十分考慮してsuRFをおすすめします。


IMG_2821_convert_20100727143043.jpg

また早くご紹介したかった、アディロンダックのBoots


¥38640(税込み)


実はこのboots、MADE IN JAPAN


MADE IN JAPA何がいいのかというと


実は革靴の関税率は200%


なので皆が履いているレインボーのレザーサンダルやオーシャンマインデットのレザーサンダルも関税率200%


同じモデルでもフットベットに合皮使い、鼻緒もレザーの割りあいをさげていくと


革靴ではなく


雑貨として課税されます。


なのでレザーサンダルとゴムビーサンの価格差があるわけです。。


簡単にいうと中国製だろうとMADE IN USAだろうと輸入の際に倍の値段になるということ


なので10万円のbootsも1万円のレザーサンダルも、現地での販売価格は半分以下ということになります。


それが日本製だとつくったまんまのコストに、流通コストが上乗せされた価格になります。


IMG_2822_convert_20100727143107.jpg


なので価格のまんまの作りとなっています。


日本で数件しかない、グットイヤーウェルトと呼ばれる縫製が出来る工場に発注をかけたbootsであり


デザイナーは、BEAMSさんやUNITED ARROWSさんのオリジナルSHOES&BOOTSをデザインする方が手がけています。


しかもこのbootsは、当店のお取引先様のA&Fさんが自社で販売するために発注したものらしく


俗に言う、「卸し」にかける商品では無いということです。


なので生産コストをおもいっきり上げて、流通コストはほとんどない状態での販売だそうです。


ということは、定価に近い価格で物ヅクリにコストがかかっているということ


しかも手の細かい日本人の職人技




IMG_2823_convert_20100727143127.jpg

なんで?そんなモノをご紹介したかったかというと


ここんちの営業さんとは古い仲


僕がこのbootsに興味をもったのがきっかけ!


なんせ上半分が、あのオールデンのタンカーbootsにそっくり!なんですもの、、、


はじめ画像を見たときピン!ときて


すぐにお問い合わせのtel をかけたほど、、、、


僕    「なんかオールデンにてるんですが???」


担当者  「デザイナーの方がかなり意識はしたそうで!」


やっぱりね!


ワークブーツでありながら、ドレスブーツの風合いもある!


なんか1足で2回お得な感じのするBoots


A&Fさんの自社販売部に迷惑がかからないフリー在庫が出た場合


とりあえずサンプルとして僕の私物を、、、、、


その後、更に迷惑がかからないフリー在庫が出た場合


お取り寄せが可能となりました。


以前から、書いていますが


僕自身が一人で出来る顧客様サービスなんてたかがしれています。


なので僕が出来ることは、顧客様にとってより良い条件の商品を交渉して引っ張ってくるということだと


僕は考えています。


なので今回、営業さんにはまたご無理をきいてもらいました。


とりあえず、当店サンプル分として


僕の私物  BLK 8Hが近々入荷してきます。。


興味のある方は是非見に来てください。






Designed by yukihirotsutsumi (template: asphalt1c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © banzailifestyle パタゴニア ウェアー&ウェットスーツ正規代理店 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。